うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「いりす症候群!」感想

「いりす症候群!」というフリーゲームがあるのですが。年越し20分前くらいにクリア(滅出現)できて嬉しすぎて、滅も一応エンディングは見たので、感想を書きます。


軽く紹介。パズル・落ち物系のフリーゲーム。即死系、と名がつく通り、一筋縄ではクリアできません。落ち物はテトリスぷよぷよしかやったことなかったので、かなり手こずりました。

根気強い人、ダーク鬱展開ヤンデレ好きな人などにお勧めします。絶対ハマります。深々と病んでる雰囲気が全体に漂うゲームです。ただし、動物関係で可哀そうなことが記述されていますのでご注意を。


ゲームを繰り返すうちにアルバムに写真が増えてストーリーが進行したり、ゲームのフォルダ内に不穏なテキストが増えたり、最初からフォルダに入っているピクチャが少しずつ変化したりします。じわじわと明かされていく謎と、ゆっくりと病みの部分が剥がれ出てくる快感。たまりませんね。

特に、高得点で出現するテキストが全て良い病み具合。淡々と鬱々と、しかしながら色濃く病んでいく様が書かれています。あれは何度も読み返してしまう。


主人公のいりすちゃんがこれまた可愛いんだ!魔女帽子にうさ耳、長く白い髪と真っ赤な目。今年にぴったり。彼女が一緒につるんでるグループを したりします。
ハッピーエンド? だったら良いね。そんな感じのゲーム。



特定条件を満たすと、「いりす症候群!滅」というモードがプレイできます。無印よりゲームシステムが凝っていて、かつ面白さ倍増。こっちの方が難易度は易々だったなあ。慣れてきたのだろうか。ストーリーに関しても、こちらではもうヤンデレ全開。すさまじいラブが展開されます。滅をしないといりす症候群の魅力は半減、ぐらいは言いきってもいいくらい。

ちなみにレベル100に到達するといりすちゃんが・・・・・・。きゅんってきました。



BGMも秀逸なんだな。何時間でも聞いていられる。あと、曲名がシュールで「着信ゼロ」「今日も誰とも話さなかった」などなど、薄暗い雰囲気が漂います。
タイトル画面をしばらく放置すると……とか、色々と小ネタも満載です。

薄暗い雰囲気がお好きな方にオススメです!