うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「吠影吠声」感想

「メリーゴーランドと路面電車の類似性について」
やるせない前置き。

 

 

えー、今回は、雲雀殺さんところのフリーゲーム「吠影吠声」の感想をつらつら書きますね。


ジャンルはサスペンス風のノベルゲー、ヤンデレ気味の人や電波っぽく見える人がいますのでそういったキャラが好きな方には嬉しいかも。

 


ストーリーについて。ファンタジックなところもありますが、「あんまり深く考えたら、ダメ。」と公式サイトにもありましたし、この辺りは素直に「そういうもんなのかー」で納得できました。
ただ気になったのが、選択肢によって主人公の行動が不自然すぎるなあと感じちゃうところです。やりたい展開に合わせがちで、心変りがけっこう急すぎるかなと。
とはいえ、エンドによってキャラが病んでくれたり、鬱展開になったりするのは満足。そういうの好きな方はやってみて損は無いんじゃないかなあと思います。
あとがきでもちらっと触れられていましたが、せっかくなら姫サイドの話も見てみたいですね~。別作とかで出ないかなあと期待してます。

 

 

あと良いなあと思ったところについて。字がぶわっと流れ出るような演出がありまして。あれにはぐっと気押されました。やっぱりホラーにはびびる演出がつきものですなあ。

 

 

キャラクターだと千鳥さんが好きです。こう、追いつめられた優等生って、こう、グっとくるものがありますよね。

 

 


とまあ、こんな感じで。
シリアスな雰囲気と破滅的な展開が魅力の作品でした。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

shiki3.hatenablog.com