うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「喉の渇くその前に」感想

「無理やりこじ開けても扉は壊れるだけ」

ゆっくり鍵を探さなきゃな前置き。

 

えー、今回は現屋さんところのフリーゲーム喉の渇くその前に」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

対話を重ねて自分の凝り固まったものをほぐしていく、テキストの妙が光るノベルゲームです。 

 

 

 

「思いこみ」のテーマを貫き通すストーリー

ふりーむに登録されているゲームの紹介文、主人公の性格、舞台設定から小道具に至るまで、物語に関係するもの全てが「思いこみ」というテーマに繋がっています。

あとがきを読んだ時は、「これで処女作!?こんなにも凄い完成度で!?」と驚かされました。元々、他の媒体で文章とかシナリオとか書いてらしてたんでしょうか。自分の書きたいものをよほどきっちり設定していたんだろうなー、なんて。

具体的にどんな思いこみなのかについては、ここで書くとあまりにもったいないので実際プレイしてみてもらうとして。

相手の思い込みを解き解すのって実はものすごく難しいことだと思うんですよ。真っ正面から「違うよ!」って言ってもほとんどの場合跳ねのけられちゃう。だから自分で気づいてもらわないといけないのだけど、視野が狭いもんだからもう一苦労。そうです私です。ハハッ。

だというのに、このお話は二重三重の入れ子構造の形で少しずつ思いこみの鎖を解いてくれます。いやあ凄かった。読後の満足感がはんぱなかったです。

 

 

 

講師のように、乙女のように語る文章力

構成力に合わせてもう一つ語っておきたいのが文章力。これです。

自殺者の主人公というとこう、かなりくどくなるイメージが自分の中にあるのですが、この作品は思い悩みもしっかり描きつつ本筋に関係無いところはさらさらっと流してしまえていて、とても読みやすかったです。濃淡のある文章って書けばいいのかな、必要なところだけが頭の中に残っていくような感じでした。

時には読み応えのある単語選びで、時には切なさで胸を苦しくさせられるような心情描写で。特に序盤は淡々としているはずなのについ読む手が止められませんでした。

 

 

透き通る青が美しいグラフィック

スチルや立ち絵の綺麗さも目を見張るものがあります。登場人物が少ないのでグラフィックもシンプルかなと思いきや、さりげない表情や背景の小道具が変化し、決めどころでは美しいスチルがドドン。いやあ視覚面でも楽しめました。

そもそもタイトルロゴからしてお洒落ですよね。

 

 

 

 

とまあこんな感じで。

 

他にもこの作品における死後の世界観は非常に興味深いと思うのですが、ここはネタバレ回避のために追記にしまっておきますね。

 

セーブの設定が章ごとのようで、途中でセーブしても一部は再読することになってしまうのは少々難でしたが、こればかりはノベルソフトの問題だと思うので致し方なし。アイキャッチが入るタイミングだと思えばわかりやすいですしね!

 

 

 

余談ですが私、何よりこのゲームのフォルダ名が好きなんです。

どうしてこのフォルダ名なんだろうと思って、読後には「ああ、」と納得しました。こういうのもフリゲの魅力ですよね。

 

 

 

 

 

というわけで、自殺・中性的なボクっこ・納得の読後感、等々にピンとくる方は是非。

追記ではネタバレガンガンありの感想。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

 

 

 

 

 

ネタバレ注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ、もうね、読み終って、うおおおおおおおお!ってなりました! 込み上げるものを感じました!

あの短編の中にどれだけの仕掛けが施されていたのかと。

備忘録も兼ねて書いてしまいますが、

 

・嘘を見抜く

・性別

・先生との話

・彼女との話

・赤いキューブ

・テンゴク

 

思いつくだけでもこんなに! まさに目から鱗です。

 

初めは主人公だけが気付いて物語が進行していくだけだったのに、いつの間にか主人公を通してプレイヤーが驚かされるという。思いこみの種を埋め込むこの自然さにも驚かされましたし、それを突き崩す工程の丁寧さにも惚れ惚れしました。

 

 

まとまりがいい、って書いちゃうと本当これだけになっちゃうんですけど、本当完成度が凄いんですよ。それこそ数式みたいな綺麗さ。震えました。

 

 

 

あの子の持っているノートがエンドロールで出てくる、これがまた良いんですよ!

一生懸命掻き集めた知識が書きこまれているの、あの拙い湖のエピソードとかもう泣きそうでね。

精神的に傷つくようなエピソードも、鬱展開萌え的な意味ではグッとくるところもあり……いや辛くはあるんですが……好きです………。

 

 

 

何回も同じこと書いてしまいますが、とにかく読後の満足感がありました。

視界が開ける気持ち良さ。ありがとうございました!