うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「Il-アイル-」感想

「鏡と写真と君の共通点とは」

昔嫌がられていたらしい前置き。

 

 

えー、今回は銀灯さんところのフリーゲームIl-アイル-」の感想をつらつら書きますね。11月11日ゆえに。一部レビューっぽいかも。

ジャンルはノベルADV、男同士・女同士の同性愛描写(キス)がほんのちょこっとあるので、苦手な方はご注意を。

 

さっそく見どころを挙げていきますと、

 

 

 

断片から収束していくストーリー

 

比喩や婉曲的な言い方の中でおぼろげながら形がつかんでいくストーリーになっています。なので、読みながら色々推測したり、考えるな感じろに惹かれたりする方はとても合うと思います。

少なくとも、きっぱりはっきりわかりやすい話ではないことを頭に入れておくと、良い感じに覚悟ができて入り込みやすいかも。

私は攻略がっつりみる派なので、遠慮なく今回も見させて頂きました。親切仕様ありがたや。一話で回収できるエピソードを全部見てから次の話へ進んでいっていたんですが、どうもこれが正解だったらしく、ぼんやりながらもお話は理解できたかなーと思ってます。よくわかんない!という方はとりあえず各話ごとに全回収をオススメします。

 

 

 

全キャラ顔グラあり

 

けっこうキャラ数が多いんですが、あますところなく顔グラありで、スチルも雰囲気が出ていてで大満足です。絵柄自体も女性向けらしくて、私はすごく好みでした! 後輩ちゃん超可愛い…!

あっあと、3話では双子の見分けを初めにしっかりしておくことが大事だと思います。ああいうシンメトリーなデザインも好みです。

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

双子、自己犠牲、依存などがお好きな方にオススメの一作でした。

 

 

 

 

 

追記では、考察もどきをちょこっと。ネタバレたっぷりなので、既プレイの方のみどうぞ。

 

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

フリーゲーム「嘘つきエイプリル」感想 

フリーゲーム「アンダーブルー」「アンダーブルー2012」感想 

フリーゲーム「ソレノナ」「ソレノナ-And to End-」感想 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタバレおk?

 

 

 

考察というか、読んでいて考えたことなど。

 

ED行くまでは、1話と3話の必要性が無いなどという失礼なことを考えてしまっていたのですが。とんでもねぇですね。

1話で弘一の存在ができうることの示唆、2話で現実の彼ら、3話で彼らの今陥っている状況の暗示、といった具合なのだなあとやっとわかりました。初めっからターミナルの二人がそう言ってたんですけどね。いかんせん。こうして全体像が見えると、なるほどやりたかった構成もわかりやすく、よくできているなあと思いました。

 

 

で、世界観に呑み込まれつつ読んだせいか、ちょっとわかっていないことがちらほら。

 

オネ(弘一)の罪って何?

逃げ出したということはわかった。

どこから? ターミナルの世界から? 

それが何故罪になるのか?

この辺りがぶっちゃけよくわからないままでした。物語の中核っぽいのに……理解力が乏しいです、はい。

 

 

 

麻深さんとその後輩ちゃんのエピソードが何故か印象的です。ファーストキスだったのかなーとか後輩ちゃんヤンデレ化しそうだなーとか色々と邪推してしまいます。しかし、諦めさせるためとはいえキスを許すとは、漢である。女性だけど。

 

 

弘一と洋二は片方が残って片方が消えるというアレなんでしょうけど、やっぱり個人的には、二人の閉じた未来が垣間見えるあの白い部屋でのエンドがお気に入りですね!

 

 

 

双子ネタは好みなので、やっていて楽しかったです。