うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「学園KING鈴木」感想

「我らが鈴木を崇め称えよ!」

救世主は意外にも隣の席な前置き。

 

 

 

今回は、桜井ひかるさんとユウコさんの合作シミュレーションゲーム学園KING鈴木」についての感想を書きますね。

実はこれ、別作の続編らしいんですが、思いっきりスルーしてこの作品からプレイしてしまいました。でも十分楽しめましたよ!

 

概要としては陣取り合戦+恋愛シミュレーションっぽい感じ。システムだけ見ると戦国ランスに近いらしいです。ランスのほうをプレイしたことはないのでどうしてもらしいとしか言えないのですが…w

陣取りの順番はもちろんのこと、残り気力と特殊技を考えたバトルの駆け引きも魅力的。

 

 

ただ、まあもちろん桜井ひかる様のゲームだと恒例のシステム面でのストレスは多々あります。簡単に述べておくと、

  • 各キャラ個別エンドへの条件が複雑
  • バトル、配置の動作が遅い
  • 周回プレイ必須なのに一周が長く、引き継ぎ要素なし
  • 既読スキップやシーン回想がない

とまあこんな感じですね。作業ゲー感はもう慣れてきたので気になりませんが、動作が遅いのは耐えられず、結局、個別エンドを半分ほど埋めた辺りで断念しました。少ないセーブ数で、一歩間違えると√を外れる仕様もきつい。

バトル自体は面白いので惜しまれるばかりです。

 

 

 

逆に安定の魅力としては、

 

  • 可愛いイラストとギャップあるヘビーなキャラ設定
  • ほんのりとヤンデレや鬱展開要素

 

ここはもう、好みにぴったりでたいへん幸せでした!

細かい感想は追記に畳むとして。

とりあえず、キャラ萌え重視の方や薄暗いエピソード好きな方は一度やってみると良いかも。コンプリートに拘らないタイプなら問題なく楽しめると思います。

 

 

 

 

 

 

で、こっからは攻略だけネタバレです。

なるべく手間を減らして多くの子を攻略しよう作戦、という名の自分用補完メモ。

おそらく公式サイトの攻略メモ必須です。だいたいは選択肢一つ間違えると攻略できずに終わります。

大丈夫そうならどうぞ。

 

 

【攻略】

 

基本的に、選挙はぎりぎりまで引き延ばす。

他陣営の支持をしている部活を一か所残しておくこと。

ただし選挙で負けると意味がないので、支持率維持は忘れないように。

 好感度がどれほど溜まっているかは確認できないので、帰宅会話の変化を参考にする。

 

 

【調査パートと選挙中のフリータイムが関係するキャラ】

この間にエピソードを回収できるのは、

加賀、桃子、映見、仁、梓の5人。

加賀はひたすら手伝いし続ける。

映見は「土いじりをしに来た」「楽しい」を選ぶ。

5人全員を一気に攻略しようとするとたぶん混乱するので、お気に入りの子だけ見るか、周回プレイの合間に数人ずつ回収すると良い。

 

 

【好感度が関係するキャラ】

【パートナー:大沢美都の場合】 

金に余裕がある分、治安力が心もとない。

早いとこ放送部の指示を得て、選挙演説ができる状況を目指す。

選挙活動の進み方的に考えると、メンバーは巴とさくらを選ぶと良いかも。

美留を選んじゃったけどシャーラの方が後々楽そうではある。

 

 

  • 伽具弥、美都、さくら

伽具弥と美都は特にセットで攻略すると良い。

4月17日までに二人と最低一度は帰宅しておく。

それからは伽具弥の好感度をまず上げる。

好感度が30になった(帰宅会話が変わった)辺りでセーブ1。

そのまま伽具弥は放置して、美都の好感度を上げる。

美都BAD回収。

1ロード。

伽具弥の好感度が50になった(帰宅会話で選択肢が出た)辺りでセーブ2。

選択肢は当てておくこと。話に首をつっこめ。

伽具弥を放置して美都の好感度を上げる。

美都GOOD回収。

2ロード。

そのまま伽具弥の好感度を上げ続け、伽具弥エンド回収。

二週間ほど一緒に帰宅し続ければ好感度は20ほど上がるはずなので、日にちが余ったらさくらと帰宅して好感度を30まで上げてさくらエピソードも回収。

 

 

  • 巴、阿門、蘭丸 

4月17日までに三人と最低一度は帰宅しておく。

巴の好感度を上げまくる。

好感度50で会話が変わってから、さらに二週間ほど一緒に帰宅し続ければ好感度は20ほど上がるはず。

それからは帰宅相手を阿門にチェンジ。

阿門の自動発生イベントを見たら、帰宅相手を蘭丸にチェンジ。

蘭丸のイベントを見て、選挙終了。

巴エンドと阿門、蘭丸エピソードを回収。

 

ちなみに、巴はお好みで静か恭に変えてもおk。

静と恭は条件が特殊なぶんやや易しいので、やりやすいかも。

 

 

 

【パートナー:津川恵果の場合】

とにかく金が足りない。

仲間集めを初めの週にやると、資金不足でBADエンドになる。

よって、保険・演劇・料理・工作は後回し。

シャーラや香先生を仲間にする気がないのなら、料理と保険は侵攻しても良い。ただし、仲間条件をうっかり満たさないように注意。

選挙演説はせず、地道にキャラを配置させることで支持を回復していく。

メンバーに宇川漣を入れておくこと。

 

 

  • 恵果と香またはさくら

恵果の条件を満たすように好感度を上げる。80になったところでセーブ1。

漣に活躍してもらって恵果バッド回収。

選挙を早めてしまうと回収できないので、選挙が26日まで伸びるようにすること。

1ロード。

恵果の好感度を引き続き上げる。

二週間ほど経てば好感度は100になっているはずなので、余った日で香かさくらの好感度を上げる。

恵果GOODと香かさくらのエピソード回収。

 

 

漣のエピソードは由貴攻略中に回収しました。

 

パートナー:井上初美の場合はまだやってないので割愛。

 

 

 

 

追記からは、攻略できたキャラの感想。

キャラの性格などネタバレ、BL百合NLのコメントあり注意です。

大丈夫そうならどうぞ。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想↓

フリーゲーム「箱の中のネコ」感想 - うそうさ〜第二号室〜

フリーゲーム「 レグルスの箱庭」感想 - うそうさ〜第二号室〜

フリーゲーム「歌恋」感想 - うそうさ〜第二号室〜

フリーゲーム「MELTY HEAVEN」感想 - うそうさ〜第二号室〜

フリーゲーム「悪魔の花嫁」感想 - うそうさ〜第二号室〜

フリーゲーム「ハーレムマスター」感想 - うそうさ〜第二号室〜

フリーゲーム「人工女神」感想 - うそうさ〜第二号室〜

フリーゲーム「プラスチック・プリンセス」感想 - うそうさ〜第二号室〜

フリーゲーム「フルムーン・プリンセス」感想 - うそうさ〜第二号室〜

フリーゲーム「ERR.」感想 - うそうさ〜第二号室〜

フリーゲーム「学園女神」感想 - うそうさ〜第二号室〜

 

 

 

 

以下、ネタバレ込みのキャラ一言感想です。

 

・鈴木

我らが鈴木。脳内会話多め。声に出してこ。わりと総受け主人公な立ち位置。意外と胆力あるのは会長のおかげか。

 

・津山恵果

鈴木には何故か警戒されるわ、BADでは引き渡されるわ、何かと不憫な子。賃金高すぎる。先走った可愛い描写が鼻につくのがもったいない。

 

・大沢美都

初回に目をつけたものの、まさかのビッごにょごにょ。だがある意味そのおおらかな性癖を直す気が無い開き直りっぷりは魅力かもしれない。わーお。

 

・五条院伽具弥

想像以上にヘビィな過去をお持ちだった。その過去部分を妄想して超萌えた。

 

・村雨由貴

なぜか個別エンドに辿りつけず、5回ほどやり直して断念。悔しい!萌えるのに萌えるのに。

(追記:どうやら気力が関係しているとのこと。再チャレンジはいつになるやら……)

 

・良津巴

いえー♪みたいなノリが可愛くてしかたない。堂々と黒いこと言う辺りも二面性があって良い。仁くんとセットで二倍おいしい。一推しかも。

 

・久瀬静

彼の登場時の文章が常に圧倒的な筆力、もう、神々しさがやばい。麗しい。

 

・阿門道真

誠実そうで宜しい。だが蘭丸が不憫なので早いこと気づいてあげて欲しい。頑張れ!男をみせてくれ!

 

・紫乃蘭丸

口調が予想外。メカクレは可愛い素晴らしい。特殊技も強いしで、何かと重宝した子。印象に残る子といえばこの子。

 

・宇川漣

呪いとか闇とか、要素は好き。マザコン…?おまけエピソードを見る限り、家族愛に飢えていると思ったほうが良いのかな。

 

・花房香

おまけエピソードが印象的。しんみりした。

 

小林梓

イベント会話で人間味のない子だなあと思っていたら、うん。重要ポジのはずだけど影が薄い…。

 

・麻生映見

出会いからして個別エンドがあるのかと思ったらそんなことはなかった。あれー? デレが少ないところがまた、良い。

 

・用務員さん

超便利。通い詰める甲斐はあります。

 

・桐谷桃子

キャラデザインはもろ好み。俺っ娘なのが意外すぎた。

 

・星明さくら

L・O・V・Eさくらちゃん!

好感度高い時の会話が好き。明るい子が闇を抱えてるのって良いよね!

 

・冬海仁

一二を争うお気に入りキャラ。うはあ、などなどのちょっとした電波っぷりがツボ。巴×仁でおいしいですひゃっはー!

 

 

さすがに全員攻略はむりでした!

でも、忘れた頃に思い出したらまた頑張りたいなーと思えるくらい、膨大なキャラとギャップ萌え・エピソード萌えが秀逸な一作でもありました。なんだかんだでめっちゃ周回しちゃうくらい楽しかったのは確かです。