うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「WHITE ENIGMA」感想

「汚らしい純情で彼は愛していたのだ」

免罪符にもならない前置き。

 

 

えー、今回は、晴れ時々グラタンさんところのフリーゲームWHITE ENIGMA」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽくなってるかも。

 

ジャンルはホラーADV。逃げたり闘ったりするタイプのホラーゲーではなくて、選択肢で移動したり調べたりするタイプのゲームです。アクションが苦手なのでこういうスタイルは助かりますねぇ。

行き先に困ったら「考える」で大抵なんとかなるので、難易度はそこまで高くないです。長さもほどよくて、ちょっと空いた時間にぞくっとできます。

 

 

 

恐怖感を煽る演出

 

晴れぐらさんところのゲームはいくつかプレイしているんですが、どれも雰囲気がとても魅力的です。この作品も例にもれず、演出が素敵でした。

何度ビビったことか……。BGMって大切ですね。とはいっても、たぶんホラー得意な人にはちょろ甘な怖さ、なのかな? 自分がビビりなので参考にならないかもしれませんが、怖がりの人でも頑張ったらプレイできる程度と思われる怖さでした。

 

気づくと不思議なことがおこっている、この奇妙に落ち着かない感じがしっかり出ていて、話にどっぷり浸かることができました。

 

 

謎がとけていく快感

 

主人公が記憶喪失の状態から話が始まります。で、探索するうちに記憶の鍵と館の謎が明らかになっていく……という。ある意味、王道ではありますが、この話のまとめ方が非常に上手いんです!

続きが気になってわくわくしながら進めていきました。

守ってあげたいタイプの女の子もいたりして、静かで怖い雰囲気の中、少しの癒しをくれます。

 

 

ホラーや鬱展開に耐性のある方は、是非一度プレイしてみてほしいと思います。

ネタバレ込みの感想や、ちょっとした攻略メモは、追記にて。

 

同作者様の他のフリーゲーム感想記事↓

 

フリーゲーム「雪葬」感想

フリーゲーム「昼の国、夜の国」「今日は魔界もハロウィンです!?」感想 

フリーゲーム「おとぎ話屋」感想

フリーゲーム「あなたと私のワールドエンド」感想 

 

攻略

まず、ちょっとした攻略メモから。

詰んだと思ったら「考える」。これが基本です。

 

エンディング分岐は、

オルゴールを開ける→一人で脱出→二人で脱出

オルゴールを開けない→一人で脱出→二人で脱出

という感じ。これでエンディング4つはカバーできます。

 

問題はおまけエンド……

これ、私辿りつけてないんですよねぇ。ゲームオーバーのことなのかなあ。

(追記:コメントでおまけエンドのヒントを頂きました!

再び始めからプレイしなおしてテディベアに注意。ありがとうございます。)

 

あと、他のところもちょこちょこと。

何回か「調べる」をしないと進まないこともあるのでお気をつけて。

 

嘘つき姉妹

カギカッコが複数あるので何人姉妹やねんと戸惑った方は多いのではないでしょうか。

とりあえず、「」ごとに別人が話していると考えること。

この手の問題は、とりあえず一人を仮に正しいとして考えていくと答えがわかります。

最悪の場合、セーブだけしておいて、全部の番号を打ち込むと言う手もありです。

 

声をかける

日本語カタカナ二文字で入力してしまって少々悩むはめになりました。一時は詰んだかと思いました。てへぺろー。

何と声をかければいいかは、金の部屋でヒントが手に入ります。

赤い男のエグいシーンを見た後、「調べる」と、手帳を読むことができます。そこにヒントが書いてあります。

 

自分がちょっとつっかえたのは、だいたいこんな感じ。

 

 

で、ここからネタバレ込みの感想です。

 

 

バッドエンドはどれも真相まで辿りつけない感じでしたね。

鏡を見て発狂するあれが好きです。

一方、グッドエンドは完全にハッピーとはいかないまでも、救いが見られるエンドでした。微妙にしこりが残るのは、ホラーらしくて素敵です。

 

スノウちゃんの首筋や過去など、悲惨な話が多くて、鬱展開好きとしてもときめきました。あの暗い雰囲気はやっぱり良いですねー。