うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「エンチャントファーム」プレイログ

「明日から君も素敵な魔王様!」

世界に征服される側ではあるけれどもな前置き。

 

 

えー、今回はVIPRPG紅白2014(生糸氏)のフリーゲームエンチャントファーム」の感想をつらつら書きますね。一部プレイ日記っぽいかも。

 

普段ならゲームの特徴を挙げて感想を述べていく本ブログですが。

このゲームはかなり有名&人によってプレイングが変わるゲームだと思うので、せっかくなら備忘録的に私のりばりちゃんの思い出を語ろうと思います。 

 

 

ざっくりと時系列はこちら。

 

 

要はプレイログなのでネタバレバンバン書きます。未プレイの方は注意!

あと、俺様のスーパープレイや戦略を語るぜって感じのノリではなく、キャラ可愛いねマップえげつないねキャッキャッって盛り上がってるノリです。

 

なお未プレイの方へお伝えしておくと、ボスラッシュ好きや戦闘狂は勿論のこと、鬱展開やえげつない設定が好きな人にもオススメしたい作品でした!

 

 

以下はネタバレ注意。

 

 

 

 

 

 

主人公選択

 

必読にはやみいち推奨とあり、ツイッターのフォロワーさんがやみいちでプレイしていたのもあって、自分はあえて別の子にしようと決めていました。せっかくだから身近で選んでないっぽい子を選びたいなあという気持ち……。

元々好きなのはりばり、らいち辺りなので、その辺がいたら使おうと思いつつ吟味。

  • バースティ・ストニア・ウィンディ→難しそう
  • キバリ→見た目好きだけど説明文が不穏
  • りばり・わてり→かわいいね
  • フレイチ→脳汁出るタイプのバトルができて絶対楽しい but 時間かかりそう

結局りばりになりました。

 

決め手は「何を防ぐバリアなのかピンとこない」のふわっふわ感です。いいぜ、俺が見極めてやるよ。何よりかわいいやん? 全てです。

 

クリア後に改めて思うとこのシーンでテレポ妖精さんがカーソル代わりになってるのすごく伏線ですよね。

 

 

 

序盤(挫折を感じるまで)

 

前提として、私はかなりもったいない症候群のチキン野郎でキャラ厨です。さあもうお察し頂けるだろう、この私の性質って本作品とかなり噛み合わないんですよ。

長く続く一人旅、敵は皆強くてどこにでも行けるけどどこにも行けない感じ、まずマップが広くて迷う迷う。Soulも合成もそれどころか魔法もまったく使わずに進みまくっていたので、いやあとにかくバトルが遅々として進まないのなんの。

とりあえず海賊の洞窟や難破船辺りまではふらついたんですが、早くもここらへんで力不足を感じました。私は情報の取捨選択が苦手。要は、指標が欲しい! 

 

テレレッテレ~攻略wiki~~~!

 

有志の皆さま本当にありがとうございます。

しかもパッチを当て損ねていたことに気付くなど。

とりあえず目標は仲間を四人にすることだ!

 

 

 

中央街道まで

 

わてりに会いに行くも、やっぱり及び腰で合成ができないチキン私。

つまりヒントがあっても妖木の杖を作らないまま、二人でロングソードを振りながら麻呂に会いに行きました。蟹早すぎて泣いた。

ここまでは出会う敵シンボルをなるべく倒しながら進んでいたんですが、お屋敷の中に入って急に攻撃が通らなくなりました。鋼属性だからね仕方ないね。

そんなわけで敵シンボルとの追いかけっこを潜り抜けてやってくるのが「もはや麻呂は麻呂ではなく朕」。好きすぎるんだよなあ! どうやったかは忘れましたがきっとゴリ押しでなんとかしました。

 

ふれいちが加入してからはもう楽なこと楽なこと! しかも、難破船へ行く途中でEXスキル再構成を覚えてくれたんですよ。いやこれ、プレイ済みの方なら通じるはずですが、最強ですよね? 鬼に金棒ですよね!? この早さで。

しかしこの時点の私はこの幸運に気づかず、ふれいちは起き上がりこぼしのような子だなと思うのでありました―――

 

この辺りでようやく戦闘後に回復する、というか、+SPの意味やら割合やらを理解し、躊躇いなくフレイムⅠをぶっ放せるようになりました。

そのまま難破船を踏破して囚われのゴメスを救出。

檻には幼女がいて然るべきなのでは? おかしいな。

 

勢いでウィンディ加入。クリア後の今ならなんとなーく運用の仕方がわからなくもないんだけど、当時は起こしても起こしても倒れるので寝たまま連れ歩いていました。

そのまま中央街道を駆け抜け。紫敵は倒せないので右方向は諦め。炎属性無双。

 

 

 

緑の集落~

 

街なのに……敵がいる……だと!?

緑の集落は安全地帯と敵地帯が交互になっている感じがとても新鮮でした。

ショップと出会ったついでにメニューを色々確認したりアイテム欄を整理したり色々。そしてここでようやく、戦闘スピード上げの設定を発見です。

そりゃデフォルトで最速ですよ! おかげで一気にテンポがよくなって、走り抜けるのが楽しいのなんのって。やっとここでバトルの中毒性に気付きましたね! 最速でも十分読めるスピードなのが嬉しい。

 

そして、そう、運命の出会いです。

スピブレちゃん。スピブレちゃん。スピブレちゃん!!!

僕らのアイドルスピブレちゃん!!!

うおおおおおおお!ファン入会!?します!他のアイドルを倒せ!?倒します!僕のアイドルは君だけだよスピブレちゃん!愛してるよ!!!!!

 

話を聞いてたのに聞いてなくて、スピカといえば墓場だろと思い直行。即死。引き返す。

この後中央街道まで引き返して色々探索したけど、初期ソウルだとかなり頭打ちになってきてとにかく死ぬ。死ぬ。死ぬ。

というわけで改めてちゃんと色んな要素と向き合うことに。

 

①ソウルを38まで上げる

とりあえず種族値?に沿ってりばりの丈夫さをアップ → BAD

ふれいちのまほうをアップ → GOOD

わてりのちからをアップ → 結果としてはGOOD

 

②合成で妖木の杖を作成

これでようやくりばりがアタッカーになれる、と、信じている時が私にもありました。

 

③ウィンディに変わる仲間を集めに行く

彼女はまだ俺には早い。ウィンディが悪いんじゃない、俺の手腕が悪い。待っていてくれ、君を使いこなせる日がくるまで……。

後日エレメンタルナイフと化すのですがそこはさておき。

 

 

 

雪の集落~

 

強くなったおかげで中央街道を進めるようになったので、雪の集落に辿り着き、さっそくパスタさんと出会いました。やられました。くっ……。

 

そういえば南の海辺の蟹を倒していなかったことを思い出し、さらに引き返して探索。隠し通路も発見。マップの途切れ目、オレでなけりゃ見逃しちゃうね。

そんなわけでソウルをいっぱい集めて、45レベくらいにして、現段階での取りこぼしはないか改めてwikiを確認。

 

 

ここでスピブレちゃんの加入条件を勘違いしていたことに気付きました。

スピカとパスタを倒してもスピブレちゃんは僕のものにならない!もらえるのは魔法石だけ!そんな!?スピブレちゃんがモチベだったのに!待てないよ!早漏なので!!

 

倒しに行きました。ふれいちのおかげで勝てました。本当に万能で役立つこだなあ君は。

 

そういうわけで合法的にアイドルをゲット。

やったー。

やったー!!!!!!

うおおおおおおおスピブレえええええええええあああいいやっはあああああ!!!!!

センター希望らしいので前衛へ。ロングソード振ってたけどうっかり倒れてしまうので慌てて盾装備させてガード役へ。

そして気づく。

スピブレちゃんがガード役ならりばりは本格的に何を防ぐバリアになればいいんだ………?

……とりあえず思考停止してパスタさんを殴りに行きました。

 

 

 

小人の炭鉱~

 

確かここらへんで、瓶を使ってもSoul倍率は下がらないことに気付きました。しかもバトル中も瓶が使えることを知りました。なるほどなあ(遅)! いや、スピブレちゃんが聖者の盾持ってガードしてるだけでわりと全体的になんとかなるんですよね……。わてりもりばりも経戦能力が高いんだろうなと。

それまでは瓶を割って水晶の欠片にしたいとか言ってました。絶対後悔するやつ。

 

なんかいい感じにふらふら探索。

詰まったのはシャーマンですね! 盲目&ヒールを許さないぞ。りばりがまだアロマ覚えてなくて、ディスペルハーブ使ってもすぐに盲目になるから諦めて殴り続けてました。スクショ見たら61ターンかかってました。ようやったなあ。まだロングソード振ってた頃だったからダメージソースがわてりだけだった気がする。

 

炭鉱は隠し通路がありまくって楽しいですね。とても迷子。

先にここへ着いてたらスピカさん推しになってたんだろうなーってくらいShijaの語るエピソードが可愛かったです。おもむろに椅子を用意して座って歌うアイドル。応援した過ぎる。

バトル自体はパスタさんもスピカさんも苦労せず倒せました。属性相性が良かったんだなきっと。

 

だいたいこの辺りで、パーティメンバー一人のSoulレベルが65くらい。仲間は7人。

 

 

 

ドワーフ製鉄所・ターマイトの巣

 

「鍵あげるね! 二か所使うところがあるから間違えないでね! (意訳)」

詰む可能性があるってことかなと怯えてしまったので、いったん後回し。

ストーンも楽しそうにお勉強してたのでまあいいかなって。内気そうで真面目そうでお勉強熱心、よきよき。

 

ターマイトの巣の閉塞的で不気味な感じ、最高じゃないですか?

BGMがここだけノイズ音で、シンボル敵も動かずじっと潜んでる感じがすごく雰囲気出てるんですよね。私は虫が苦手なので精神が良い具合に削れていきました。興奮する。

ターマイトは槍もってけ槍、ってめっちゃ言われたけど、わてりにかぎ爪で強行した覚えがあります。りばりもふれいちも魔法型にしてたのでわりとなんとかなりました。

 

この辺りから攻撃が全然当たらなくなって、ようやく皆の育成計画を見直し。

特にりばりは愚直に種族値通りまほうと丈夫さを上げてたんですが、スピブレちゃんをセンターに置くなら別に丈夫さはそこまでいらない、というか火力が足りないんですよね! 攻撃が当たらないから!

なので皆のすばやさを底上げ。したらかなりサクサクになりました。 

ターマイトの巣が行き止まりだったので舞い戻って、さてどこへ行けばいいのやら。とりあえず今まで行ったところを見直すことに。

 

 

 

大監獄

 

そういえばここ、鍵持ってなくてスルーして忘れてたんですよね!

というわけでうろうろ。バースティ発見わあい。鍵がなかったので無理やり水晶で作ってお邪魔します。

……シンナー決めてた!

さくっとボコって仲間にイン。芸術家は作品だけでなく人柄も案外求められてしまうという闇を理解している姿勢、正直めっちゃ好き。

 

奥の方にもバースティの知り合いみたいな子がいました。血でイラストを描くタイプのメンヘラー。幸いこっちは察知されないみたいだったので、うまいこと回り込んでアイテムを、

取ろうとしたら猛スピードで追いかけられてギャン泣きしたんですよねぇ!!

しかも容赦ない即死攻撃。おのれサイコアーティスト……敵グラめっちゃ良いな……。

 

YAMIの領域もちょっと危ないよって妖精さんが言ってたので後回し。

カレー屋さんで割込みしてカレーの女王様をゲット。女王様戦の直後にキバリアンが襲い掛かってきて死ぬかと思いました。意図せぬ連戦よ。

 

 

 

狩猟者の森

 

あっここ絶対来るの早すぎたな、と思うくらいには力の差を感じた領域。

竜属性強すぎんよ~。確かいっぱい出ましたよね。幸い敵の追尾はそこまでしつこくなかったので、青シンボルだろうがとにかく避けて逃げて、せめてテレポ地点を解放してから別の場所へ行こうと

兎―――――!!! そこの超スピードで突貫してくるどえらい面したウサギーーー!!! 追突事故もびっくりだぞ!! 声上げて飛びのきました!

 

 

 

荒廃した集落

 

わあい血わてり。逆さ読み電波血わてり大好き。

解読してググったところ「マルコによる福音書21節」が該当するみたいですね。裏切りの罪悪感を抱えていきていくのは裏切者も辛いよね~みたいな意味かな。テレポ妖精さんのことだろうなあ。

この血わてりは何でしょうかね? 水煮と水産がフォーム化してる辺り、このゲームで仲間として加入するウォーターはウォーター(合体)(君のような勘の良いガキは嫌いだよ)であり、ウォーターⅠの実験の残骸が血わてりなのかなーと解釈したらえげつなくて興奮しました。

 

とりあえず倒すのはきつそうだったのでそのまま取り付いてもらうことに。

……まあ、私のパーティ編成は魔法攻撃特化に近いので、結論血わてりよりセカンドフォームわてりのほうが合ったんですが、使いたかったんだからいいよね!

 

 

 

HIKARI関係

 

ここで

ここでこの作品を何が何でも絶対隠し要素まで含めてクリアしようと決めました。

いやだって大好きなんですよああいう思考実験・聖なる地獄・ディストピア世界!!! 

 

ここまで黙々とボスを倒していくゲームだったこともあり、こういうドギツイ設定を見せつけてくる展開が起こるとは思ってなかったんですよ、それなのにピンポイントに性癖を抉る世界がバアーンと広がってきて、そんなのもう好きですよ。

なんていうんだろうナッシュ均衡? ちょっと違う? 団結させずにむしろ対抗心を煽ることで矛先を管理者から互いの蹴落とし合いに持って行く思考がとても賢く性悪で素晴らしかったです。

ここの領域の人達ってあんまり「信じる」って言葉使ってないんですよね。確か。領域の人達にとってこれは宗教ではなく常識であり疑う余地がないのでそもそも「信じる」などという言葉は当てはまらない……うまいなあ……。

 

あと何よりライチの前口上が一番好きーーーーー!!!

この作品で一番好きなシーンです。「ご本にも書いてあるし事実」「いいね?」大好き。「実験室のフラスコ」という言い回しが出てくるところにもう感動すら覚えます。「収まるものではないね?」の言い方も好き。なんかもうとにかく全部好き。全部スクショした。

主人公がりばりだったので、「男の人がいないと赤ちゃんができない」という事実をりばりが知っているというところにとても興奮しました。ありがとう。

 

きちんとドラム缶を押せるところとかもすごく良いですよね……。向き合ってベッドに乗ってるMOUJAとかも実にコウノトリで良いと思います。

BGMも好き。荘厳。

HIKARIの収容所の人達はMOUJA化しても外に出ずに牢の中で変わらず同じ行いを繰り返してるの、すごく好きです。剥奪された思考能力は戻らないし自由を掴みに行く気力は消えた……。

 

……からの。

領域と離宮のボスの落差がいいですよね。

スタメンに入れてないライチを試しに入れてみたところ、特殊会話が起こってびっくりしました。マナーを守る良い子だったばかりに! 好き。

 

 

 

YAMIの領域・ドワーフの精錬所・狩猟者の森・奇妙な屋敷

 

わあいホワイト企業。闇なのにホワイトとはなんという皮肉。

放置したら大人やみっちに会えるよ! とwikiにあったので意気揚々と下し薬を売り飛ばしてきました。この領域はかなり迷子になった覚えがあります。方向音痴なので、A通路とB通路が繋がってどっちからでもC通路へいける、みたいなマップだと今自分がどこにいるのかわからなくなっちゃうんですよね。へへへ。

Wikiの力も借りつつ色々探索。封印の鍵は大事だよーって確か妖精さんが言っていたので、後回しにして今まで無視してきたところを再度探索へ。

 

で、クエイク先生を殴り飛ばしに行ったんですが、ストーンとの交代強かったですねぇ。ふれいちの大火力で圧しきれたとはいえ、どえらい時間がかかりました。わてりがセカンドわてりに成れてたらもっと早かったかなあ。

なぜかMOUJA化するのは信者だけだと思っていたので、ドワーフたちもMOUJA化して驚きました。いや、よく考えれば先生に従って啓蒙を高めていくのも信者といえば信者か……うまいな……。

 

で、今度はエルフの森へ。

おらおら村焼きじゃあと勢い込んだはいいものの意外と火属性はあまり通りませんでした。

すぱーくきゅんにはキバリ。常識だね。まったく育ててなかったんですがSOUL70くらいでも余裕の勝利で頼もしかったです。スパークもRANK3じゃなかったら、あるいは加入がもっと早くにできたらスタメンにしたんだろうけど、見送り。

ついでにキーボードを回しながらコンフューズ撃破。あのギミック大変だよね。

 

 

 

~終盤

 

ここら辺で、ブラインドと斜視子がおまけ加入キャラだということを知り、1周目は早々にクリアを目指そうということで方向転換。やり込み要素や隠しボス撃破は2周目マジキチで行うことが決定しました。だって二強で好きなキャラなので!

というわけでかなり色んな要素を無視してだだだーっと進めたので、詰まったところだけ。

 

まずはダークナイト。あの丸呑み属性の奴です。

スピブレちゃんが延々と呑まれました。あれすごく難しかったです……! ふれいちとリバリがいたのでなんとか魔法攻撃で殴り勝てたんですが、耐久型のパーティならかなり難しかっただろうなあと思います。こういうトリッキーな敵ってかなりてこずる。

 

続いて騎士の棺にいた毒姫様。

ここでようやく盾の属性の重要さを知りました!

……遅くない? 遅くない!?

いやあ、今まではスピブレちゃんがセンターで聖者の小盾構えながらライブしてたらうまいことなんとかなってたし、ふれいちが起き上がりこぼしだったのであんまり苦労しなかったんですよね。ははは。

いやはや私のプレイングって偏ってるんですよ。りばりとスピブレちゃんがまず先天属性の関係で毒に弱いし、愛用してた聖者の小盾やまほうアップ能力付きの盾はほとんど雷なのでクエイクを受けると全員倒れるという。

何度か死に続けてようやく盾を見直したら一発でした。エンチャント、大事。

 

 

 

エンディング

 

色々悩んだけど、結局同じデータで先にエンド二つを見ちゃいました。だってりばりの話し方が大好きだから!

りばりちゃん主人公だと、奥に進めば進むほど殺気が濃くなっていくボスたちの中でどこまでもほのぼのしたセリフを言ってくれるので、すごく心が和んだんですよね。一人称がりばりなとこもかわいいし。

だから、トゥルーエンドの全肯定ぶりも、やっぱりりばりちゃんだなあって思ってすごくにこにこできました。あの喋り方と楽観思考、すごくあったかくて大好きなんですよね。何を守るのかわからないと言われ続けてきたリバリは、人の心を守る優しいバリアーズだったのだ……。

「そこで出会った新しい友達を紹介出来たりしたら素敵ですね?」

「ハッピーエンドに謝罪はいりませんよ 絶対に大丈夫です!」

なんだかおちゃめな口調でこんなに素敵なことを言ってくれる。泣いてしまう。リバリがとっても大好きになれる作品でした。最後まで一緒にいてくれてありがとうな。

 

 

まあこのあともう一周するんですけども!

 

 

 

三幻魔

 

というわけで最後の最後の大勝負、三幻魔戦、別称好きキャラとの殴り合いです。

アイテムは瓶と装備中のもの以外全売りしていたので戦いは熾烈を極めました。

血わてりのままだとあまりに火力が足りなかったのでいっぺん解呪してエンディングを見直しました。何度見てもりばりはかわいい。

 

そういうわけでメンバーは、スピブレ・リバリ・ふれいち・セカンドわてり。

まずは私の阿鼻叫喚を記念に貼ります。

 

属性有利を取る方法がなかなか思いつかなくて、かなりやり直したんですよね。確か30回くらい試行錯誤しました……脳筋なので実際戦ってみないと適切な行動の想定が立てられない……。

 

でも!勝ったんです!!

斜視子の顔グラかわいすぎません!?

めっちゃ嬉しかった……!

とまあ、こんな感じで、リバリ保母さんによるMOUJA全肯定幼稚園はここで幕を閉じるのでした。

 

 

 

第二期

 

やみっちと行く、忌み子呪い子ブラインド察知!

1周目は皆顔グラのお口が∨な感じだったんですが、2周目はやみっちブラサイ斜視子だったのでお口がΛで対称的でした。セーブデータが並ぶとかわいい。

 

今度は蟲姫リバリやMIKADOなど、見た事のない分岐ルートをこなしつつ、赤青MOUJAは全部屠るつもりで進行。

2周目のアルテマさん、かなりしんどくて素敵ですよね。エンドを見直してやっとあのセリフの意味がわかり、思わずうわぁと呟いてしまいました。大好き。

戦果としてはとりあえず、SOUL全開放は達成。フレイムルーラーに何十回焼かれたかわかりません。竜紋章の盾は素晴らしいね……。

 

思い出カガミや死の支配者様、バトルアリーナ等は保留しました。おそらく私は、属性パズルを解いて1ターン行動をミスったら終わりみたいなタイプのバトルではなく、ほどよく頭も使いつつギリギリ運次第で倒せるくらいのバトルが好きみたいです。「上手くハマった!」よりも「なんとか倒せた!」に燃えるタイプ。

 

なので道中はあんまり細かくは書きませんが、先天属性霊が最強だということは書き残しておきます。あと状態異常はすばらしいぞ。

 

 

 

 

終わりに

 

ともあれ、エンチャントファームの魅力をまとめると、

 

  • さりげなく重たく闇を感じさせる設定やストーリー
  • 隠し通路や敵配置の凝ったマップづくり
  • リズム良く声に出したくなる怪文書前口上セリフ
  • ギミック有り、殴り合い有りの多彩なボス
  • ワープも全回復もリスポン地点もばっちりな親切システム

 

って感じ!

 

HIKARIと蟲姫が最高でした!!