うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

雰囲気-鬱ゲー

フリーゲーム「コッペリア、あるいは偽りの乙女」感想

「貴女は麗しお人形、恋も救いも知らぬ者」 ただし痛みは知っている前置き。 えー、今回はcream△さんところのフリーゲーム「コッペリア、あるいは偽りの乙女」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。 というわけで、良かった点など。 人に憧…

フリーゲーム「忘却の沼」感想

「音がする、周期的に、粘着質に、呪いのように、魔法のように」 水音は妙に落ち着く気がする前置き。 えー、今回はハラワリさんところのフリーゲーム「忘却の沼」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。 エンド分岐ありの短編BLノベル。公式…

フリーゲーム「姫の復讐」「姫さまは薄幸がお好みっ!」感想

「Shall We Dance なんて無粋な人ね」舞台は自分で作り上げるものではなくて? な前置き。 えー、今回はおにぎりと四葉のクローバーさんところのフリーゲーム「姫の復讐」「姫さまは薄幸がお好みっ!」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。…

9/14・9/18コメント返信

前置きをそっと飛ばして返信。 この記事 フリゲサイト「和製オフィーリア」BL作品感想 - うそうさ〜第二号室〜 についてコメント届いておりましたので返信です。どうもありがとうございます。コメント送信フォーム、右端にひっそりと置いときつつも気づかれ…

鬱ゲーSFC「ガイア幻想紀」感想考察

「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている…!」一度は言ってみたい前置き。 さて、今回は1993年発売のスーファミゲーム「ガイア幻想紀」のプレイ感想です。 鬱ゲー、トラウマゲー、と一部で大絶賛と聞いて。2012年になってようやくクリア致しました。時代は離れ…

名作「Rule of Rose」考察

縛り縛られ僕らは楽に生きるのだ。 悟ったようで思考停止しているだけの前置き。 「Rule of Rose」というゲームが今タイムリーなので、ちょっと語ります。ストーリーが最高、操作性が最悪で知られているアクションゲーム。鬱展開というか、テーマが重苦しい…

フリーゲーム「タオルケットをもう一度」シリーズ感想

タオルケットをもう一度シリーズについて個人的な印象とか所感とかまとめておく。 ・3 ほのぼのハッピーエンドゲームにほんのりとエログロを混ぜた感じ。タオルシリーズやってるとエログロの基準がわからなくなってくるから困る。ポンの変態具合と拷問のグ…