うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「円環の柩―閉ざされた館と想いのゆくえ―」感想

「隣人の悪意こそ盲目になりやすい」

懐に入れたら終わりな前置き。

 

 

 

えー、今回は*polish*さんところのフリーゲーム円環の柩―閉ざされた館と想いのゆくえ―」の感想をつらつら書きますね。例のごとく一部レビューっぽいかも。

フリー版は15禁、シェア版で18禁verが公開されています。乙女+ミステリーなADVです。

ファンタジーと嵐の山荘が混ざった感じ、かなー。冒険者ギルドとかのワードにピンとくるならオススメです。

 

 

見どころとしては、

 

豊富なエンド数

エンドの数は20以上。中には鬱展開もあります。いかがですか同志の皆さん!私が好きなのはEND17とEND20です。あの悲惨さがもう、ね。心からの悪者がいない、だからこそ――という私が大好きなタイプの鬱展開が多くてたまりません!

勿論恋愛エンドやハッピーエンドもありますのでそっちが好きな方もご安心を。

 

 

美麗なスチル、立ち絵

グラフィックはとても綺麗、少女漫画ちっくな画風なので馴染める人も多いのではないでしょうか。立ち絵も、ポーズが二種類あって表情がくるくる変わってくれます。ヒロインの見た目が一番好みですねぇ。

 

 

腕試しできるミステリー要素

ミステリーは推理せず最後まで読んでからなるほどーと思う私ですが、この作品の推理レベルはちょうどよくて、良い感じに頭をひねりつつプレイできました!「 やったー当たってたー!」という喜びもひとしおです。

別段攻略がなくてもわかるレベル……でもうっかり思い込むと難しいかも? まあ最悪、選択肢総当たりでいけますしね!

色々なルートを経るごとに攻略キャラによって明かされる真相や伏線の一部がまとまっていくのも楽しかったです。

 

 

 

惜しいなあと思うのは、

 

スキップの確認

スキップ時には丁寧に確認ウィンドウが出ます。とはいえ、スキップはきちんと未読で止まってくれるので、この要素は逆に手間が増えるだけだなーと。

 

 

キャラを入れ替えただけのエンド

台詞や展開は一緒、キャラと口調を入れ替えただけという展開が目につきました。いや、これはキャラ別エンドでよくあることだし別に良いんですが、その特定キャラの一言のために1シーン分既読スキップが使えないというのがどうにも不便で……。

ハッピーにおけるセシルとアーヴィンの会話とかで特に思いました。こうなるとどうしても作業感があっちゃうんですよね……。

 

この辺り、シェア版だと性能が変わってるんでしょうかね? 乙女ゲーのえろはあまり得意じゃないため、フリー版だけしかプレイしてないので確認ができなかったり。

でも初見の方は誤解なきよう、こう感じたのはごく一部のエンドだけで、トゥルーもバッドもそのキャラだからこその展開が多いです。

 

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

しっかりした物語も味わえる乙女ゲーをやってみたい方にオススメする一作でした!