うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「COSMOSカードゲーム」感想

「平和にカードゲームで勝負だ!」

合法的フルボッコな前置き。

 

 

今回は、佑りさんのところのフリーゲーム「COSMOSカードゲーム」の感想をつらつらと語ります。ところどころレビューっぽいかも。

 

その名の通り、オリジナルのカードゲーム。RPGエディターでカードゲームを作ろうと果たして誰が思い至るだろうか……と思っていたら存外たくさんありました。奇才だらけでびっくりです。というわけで、仕様はウディタ。

 

さてでは、良いなあと思った点を挙げていきますね。

 

 

段階を追って理解しやすいルール

 

カードゲーム、しかもオリジナルとなると、「ルールがややこしくて難しい」「特殊カードとかが面倒くさい」などなどで避けられがちな気がします。というか、自分がそうですごめんなさい。そもそもカードゲーム自体をあんまりやったことがありません。

 

しかしながらこのCOSMOSは、私のような雑なプレイヤーにも丁寧に配慮してくれています。ややこしいルールは後回しでポイントを軽く聞いてからすぐ対戦、という導入、これがすごく入り込みやすかったですねー。

プレイしているうちにだんだんルールを把握できるようになるのも楽しくって! シンプルながらも作りこまれたカードゲームでした。結局ルールブックは2・3回しか開いてないかもしれません……w

 

 

テンポの良い展開

 

COSMOSのルールにしてもストーリーにしても、テンポがよかったです。特に対戦は中毒性がありました。ついつい連戦してしまったことも何回もあります。

ストーリーも単純で各イベントも短いです。おかげでたたたっと次に進めます。大会勝利、悪の組織撃破、チャンピオンを目指せ、といった王道展開。そういった意味では大逆転の濃厚ストーリーはないわけですが……RPGではなく、カードゲームなわけですから、むしろ取っつきやすい長所と言うべきでしょう。

 

 

カード集め、コレクト

 

このゲームでは、対戦に勝利するとお金がもらえて、それでカードパックを買ってデッキを作っていきます。このカードを開ける時が楽しいんです!

デッキを買うと、裏返しの表示でカードが画面に5枚並びます。そしてエンターキーを押すごとに一枚ずつ表向きになる仕様。これって、まさにカードを買った時のどきどき感が出てますよねー。何が出るかなー、みたいな。コンプリートの喜びもひとしおです。

 

 

モロハちゃん

好きです。

 

 

 

余談: デッキについて

 

あと、私のデッキについてもちょっと語りますね。

 

 

自分は黄色が好きなので、序盤は単純に月と金を中心にデッキを組んでいました。けれども私のプレイとどうも合わなかったようで……。

手札は元々溜めちゃうほうなので金星を生かせず、移動は頭こんがらがってうっかりミスしてしまうので月も生かせず、の体たらくです。がっくり。

 

 

で、代わりに冥を使ってみたらこれがハマるハマる! 結局は冥と火を中心に、水を三枚だけ入れて構成しました。

 

火星カード→低レベル・低HPの相手を瞬殺

冥星カード→高レベル・高HPの相手に大ダメージ(スケルトンとゾンビの使い勝手の良さであることよ!!)

水星カード→回復要員(ジャグしか入れてない)

 

これでラスボスまで一直線にいけました。いやあ強い強い。ただラスボスのみエンペラーモード使用です。ぐぬぬ

 

 

 

初心者の自分がここまでいけたので、初めての人でも大丈夫だと思います。とにかく親切設計でした!

勝てないよーって方は、フォルダ同梱の進め方ファイルやキャラの助言を参考にしたらすぐ勝てるようになるかと。あとは、相手プレイヤーの戦略や惑星がわりと固定されがちなので、相手によってデッキを組み替えるのも有効だと思います。

 

あーこれオフで大会とかあったら楽しいんだろうなーw

と思えるくらいにはどっぷりハマりました!