うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「D. -DoomsDay Door-」感想

「主よ憐れみ給え、愚者は扉を開くと言う」

キリエな前置き。

 

 

えー、今回はおさはるさんのところのフリーゲームD. -DoomsDay Door-」の感想をつらつら書きますね。作者様のサイトは閉鎖済みのようなのですが、DLページは生きています。

 

ジャンルはRPG、近未来のイリーガルな世界観で、銃弾と血だまりと狂った信仰が蔓延している感じのお話です。非道徳的、暴力的、そんでもって鬱展開。

人を選ぶところはあるかと思いますが、合う人はたまらんハマるはずです。ステータス引き継ぎの周回プレイも可能。

 

以下、自分のプレイスタイルも踏まえつつ良いなあと思ったところを挙げていきますね。

 

 

戦闘 

武器によって攻撃回数が変わったり、スキル(異能)の調整が装備する聖血によってできたり。終盤になるとパーティ編成も自由にできて、なかなか戦略性のあるバトルでした。仕様自体はツクールそのままなのに、工夫するだけでかなり新鮮になるものなんですねぇ。凄い。

倒せなかったボスもメンバーを変えてみたら倒せた時があって、すごく嬉しかったです。

自分は、ニケちゃんを回復+サポートにして、ずっとパーティに入れっぱなしにしてました。スリ便利。他にも、ザコ戦やダンジョン攻略はサブメンバーで突っ切って、ボス戦直前で編成し直すとか。非常に便利。

 

 

 

世界観

退廃的な世界作りが素敵です。

例えば、ストーリーの始まりはスラムから。ここでプレーヤーはキャラ曰く、「クソッタレな世界」に触れるわけです。この導入、すごい好きです。

細かいところも気にしてありまして。いわゆるRPGの毒状態を、「細菌に侵された」と表現してあるとか。シンボル敵を倒すと、グラフィックで血を噴いて倒れるとか。近未来で不法地帯な世界がこれでもかってほどに表現されています。

おかげでどっぷり浸かりこんでプレイできました。

 

主人公の性別や身長体重などなどを自分で決められるというのも、世界に没入するための機能の一つかもしれませんね。

PCで専門用語が確認できたり、キャラプロフィールや説明が見れたりするのも良いなーと思いました。何よりこのキャラプロフィール、物語が進展するときちんと追記修正されるんですよね。本当隅々まで凝った作りしてます。

 

 

 

キャラ

濃いです。アクが強いです。

いや、だからこそこの世界で生き残れたのだろうか……。

コソ泥、元傭兵の奴隷、褐色メガネ、殺し屋、真面目系狂信者、そしてキリスト様。主要キャラクター一人ひとりが、生き生きとしています。

ちなみに好感度システムもあって、好感度が高い状態でとあることをすると大人な関係になることも。色んな意味でぶっ飛んでます。編成時の台詞が変わるのも細かいですねぇ。

初めはニケちゃん一直線だったんですが、だんだん他のキャラの魅力も見えてきて、もうどうしようかと。悩みました。

 

個性派揃いなだけあって、掛け合いも面白いです。

アジト内での学校イベントが特にお気に入り。

主人公の台詞はプレイヤー側で選べることが多いので、ノリのいいジョーク好きの奴にもクールで冴えた奴にもなれます。ただしごく稀に即死します。びっくり。

 

サブキャラクターも魅力的です。ケイトさんの態度といい話し方といいすごく好みで、好みなんですが、テキストで「彼女」と称されるまでずっと男性だと思い込んでいました。シスターなのに。それだけが自分の後悔です……。

ナナシやロッコも良い味出してますよねぇ。アジト内にはイベントごとに会話が変わるキャラもいて、ついつい何回も話しかけてしまいました。

 

周回プレイ対応

クリア後、もっかいの質問ではいを選択すると周回プレイができます。特典はステータス引き継ぎ。2週目から見られるEDもあるので、是非。

2週目の感想は追記に隠しておきますね。

 

 

 

とまあ、こんな感じ。

気楽には進められませんが、ダーク要素に耐性があるのならオススメです。テンポ良い展開が楽しめると思います!

 

追記には2周目についてちょこっと。興味ある方は右下よりどうぞ。

 

 

 

前作『E.』の感想はこちら

shiki3.hatenablog.com

 

 

2週目

 

二週目になると忘れていた伏線がはっきりわかって、より物語を楽しめました。
ブライアンでしたっけ、エニアックの会員の死体を見てローゼンが反応してたり、始まりの部屋でどめいんじゃっくのビジョンが出たり、ケイトが死相を警告していたり。

 

一周目とは違う選択肢を選ぶのも良いですよね。なんだかんだでやってたら、サラさんと一番仲良しになりました。決して言い訳をしない、良いお姉さんだと思います。サラエンドではED後の世界もちらっと垣間見えて面白かったです。

 

二週目から解放されるエンドに行くには、ラスボスを倒した後、扉を開かず問いかける必要があります。一度見たことある会話だからといってエンターキーを連打しちゃうとうっかり選択肢を間違えちゃうのでご注意を。
みんながわきあいあいするハッピーエンドが見られます。

 

ステータス引き継ぎしてしまえば二週目は楽ですし、すっきりするので是非見てみてほしいところです!