うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「おほしさまのみつけかた」感想

「大人になればなるほど子どもの純粋さに惹かれるものです」
エスロリノータッチな前置き。

 

えー、前回前々回に引き続き今回も、ゆうあかりさんところのフリーゲーム「おほしさまのみつけかた」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。


ヒロインの年齢が低めというのもあって、ストーリーは全体的にほのぼのとしています。

 

さて、ネタバレにならない程度にキャラクターの感想を。

 

・織姫
起こって笑って泣いてと、パワフル元気いっぱいなヒロインさんです。けっこう怒りっぽいので、うぅんと思う方もいるかもしれませんが、悪いことした後はしっかり謝れる良い子です。私もにんじん嫌いだよーと共感を覚えるなど。


・彦星
台詞の端々から出てくるやばい人オーラ。
口調が幼い感じの人だなーと感じたのですが、織姫ちゃんに合わせているのか素なのか、どちらにしてもなんか逆に怖い人です。

 

・昴
素黒い感じが魅力の方です。
教育係、つまり光源氏……。眼鏡バージョンもあって大歓喜でした。やはり執事は眼鏡でなくてはね。彦星にどうやってねちねち言ったのか知りたいところです。


・菱星
可愛い。大本命です。
彼女のスチルにはときめかされました。エンドでの口調もかっこいい。胸に飛び込んでいきたいです。


・お父さん
まさかの立ち絵。そしてイケメン。

 


攻略対象の彦星と昴が並ぶと、カラーリングや服装の対照っぷりが際立って良かったですねぇ。ただ、立ち絵だと等身の違いが出ないので、織姫の低年齢さがちょこっと伝わりづらかったのが惜しかったかなあ。その、犯罪臭が漂いすぎるのもまずいですがw

 

何にせよ、綺麗なスチルにほのぼのストーリーで、まったり癒される作品でした。端々に見られるほのかなヤンデレさにもどきどきです!

 

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com