うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「もしも死ねぇ」感想

「模様変えの匠によるポルターガイスト

物が無くなりやすそうな前置き。

 

 

えー、今回はtachiさんところのフリーゲームもしも死ねぇ」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ツクール製の短編ホラーゲーム、脅かし多めで追いかけっこは無し。ちょっとしたギャグネタもあり、ライトにホラーを楽しみたい人向けかなと思います。

というわけでさっそく特徴など。

 

 

 

即死系の周回プレイ必須

初プレイで「えっ?」となるのがお約束、と言ってもいいくらい、唐突にエンドへ辿りつきます。それもそのはず、このゲームは周回プレイが大前提。その証拠にエンド数も多めです。

よくわからないなりに色んなエンドに辿りついていくと、主人公の背景事情がおのずとわかっていきます。とりあえず色々やってみる、試行錯誤が大事なゲームという印象でした。

序盤は1プレイに5分もかからないので、かなり気軽にプレイできるのも魅力の一つですね。普段即死系は苦手なんですが、このゲームにおいてはむしろそこが利点となっているように思います。

 

 

 

気付く怖さとやってくる怖さ 

プレイを重ねるごとに変わる起動画面、部屋の内装。周回するたびにまるで間違い探しのようにじわっとおかしなことが起こります。

一方、ガタガタと勢いよく家具が動いたり視界に何かが横切ったり、ぎょっとさせられることも。キャラの歩行速度が遅めなのもまた、「何か起こるのでは?」という気分を駆り立ててくれます。終盤はぼぅっと起動させているだけでも楽しい(怖い)かも。

自分で気付いてしまう怖さと、向こうから驚かせにくる怖さ、短いプレイ時間で二種類の恐怖を感じられました。

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

全体的にはホラー映画っぽい怖がらせ方を熟知しているなあという印象でした。

お話自体もわりとシンプル、ホラーにしてはトゥルーが軽薄ハッピーすぎる気もしますが、こればかりは好みかな。さくっとプレイできるので、気になった人は試しにプレイしてみてください。

 

 

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com