うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「りんかね」感想

「あなたは覚えてらっしゃいますか?」

久々に再会した知り合いの名前が思い出せない前置き。

 

 

えー、今回は日々雲隠れさんところのフリーゲームりんかね」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

前世モノの大正ロマン&現代乙女ゲーム。途中のエピソードに鬱展開あり、でも基本的には明るく前向きな一作です。

 

 

 キャラクター

 

攻略対象が二人とも、止むにやまれぬ事情と言うか、悲劇的なエピソードを持っています。彼らの感情が爆発するシーンが何度かあるんですが、どれも印象的で良かったですねぇ。

作中で「脆い」と表現されるように、二人とも少々精神的にまいっているところもあって、すごく心が揺さぶられます。

かと思えば、恋敵を応援してくれる粋な男っぷりを見せてくれることも。乙女ゲーに欠かせないかっこよさもしっかり兼ね備えている感じでした。

詳しくはエンド感想と共に追記で伏せておきますね。

 

 

ストーリー

 

何度かほのめかしているように、鬱展開はあります。クリア後に見られる前日譚も暗めのものが多いです。春海さんのエピソードはもう、こう、ぐっとくるものがありました……。

ただ、それでもやっぱり全体的に明るい作品だと感じました。その理由は、ヒロインのシリアスブレイカーっぷりと時々紛れ込ませてあるギャグまっしぐらな選択肢にあります。

落ち込みまくったところで、絶妙なお笑い要素がちょこっと気分を引き上げてくれるんですよねぇ。ふいに現れたお汁粉にはやられました。鬱展開好きな人はもちろん、そうじゃない人でも明るい要素を拾い上げて楽しめる一作だなあと思います。

前世パートも細かいところに下調べがされていると言うか、作者さんの深い大正知識が感じられました。

 

 

 グラフィック

 

イラスト面は詳しくないからあれなんですが、立ち絵というよりは少女マンガっぽいというか、線が細い感じのグラフィックです。なので儚い印象があって、特にシリアスシーンでの親和性が高いです。スチルに至ってはもう、繊細で美しい!たまらんです。

前世パートでも立ち絵があるんですが、雰囲気ががらっと変わって、セピアな感じを受けました。どちらかといえば前世パートの立ち絵の方が好きかなあ。でもどっちも素敵です!

前日譚の選択画面など、システム部分のデザインもおしゃれで好みでした。

 

 

とまあ、こんな感じで。

前世モノが好きな方、大正ロマンに惹かれる方、トラウマ設定に萌える方などにオススメの一作でした。

 

 

 

追記にネタバレ込みの感想。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ注意。

伏せ字とか無しのダイレクトです。

 

 

 

攻略対象が複数人いるゲームってルートが決まった後は、

1.攻略対象同士のガチバトルが発生するパターン

2.フェードアウトするパターン

この二つがほとんどだと思うのですが、この作品では要所要所にもう片方のキャラクターが出てきてくれて嬉しかったです。

しかもこれがまた良いポジションなんだなあ。喝入れや励ましなどなど、(言葉は悪いですが)当て馬キャラの生かし方をよくわかってらっしゃいます。素敵!

 

なんだろう、面と向かって喧嘩するのはそれこそ過去の非道な行いに対してだけで、基本的にはルート確定すると身を引いてくれるんですよね……。京一郎は前世の行為、遙人は初対面という引け目がどっちにもあるからこその展開なのかなーなんて。

 

 

 

京一郎か遙人かと言われれば遙人だけど、廉治様か静次郎かと言われれば静次郎なジレンマ……。

確執が残りそうなエンドもありましたが、コンプおまけでスカっと解決してくれたので、もやもやが嫌な人にも有難いだろうなあと思いました。虎のごとく!瀧子さんの可愛らしさがひしひし伝わってきますw

 

 

 

まあキャラが死ぬエンドがやっぱり衝撃的かつ鬱展開好きとして印象に残っちゃうんですけどね……。遙人のどうにもならない感じが、なあ。ぞっとしました。

前日譚も暗めのが多くて、キャラの心情がさらに深まって伝わってきました。重い境遇の人ばかりの中、ヒロインが今まで何事もなく幸せであってくれたのはある意味救いなんでしょうかねぇ。

春海さん好きです。じわじわおかしくなっていく描写がとても上手だと思います。

 

 

 

 

あとがきを読んで、むちゃくちゃテンポの良い文章も書く方なんだなあと感じました。止められずぐいぐいプレイをしてしまったのもこの文章力のおかげだったのかも。イラスト面でのこだわり部分が改めてわかって楽しかったです。

あとがきの通り、昼ドラとか!救いなしエンドも!作って頂きたかった!(机バァン)

いやいやでも現状も、かなり色んなバリエーションのあるエンドで面白かったです。

 

和物の乙女ゲーはいくつかやりましたが、中でもかなり印象に残った一作でした。