うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「金リカ2」感想

「元を生かしてこそのアレンジ料理」

暗黒料理は冒涜的な前置き。

 

 

えー、今回はVIPRPG紅白(イグサ様)のフリーゲーム金リカ2」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

正式名称、というかタイトル画面の作品名は「金髪リカバーちゃんがダンジョンに潜るゲーム2~はい設の物語~」。2と書かれていますが実質1のリメイク作のため単品で遊べるとのこと。

実際私はこの作品から入ったんですが、目立つ前作ネタも無くすんなりと最後まで楽しめました。

 

まず前提として、VIPRPGのため独特のノリと効果音が多いこと。もしもシリーズや魔法具現化の設定にも触れているため、ある程度VIPRPGを遊んでキャラの設定を知っておいてからのほうが楽しめるかと思われます。

 

さらにもう一つ、最重要な前提としてこの作品には元ネタがあります

フリゲ好きなら一度は名前を聞くであろう名作、『Ruina ~廃都の物語~』です。

こちらもある程度、中盤くらいまで進めておくと味わい深くなる――というよりもどうしても構造上原作のネタバレを含んでしまうので、未プレイで金リカが気になってる方はこれを機に遊んでみることをおススメしたいです。

 

 

 

と、紹介が長くなりましたが、以下良かった点など。

軽いネタバレもありますので察しの良い方は注意。

また、Ruinaのほうのネタバレも一部含まれますのでご注意ください。

 

 

 

これでもかと仕込んである原作リスペクト

 

かくいう私はVIP版Ruinaと聞いたからこそDLしたクチなのですが。

基本システムのみでなく、ボスの攻略方法やダンジョンの小ネタなど、あちこちに原作リスペクトが感じられ、まさに愛がなければ作れないであろう一作でした! 

起動してダンジョン潜って、BGMでまずもうにやけますもんね。夜種王等のインパクトあるネタのみでなく、細かい探索ポイントやのっぺりと動くカーソルの速度、料理・生存術のコスパの良さなどあちこちに原作らしさが伺えて、「分かる人にはわかる」ファンならではの楽しさがありました。

 

 

分岐する世界とオリジナルな味付け

 

さて、上記のように原作愛が多々感じられる一方で、リスペクト元へおんぶにだっこではないところもこの作品の良いところです。

原作おなじみの流れが続く中、中盤になると少し雰囲気が変わります。一部の要素には既視感があるけれど、おや?という感じ。そこからどんどんお話は「Ruina」ワールドではなく「リカバーⅠ」のワールドへ移っていくわけです。この切り替え方が自然で良かったですねぇ。さらにはこうして原作から分岐してしまうことで、元のネタバレも防止できるという。まさに一石二鳥ってやつです。

オリジナルストーリーの部分は特にボス戦前の勢いと戦闘前口上が熱くて、こちらも負けじと片手を握りしめながら全滅しました。楽しかったです。

 

本筋以外のところで言うと、ダンジョンやボスの攻略で一部、オリジナリティある味付けをされている展開があって、ここも思わず舌を巻きました。

例えば序盤なんで書いてしまいますが、魔将ナムリスの攻略。言われてみるとそりゃそうだなんですが、バトルが始まるまではまったく思い当たらなかったので、「ああー!なるほど!!」とつい声に出してしまいました。

みているよネタや暗号文がVIPな変換されてるのもくすっときます。

特にラストのマップが幻想的で、それまでの雰囲気にしっくり噛み合っているのもグッド。

 

TTEXPや休息ポイントがけっこうゆるめに設定されていたり、やろうと思えば中盤でSP全回収出来たりと、難易度が本家と比べてやや易し目なのでとっつきやすいのもありがたかったです。序盤の厳しさは通過儀礼

 

 

 

豊富なキャラと会話分岐の多さ

 

原作でも会話分岐はかなり細かくありましたが、こちらも負けず劣らずな設定ぶりです。

終盤で街の人の会話やパーティの話が変わるのも好印象。さすがにSHIFT会話はないものの、ダンジョン内の探索セリフも種類が豊富で、キャラ選択をする探索ポイントではついわくわくしてしまいました。「ほめてほめて!」がかわいすぎる。

キャラによっては意外な解法をやってのける子もいて、キャラ萌えの面でも楽しめたように思います。

 

 

 

惜しいところ

 

一方、難点としては仲間加入に関するバグ関係でしょうか。

  • 具現化錬成のサポートキャラが死ぬと再召喚できなくなる
  • 町に帰ってきて酒場に行かず再びダンジョンへ潜ると、戦闘やメニューは仲間がいるが探索ポイントでリカバーⅠだけの判定になってしまう

一度パーティを解散すればいいだけの話なので軽微ではありますが、惜しかった点です。

 

あと、上位職の証が2つしか手に入らなかったのは仕様なのかな? SP余っちゃったのでどーんと使いたかったところでした。

 

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

 

Ruinaが好きな方、探索重視のダンジョン探索ゲーが好きな方向けの一作でした。

 

追記ではガッツリネタバレ込みの感想など。

 

 

 

 

 

ネタバレあり

 

 

 

 

<ストーリー>

 

一応いくつかVIPRPGで遊んではきましたが、メインキャラで知っているのはそれこそクレアスとエロリアとサモンくらい。ほとんどが知らないキャラだったので楽しめるかどうか不安でしたが、むしろあまりなじみがなかったからこそラスボスの台詞が刺さったので、結果オーライでした。

 

終盤がやや駆け足ではありましたが、ボスに辿り着くまでの展開は熱かったですし、本家と比べてとっつきやすい長さだったのも自分に合っていて良かったです。

ラストについて、せっかくなら後日談を見たい気持ちもありました。が、もしも設定から解き放たれた彼らはプレイヤーの視界さえも逃れていったのかなと思うと、納得のいく終わり方でもあったり。

 

好きなのはやみっち戦、もといダークネス戦ですね! 苦戦して印象に残ったというのもありますが、何より彼女の戦闘前口上が大好きなんです。BGMチョイスもめちゃかっこいい! あまりの美しさにほれぼれでした……。

 

 

 

<キャラクター・パーティ>

 

料理カバーの響きの良さに惹かれてプレイを開始。

回復特化キャラのしょっぱさや、物理特化キャラの多さを考えると料理カバーがぴったりだったんだろうなーと思います。

 

序盤はクレアス・サモンで進んでいたんですが、小鬼フィーバーのところで火力不足からの即死が多く編成をチェンジ。性格が可愛かったクロちゃんを入れてみるといやもう楽々で鬼神の如くでした。

クロちゃんは性格面も完全な太陽タイプで、鬱になりがちな受けをぐいぐい引っ張っていくスーパー攻め攻めピュア百合っこって感じがまた萌えます。かわいい。

 

サモンが両手に花状態でしたがどちらかというと保護者って感じが強かったです。

リカバーもクロちゃんも「???」って感じのところをさっそうと解き明かしてくれるこの感じ。世に厭いてる公務員がおいしいところかっさらっていくのってずるいですよね。かっこいいぞこのやろう。悔しいな。好きです。

そんなわけで探索能力も良い感じにばらけていたのでかなりさくさくでした。

 

 

 

<戦闘>

 

戦闘ではリカバーⅠがガードリカバーを覚えてくれたので自然と回復役として立ち回り、サモンが焼いてクロが殴る。パワーシェアのおかげでサモンがMP切れしても殴れるのがありがたかったです。

 

苦労したのは毒将戦かな? 全体状態異常回復技が一つも無かったので、いやあ死にまくりました。毒と出血と炎上をばらまいて勝てましたが、運の良さもあるように思います。

次のダークネス戦もそこそこきつかったので、最後の将にあっさり勝てて驚かされるなど。

以降はひたすらクロとサモンとで突き進み、ラスボスまで固定。

 

で、ラスボスに来てとうとう詰まりました。サモンがガードしてても一発で落ちるんだもの! 本家の通りではあるんですが定期ターンで精神↑がくるので、サモンの火力も落ちてしまったのが敗因だったのかなあと思います。

好みによりクレアスを導入したらまさかの回復役として大活躍、ついでに好みによりエロリアおねえさんを入れたら状態回復技が見事にラスボスの技に噛み合って、ようやく勝利。試行回数7回くらいでした。よくやった。

パワーシェア・ガンガンいこうぜ・闘気・セイントブレスで攻撃力MAXにしてぶんなぐると火力が本当にすさまじくて興奮しました。

 

 

 

<ゴメス>

 

夜種G(檻)

 

装備付でも戦いが挑めたのでてっきり自動で装備全外しかと思っていたんですが、そうじゃなくて装備付だとほぼ無敵化。それに気づかず「レベル足りないのかなー」と思いながら突き進み、偶然にも即死技が効いたので「絡め手で倒せってことだったのか!」と納得して終えました。違う。

 

掲示板を見てようやく、手動ですっぴん状態にしなければならないと気づくなど。そりゃそうだ。元々そうだった。金リカちゃんののーてんきさが移ってしまったようです。

 

 

 

夜種G(海)

 

見れた範囲だと、

 

勝利:クレアス、エロリア、マナ

敗北:クロ、サモン、ユル、アゼクラ、クトネ

 

無駄に会話分岐を回収してしまいました。

楽しかった。凝った分岐に感謝。

 

まさかマナが勝てるとは思ってなかったので意外でした。そしてユルが負けるとも思ってなかったので意外でした。これが経験値の差か……!

安定と信頼のクレアスが大好きです。あの会話の無駄な熱い勢いも大好きです。

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

 

気づけば最後までプレイしてしまう、熱のこもった良作でした!