うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「消灯時刻」感想

「日々生き生き元気に行きましょう!」

それが空元気であれ、な前置き。

 

 

 

えー、今回は杏仁どーよ(http://anninhanare.web.fc2.com/)さんところのフリーゲーム「消灯時刻」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

全クリまで数時間ほどのBLノベルゲーム。

ですが恋愛事よりも、この世界設定や独特の雰囲気をどっぷりと楽しむ作品という印象でした。例のルートに入らなければ一般向けでも十分通じそうな気もしますが……どうなんでしょう。

ともあれ、魅力的な点など。

 

 

終末が定められている世界設定

何よりもビビっときたのはここ! 終末は絶対に抗えないという前提のもとで話が展開していきます。

穏やかに終わりを待つ一族も居れば、終わるのだからと好き勝手する輩もいて……それぞれの一族の考えや文化・風習の違いも楽しめます。まさに一つの世界が息づいている感じ!

特に、とある1ルートで明かされる世界の全貌には痺れました。少しずつ引っかかりつつも後回しにされてきた部分が、わっと一気に襲いかかってくるカタルシス。たまらん!

後日談が見たい、そんな気持ちを黙らせてくれるあのエンドタイトルも魅力的です。

余談ですが、消灯一族の言う、「火点し頃」「星宿し頃」っていう時間の呼び方が大好きです。雰囲気出てて良いよなぁ。

 

 

ほの暗い世界で笑顔が光るキャラ達

世界の滅亡を止めるとか抗うとかではなく、終わりまでどう過ごそうかと考える、この一般人な感じがとても好きでした。

消灯一族の方言バリバリな感じがほっこりします。「あほだーけ」はアホたわけ、かな? クリアした今となってはあの口癖が忘れられませんw

主人公含め主役級のキャラが皆、致し方ないことは目を瞑る大人らしさと、根っこの良い人らしさを併せ持っているので、展開としては悲惨でもどこか希望が残される気もします。悲惨でも。ええ。鬱展開ありがとうございます。どの子も、見守りたい・見届けたいと思わされるキャラたちでした。

キャラデザの民族調な感じも魅力的ですよね。立ち絵もポーズ変化が多くて生き生き感じられました。

 

 

 

気になる点としては、メッセージ履歴を見た後ゲームに戻る際、右クリックで戻ってしまうと文章が再表示されなくなることでしょうか。でもこちらも、素直に戻るボタンで戻れば支障はありませんのでご安心を。

 

あと、クリアした後は「かいそう」ページを見るのもお忘れなく! この世界観を一目で表す、ぞくりと切ない一枚絵が見られます。

 

とまあこんな感じで。

静かな夜や冬にプレイするのがしっくりくる作品だなーと思います。明るいけれどもの悲しい終末世界、ピンとくるなら是非ともプレイしてみて下さい。

追記からは各エンドの感想など。ネタバレがっつり注意です。

 

 

 

 

 

 

とりあえず辿りついた順で感想を。

ネタバレありまくりです。

クリアした今になって思うと、茶栓丸と灰→墓守→追名→卯ノ葉でエンド回収するのが一番良い感じだったかもしれませんねぇ。

 

 

[墓守エンド]

初めに辿りついたのがこちら。そのせいか、「ここで終わり?」という感は否めませんでした。終末世界の続きを知りたいという気持ちが強くって……。

でも、これに関しては卯ノ葉エンドで回収されたのでプラマイゼロ!むしろ私がちょっと早まり過ぎてたみたいですw 墓守とソノイの関係という意味では、一番区切りの良いところで終わったとも思いますし。

墓守のそれまでの静かな生活を考えるとこう、クるものがありますよね……。しみじみ。そしてよくよく考えると、終末が来た後、彼はククリ番になるわけで……もしかしてこの作中で一番キッツイ重荷を背負わされているキャラなのではなかろーか? 人好きする性格だからなおさら、後々来るであろう鬱展開に心を揺らされます。こういう、暗い想像の余地が残る作品大好きです。

 

 

[茶栓丸・灰エンド]

ハイ! こちらのお返事も忘れられません。

茶栓丸の占いはかなりの伏線になっているんですよね。エンド分岐に関わりはありませんが、ついつい全部見てしまいました。あのシーンのスチルも茶栓丸のにこにこ顔と、独特の小物類との両方が楽しめて大好きです。

茶栓丸は占い、灰は良い人悪い人をかぎわける嗅覚としてククリ番の能力が表されてるのかな? やっぱりククリ番のことを考えると二人が離れ離れになる道ばかり想像して暗い微笑みを浮かべてしまいますが、案外、奇跡が起こるなんてのもありうるのかも。なんか、灰がいると何でもなんとかなる気がするんですよねぇ。

 

 

[卯ノ葉エンド]

もうね、エンド名が大好きです!!最高!

実は初め、あの子を卯ノ葉の彼女さんだと勘違いしておりましたw 妹ちゃんだった。その名残かどうかはわかりませんが、ソノイと世話焼き焼かれしているのが見ていて微笑ましいです。

とにかく怒涛の世界観種明かしが気持ち良いルートでしたね。本当、この世界設定大好きです。

メリーバッドエンド……かと思いきや、先の道筋に光が感じられるすっきりしたエンドでした。

 

 

[追名の里エンド]

こちらは卯ノ葉バッドエンドの側面が強かったですね。墓守グッドエンドとも言えるかな?

ソノイにとってどちらが良いとは素直に言い切れなさそうなところもポイント。墓守も、最終的には二人を……しなければならないわけですしね。つかの間の休息エンドな感じかもしれません。切なく萌えます……。

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

暗いほうにも明るいほうにも妄想できるエンドが多く、キャラ萌えとしても美味しかったですし、純然と世界設定だけ取ってもすごく凝っていて印象に残る一作でした。