うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリゲサイト「Sumica.」作品感想

「熱い愛とピンポイントで需要を突き刺す心意気」

それこそフリゲの醍醐味だと思う前置き。

 

 

えー、今回はSumica.さんところのフリーゲームPygmalionピグマリオン)」「少年アイスガチャ」「メイドインエデン」「Tormentor」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

この記事を書いている現在、DL元のふりーむリンクが軒並み消えてしまっていたので、もしかすると再入手不可能かもしれません。ご了承ください。

 

 

特定作品のみ見たい方は下の目次からタイトルクリックでどうぞ。

 

 

 

 

Pygmalionピグマリオン)』

 

[概要]

人形に恋する少年と、少年に恋した人形みたいな女の人のお話。選択肢エンド分岐ありノベルゲーム。

 

 

[感想]

 

まず良かったのはグラフィック面のクラシカルでお洒落な雰囲気です。

金細工のようなメッセージフレームに、独特のオシャレなフォント、綺麗なドレスの登場人物二人、落ち着いた色調の背景などなど。パッと見の雰囲気で伝わる統一感があるのはやっぱり良いですよねぇ。

 

また、ヒロインの義足設定や押せ押せグイグイ大好きオーラもとっても好みでした。ヤンデレですが、鬱度は低く純粋に好きだからこその健気さが見えるので、優しいメリバに近い雰囲気です。

 

あとがきにあった人形も良い敬語キャラでしたし、好きな子以外には辛辣なリデルだからこそ光るキャラだと思うので攻略対象だったらどうだったのかなー、とも思いつつ。コンパクトにまとまって、プレイしやすい一作でした。

 

 

[一言]

人形愛、ヤンデレ、うっすら仄暗いお話などにピンとくる方向け。

 

 

 

 

『少年アイスガチャ』

 

[概要]

クリックで冷蔵庫から氷を増やして、アイス擬人化の少年を引くガチャゲー。ミニノベルも有り。

 

 

[良かった点]

 

斬新なガチャゲーシステムにまず拍手。ホームに好きなキャラが置けたり、タップで喋ってくれたり、カード収集が目的の作業ゲーだったり、まさにソシャゲなプレイ感が楽しかったですねぇ。

コレクション系やレベリング等々の黙々とした作業がかなり好きな自分なので、ながらでちょこちょこできるこのシステムは実に合いました。

 

キャラごとのホーム一言コメントパターンが多く、立ち絵の表情変化がきっちり搭載されているのも嬉しいところ。また、背景画像変更に服屋さんやご飯屋さんや牢屋があるなど、ちょっとした気分転換になる要素があるのも良点でした。

 

キャラの個性も王道イロモノ様々。プレーンでほのぼのなショタからビビッドな色合いの電波君、大人の魅力な青年に女の子寄りの子まで多種多様です。いくつかのショートストーリーで個性が伝わってくるのもガチャゲらしいし、しっかり糖度が高めなのもアイスならではでした。全年齢を熱く戒めているけど某アイスの関係でR-12くらいにはなりそう。

 

 

[プレイログ]

 

プレイ前に気になってた子:チョコ・クッキー&クリーム

初めてのアイス:レアチーズケーキ

初めてのSR:パンプキン

初めてのR・SRコンプ:パンプキン・ハニーレモン

最後のコンプ:チョコ

でした。なぜかパンプキンに好かれている! そしてチョコは最後まで焦らしてくる! もう!

見た目で好きな子は勿論のこと、ストーリーやセリフを見てみると好きになってくる子もいて、コンプ欲が高まりました。

最終的に好きなのは、チョコとチェリーです。チョコに(ちょっと危ない勢いで)守り守られしてほしいし、チェリーはいつまでもかっこよくはないチェリーでいて欲しいです。好きだよ!

 

 

[惜しかった点]

 

欲を言えば、というところにはなるのですが、ダブった場合に本当に何もないのがちょっと惜しかったので、引いた回数も図鑑で見られたりすると嬉しかったなあと思います。あとは冷蔵庫クリックで得られる氷は二倍でも良かったかなと。

といってもノベルソフトでこのシステムをやってること自体、既に技術的にものすごいと思うので、望みすぎな気もします。

あとは立ち絵・背景の選択バグ?がちょこちょこあるくらい。でも進行に支障はないのでご安心。

 

 

[一言]

アイスフレーバー擬人化、キャラガチャゲー、おねショタおね等にピンとくる方向け。

 

 

 

『メイドインエデン』

 

[概要]

変態メイドさんを操作して、金髪おぼっちゃまのお部屋を掃除するゲー。

 

[感想]

いやあ、見事にショタへの肉欲が感じられるフェチゲーでしたね。

本来ならショタのほうに萌えるべきなんだと思うんですが、メイドさんの残念具合のほうにときめいてしまいました。キリリとした釣り目でぱっと見人を寄せ付けそうにない感じが、すごく良いんです。内面も含めて。

お掃除ポイントは多少逃してもエンドに辿り着けるゆるい仕様ですが、薔薇や窓など見逃しがちなところもしっかり反応してくれるので、オブジェクトは全部調べてみると良いかも。探索ゲーですしね!

ED6の飲み干しエンドは笑いました。

 

[一言]

好きな子のリコーダーを舐めがちなあなたに。

 

 

 

『Tormentor』

 

[概要]

グロと鬱だぞ万歳! な おねリョナRPG

以下の感想もグロ満点なので苦手な人注意。

 

[感想]

ダメージ具合によってきちんと立ち絵が変わったり、負けイベントでリョナが楽しめたり、DMMシェアウェアでよく見かける感じのエログロRPGでした。相手がショタオンリーというのもニッチな需要を掴めて良さげ。

私はなぜか臍姦や腹裂きなどの腹部位攻撃は苦手なんですが、代わりにリョナだと一番見れる眼姦があったので評価はプラスマイナス飛んでプラスでした。いいよね。水音あったりカットインで男側の顔が見れたりするのも、しっかり乙女の需要を満たしつつリョナしててグッド。

装備さえ手に入れればレベル上げも不要でさくさくエンドまで行けるので、抜き用のお手軽さで楽しめました。

 

[一言]

容赦ないグロと鬱が見たい方向け。

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

闇の深さを見せてくれたり、性癖に忠実だったりと、好きがあふれる作品群だったように思います。ショタおね好きにはきっとたまらないラインナップの数々でした。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

shiki3.hatenablog.com