うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「BRAVER」感想

「光が差し込めば大団円なのだ!」

レーザービームで吹っ飛んでしまいたい前置き。

 

 

えー、今回はひろさんところのフリーゲームBRAVER」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

公式サイトは閉鎖されているようですが、作者様の活動は続けられているようです。ジャンルはRPG、エンド分岐だけでなく会話分岐やストーリー分岐も多めの一作。

 

かなり昔の作品ではありますが、今でもあちこちで作品名を聞くのでプレイしてみた一作です。私にとっては合う点と合わなかった点がかなり顕著だったので、一部分では絶賛し、一部分では辛口で書いている感想文になります。心からこの作品の全てが好きという方は、そっと閉じてもらうほうが良いかもしれません。

 

と、物騒な前置きはさておいて感想をば。

 

 

 

 

良いなあと思った点

 

キャラがくるくる動くサイドビューバトル

 

バトルはFF形式です。リアルタイムバトル、でいいのかな? この手のバトルはタイムバーが溜まるまで暇になりがちですが、この作品はとにかくキャラがよく動くので、雑魚戦も楽しかったです。仲間全員にモーション有、かつそれぞれ動きが違うというのも凝ってますよねぇ。状態異常時、倒れたとき、魔法使用時、通常攻撃時等々、かなりバリエーションが豊富です。もうねー、見てるだけで愉しいって言うのは最強ですね!

しのの動きが一番好きかも。ふよふよ浮いてる感じと言い、くるっと回る攻撃モーションと言い、動き回ってくれるのが見ていて楽しかったです。あと睡眠時のひろのポーズもほほえましかったですねぇ。

また、バトルだけでなく顔グラの種類が豊富だったり、一部のイベントでの顔グラ配置がこう、おおっと驚かされる勢揃いぶりだったりしたのも印象的でした。

 

 

 

 

選ぶ主人公によって変わるシーン

 

美少女グループ“ウィアソリス”から主人公を1人、イケメングループ“アンダリューサイト”からお相手役を1人選んでストーリーを進行させていくのが主な流れです。そして、選べるからにはもちろん分岐があるということで――1周目では見れなかったシーンを主人公を変えて見るといった形で、群像劇的な楽しみ方もできます。

イベントスキップこそありませんが、選択肢が多く細かな違いがあるので自然と色んな組み合わせの周回プレイをやりたいと思わされました。

また、メインストーリーは共通部分が主ですが、メールイベントは4人とも異なります。返答パターンも多く、攻略キャラとのメールは話す内容自体が変わるので、セーブロードで回収するのがはかどりました。

「好きなタイプは?」の返信がどれも萌えるんですよね!わかっちゃいてもテンション上がります!

細かい会話分岐はメインキャラのみでなく、NPCにも実装されています。章ごとの区切りでNPCのセリフが変わり、中にはサブキャラなりの物語がひっそりと進行していたことが伺えるようなセリフもあって、さりげなく楽しかったです。

 

 

 

RPGのお約束ギミック

 

世界観こそヴァーチャル世界で、ウイルス等々の用語も含め(当時における)近未来SF風ですが、グラフィックや敵キャラはどれもファンタジー寄り。話の展開やキャラの反応もかなり身近に感じられるので、むしろ王道ほのぼのRPGをプレイしているような気分でした。小難しい単語が苦手な自分にとってはとっつきやすくてありがたかったです。

また、ツボの中のアイテム・属性別のダンジョン・町の人と話すと進行するミニイベントなど、RPGのお約束をしっかり踏襲していたのも良かったです。

 

 

 

合わなかった点

 

 

正義が理不尽なストーリー

 

ぼかして書くにせよ察しの良い方には以下ネタバレになるかもしれませんが……。

ラスボスがあまりに不憫じゃないですかね。先にキャラ別エンドを見たせいもあるかもしれませんが、仲間たちの台詞には「どの口が言ってんだ」と突っ込まずにはいられませんでした。

本当の意味での元凶達がきちんとあの場で謝ったり、一瞬でも後悔したりしてくれたらまだ納得いったんです。ギャグちっくに顔を見合わせてヤベッって反応をするとか、そのくらいでも良いので。それがまさかの開き直り。これであの二人への好感度がガクッと下がりました。それまでお気に入りだっただけに辛い。

十字路のお爺さんが漏らす情報や、ペット事件などを踏まえて、軽いミスリーディングが入っているあたりは良かったと思うんです。ただシリアス展開を入れて盛り上がらせたいのならなおさら、棚上げ展開は魅力がドン底落ちに感じられました。

しまいには序盤の展開も目につくようになってしまい、困っている人を置いてけぼりにしてキャッキャッと騒ぎ合うウィアソリスの面々が、集団になると気が強くなる典型的な苛めっ子グループにしか見えませんでした。つらい。

 

 

 

汎用セリフのみで少し物足りないイベント

 

先んじて書いておくと、会話分岐が多数あるのは本当に素晴らしいです。労力もかかったでしょうし、特に恋愛関係のイベントはニヤニヤさせられるものでもありました。

が、せっかくならあと一歩行って欲しかったというのが贅沢ながらも正直な気持ちです。

細かくは追記で書きますが、セリフや口調は変わらず顔グラのみが変わるポイントも多かったので、あまり一貫したキャラ感が味わえなかった印象でした。この辺り、せめて語尾や「だ」「なの」口調だけでもキャラごとに統一してもらえていたら萌えたのになあと思います。

重ねて書きますが会話分岐の存在自体は素晴らしかったです。

 

 

 

ある程度レベル上げすると打ち止めになるスキル

 

周回プレイや裏ダンジョンを考えると、かなり高レベルになることも想定されて作られているはずなんですが、一定のレベル以降はスキルを一切覚えなくなるのがキツかったです。

せめてリカバーⅣか全体復活技は欲しかった!

このせいで、パーティに入れたくても技の関係で入れれないキャラが増えてしまったのが残念です。また、リーク以外のアンダリューサイトメンバーたちがスキル無しなのも辛いところ。

回復アイテムも、低性能か高額全回復の両極端で、レベル上げをしないと進めないのにレベルを上げても顕著な成長が感じられないという寂しい事態になりました。残念。

 

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

気に入ったところと合わなかったところがありはしたものの、なんだかんだと言いながら4周するほどには思い入れもある一作でした。

 

ご都合ハッピー、ストーリー分岐や主人公交代、サブイベント的な恋愛要素、仲間多めのギャグなRPGが好きな方向け。

 

追記ではネタバレたっぷりの感想を書いてますので、気になった方はどうぞ。

 

 

 

 

 

 

以下、ネタバレ注意。

 

 

 

周回プレイ歴と感想

 

<1周目 リーク×ひろ>

相手をシンにしようかめちゃくちゃ悩んだんですが、シンの相手はみーこが良いなあと思ってリークさんを選んでみることに。

公式推しだったことと、リークさんが照れ屋でおちゃめなところもあるけど決めるときは決める敬語紳士だったこともあり、たいへん萌えました。好きなタイプの話といい、ハートマーク付きの選択肢を選んだ時の反応と言い、誠実でかわいくていざという時はかっこいい、素敵なキャラです。

ひろが元気キャラと見せかけて、自分でブレーキかける賢さもあるので、片方が落ちた時は片方が引っ張る良いペアになりそうだなあと妄想していました。

 

ストーリーとしてもひろがぐいぐい引っ張ってくれるし、主人公らしい性格をしていたのでなじみやすかったです。

 

 

 

<2周目 シン×みーこ>

ラスボス戦で、虐めを見て見ぬふりしていたみーこが自分を棚に上げてラスボスを責めていたのでなんだかシリアスな笑いが出てきました。こういうところで案外遠慮なく敵を罵倒したりするあたりに、本性は黒いんだろうなあと思わされて恐ろしい子です。

みーこはなんというか、本来ならいじめられっ子になるところだったけれど運よく発言力の強いグループに紛れられたので波風立てないよう地味な役に徹して自分の身だけを守るようなキャラ(もちろん実行犯にはならないので先生からは怒られないし同情されてかばってもらえる)、というようなイメージがあります。長いな。

 

初めは、無口×おとなしい天然さん、なカップリングだと可愛いなあと思ってお相手をシンさんにしていたのですが。

シンさんのほうは、過去が予想外で驚きましたねぇ。まさかインドア系だったとは思いもせず、昔は軍人で黙々と敵を倒して~みたいなのを想像してました。けっこうドライな反応が多いので、エンディング入ってからのギャップがまたかっこよかったです。ハートマーク選択肢を選んでみたんですが、てっきり照れられると思っていたのにキザに決めてくれて、惚れ直しました。

 

あとみーこ単体のイベントで注目したいのはファンクラブイベント。あの盛り上がりっぷりは楽しかったです。

 

 

<3周目 ジェド×みみ→ノーマルエンド>

明らかに公式から推されている流れを感じた!

のですが、この二人だからと言って極端にケンカップル化するわけではなく、むしろまったりラブラブな感じでびっくりしました。みみがジェドに敬語を使っていたのもちょっと面白かったり。

ジェドは個人的にもっとツンツンツンでも良かったんですが……。頼れる仲間がいるから好きに暴れられるけど一人だと案外落ち着いてるみたいな、そのギャップが良いみたいなキャラなのかも。

 

で、途中から汎用セリフがケンカップル想定と合わなかったので、急遽ノーマルエンド狙いに切り替え。ここでようやく、あのラスボス叩きを誰も咎めない理由がわかりました。オチにしたかったんですね……。お約束の死人復活も、まあハッピーエンドものだしなあということで理解はできます。

みんなでわいわい騒いでわきあいあいで終わる感じは、からっと明るく、この作品のらしさがよく出てる良い締めでした。

 

余談ですが、周回するとみみの決めた皆の肩書が次のプレイにも反映されてて面白かったです。

 

 

<4周目 ラティム×しの→裏ボスエンド>

さて、最後に悪役参謀ポジションということでこの二人のルートに行こうかなと思ったんですが、裏ボスを倒すと強制的におまけ部屋送りになりました。ありゃりゃ。

みみとしのの順番が逆だったら良かったかなあとも思いつつ、エンディングは見れたので良いとします。

ラティムは過去イベントよりもラスボス前の影が言うセリフのほうがキャラにハマってて好みだったかも。

ラティムはどうからかっても飄々と返してきそうですし、しのは舌戦で返してきそうなので、二人がペアになると誰も勝てないだろうなあと妄想してにやにやできました。目指せ悪の帝王!

 

 

 

裏ダンジョン感想

 

さて、裏ダンジョンについてもっと詳しく書き残しておくんですが。

このダンジョンにはけっこう批判的なので、これまた暗い感想多めです。遊ばせてもらっている分際で、な意見も書いているので、ご注意ください。以下は伏字にしますね。

 

正直な気持ちを書くと、「あんなに頑張るんじゃなかった!」というのが本音です。

もうネタバレ全開で書いてしまいますが、クリア特典のうちの片方、「ウェブ上のおまけページへ入る方法」のところがもう。

まず、当時なら嬉しかったのかもしれませんが公式サイトが消えてしまっているので意味がありません。でもサイトが閉鎖していたのは事前に知っていましたし、クリア特典っていわゆる“気持ちだけ”みたいなところがあると思うので、別に意味が無くたってよかったんです。

 

じゃあ何が引っかかるって、制作者からの一言がなんだか馬鹿にしているみたいですっごく腹が立って!

 

あれだけ強さをアピールしてこちらを煽って、さあ倒してみなさいよというメッセージにこちらが答えてみせたらあんなセリフって、なんだか酷くないですか。面倒って! 身内向けっていう言葉を言い訳にしたいならそもそも公開範囲が間違ってると思いますし。作者がプレイヤーへの対応を“面倒”だと言い切ってしまうのなら、こっちも真面目にプレイするんじゃなかったなあという気持ちです。一気に脱力しました。はぁ。

 

ぐちぐち書いてしまったので良かった点も書きますが、確かにダンジョンのギミックは面白かったんですよ。

パーティ切り替えシステムはアンダリュー+ウィアソリスの大所帯が全員まんべんなく使えて楽しかったですし、自キャラの影と戦うマップは次に誰と会えるのかわくわくしました。キャラの組み合わせによってはかなり強敵になることもあって、キャラ同士の相性の良さを考えるのもまた楽しかったです。探している仲間の居場所も、そのキャラらしくってなんだかにこにこしてしまいました。

 

だからこう、楽しかったところも確かにあったんですよ……。やり込み要素まで含めてプレイしようと思ったのもやっぱり1週目や途中までは楽しかったからで……。

 

でもあんまりプレイヤーに対する気持ちを求めてはいけないゲームだったみたいです。

少なくとも製作者さんのスタンスは「自分が楽しければいい」だったんだなあと思わされました。身内向けって明言されていた時点で察せれば良かった。勝手に期待した自分が悪かったです。

おまけ要素ってたとえ「クリアありがとう」の一言だけだったとしても、楽しかった気持ちが膨らむようなものだと思ってたんだけどなあ。

 

 

 

 

 

裏ダンジョン攻略覚書

 

裏ダンジョン突入時、パーティはだいたいレベル43~52くらい。クリア時はレベル50~60くらい。

 

<炎と氷のマップ>

 

途中でマップが切り替わるのでうかつに偽剣に属性をつけないように。2パーティで装備は共通なので装備を交換することはできますが、私はリークのみドラゴンソードで他三人は偽剣だったので、一名が素手になって苦労しました。

というかさあ属性をつけろと言わんばかりに設置しておいてこれは罠ではないですかね……作者の誘導を信用してはいけない……。

 

 

<仲間がバラバラになるマップ>

 

敵の強さは4人パーティの時を前提としている様子。敵の数は1~4でランダムなので、パーティ1人の時に敵4人と出会ったら死にます。なので仲間を集めきれていない間はセーブロードを繰り返して敵2人以下の時のみ戦闘。2人以下でも敵にみみorみーこが出た場合は(敵の回復量)>(こちらの火力)となってしまい泥仕合の結果負けるのが目に見えていたのでリセットしてました。

左ルートにひろ、右ルートにみみ・リークがいましたが、このキャラ配置は固定なんでしょうかね。キャラのセリフがそれらしくてほのぼのしたので、固定だと嬉しいです。シンさんの居場所が好きでした。

 

 

<裏ラスボス>

 

メンバーは、しの・ラティム・ひろ・リーク。

全体回復・復活・火力を求めた結果。ひろが延々クイックムーブして、リークが全体回復、ラティムとしのが回復補佐時々攻撃。

みみはHPが低すぎてすぐ倒れるためヒーラーとしては向かず、みーこは全体回復と復活技がないため除外。シン・ジェド・ラティムは誰でもよかったんですが、復活させる手番が惜しかったので一番HPの高いラティムを起用。

きちんと回復魔法を使ってさえいれば案外楽に倒せました。

 

むしろ、ひとつ前の仲間探しの時の、物理タイプな敵のほうが強かった気がします。あのランプの魔人みたいな……通常攻撃で800くらい削ってくるやつ……。3人回復1人攻撃で長期戦で粘り勝ちしました。

 

 

引っかかったのはこのくらいかな。

しのがお気に入りだったので最後に回そうと思ってたんですが、引継ぎ系のことを考えると彼女を真っ先にプレイするべきだったかなあとしょんぼりしました。