うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「星の寄り道」感想

「>>1000なら今日から本気出す」

意外とゲトしちゃう前置き。

 

 

えー、今回は2003を全力で応援するサイトさんところのフリーゲーム「星の寄り道」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

ジオシティーズ閉鎖に伴って大慌てでプレイした作品です。なので記事を投稿する今現在は……入手についてはどうかな……。

 

 

モナーRPG、という、雑に分けるとスターシステムなジャンルの作品です。

 

大型掲示板のキャラクターをキャラ化して、掲示板の雰囲気やあるあるネタをメタった一つの物語を作る──感じ? 大枠としてはVIPRPGに重なるかなと思うので記事にもそのタグをつけてみますが、寡聞ゆえ不適切ならコメントやら何やらで教えてください。

AAキャラはまだまだ知らず、ネーノとガナーもこの作品で初めてそういう名前の子だと認識した(たぶん見た事はあるはず)んですが。それでも皆の会話だけで関係性はばっちりわかります。

 

よくわからん人のために

本作は短編一本道RPGです!

 

というわけで良かった点など。

 

 

1-1000まで仲良したっぷり

 

とにかくネーノとガナーがひたすらいちゃいちゃしてます。

このいちゃつき方が可愛くってですねえ! もう初めっから終わりまでにやにやしっぱなしでした。隙あらばじゃれ合うからもう! 好き!

仲良し相棒関係っぽいペア以上カップル未満が好きな自分としては終始にこにこしっぱなしでした。ふふふ。

 

ガナーちゃんは守られ系のヒロインなんですけども、おんぶにだっこだけじゃないところが良いんですよね~。二人ともに機転を利かせて活躍するシーンがある──コンビものだとかなり気を遣うところだと思うんですが、見事にそこがクリアされていました。

片方がくじけそうになったらもう片方が叱咤して、っていう相互に支え合っている関係性がすっごく微笑ましかったです!

 

 

 

守り守られ大勝利!

 

バトル中の二人のスキルも関係性を表すかのような作りになっています。

本作の戦闘の基本は、かばう! 

ネーノが防御を選択している間にガナーが詠唱して魔法をぶっ放すというのが基本戦法になります。ネーノの習得スキルが「防御中に発動可能」という点も本作ならでは。この仕様や、道中のチュートリアルのおかげで、推奨されている戦い方が察せられるのも良かったですねえ。

 

 

 

雑魚はスルーしちゃってもなんとかなるバランス

 

バトル自体は時間経過でゲージが溜まった順に行動できるシステム。いわゆるATBってやつですね。

どうしても待ち時間はできてしまいますが、サイドビューで大きめのキャラが動き回ってくれるのでグラフィックは見飽きず楽しめます。

 

ここで注目したいのが、戦闘の難易度ですね!

雑魚がけっこう多かったのでほとんど逃げ回りながらプレイしたんですが、それでもラスボスに勝てちゃうくらいなんですよ。勿論楽勝ってわけじゃなくて、回復タイミングにはちょこっと気を遣わないと危うくなる感じ。

雑魚を避けまくってもいいし、ちょっと詰まったら軽くレベル上げしたらいい、短編にぴったりの難易度でした。

 

 

 

光と影と緑が美しいマップグラフィック

 

もちろん、魅力は二人のじゃれ合い以外にも盛沢山。

中でもやっぱり印象的なのが、光の表現です。

光を盗まれちゃった世界から取り戻せ!というあらすじの通り、マップは全体的に仄暗め。ですが決して見づらいわけではありません。むしろ、「光を集める=光が道案内の役目を果たしてくれている」というやり方のおかげで、探索しやすいマップでした。

 

マップ自体がとても綺麗なんですよねえ。影の中でふわふわ揺れる草花や、暗がりの中で粗雑に突き刺さるスレ看板などが、ロマンティックな廃墟を想わせてくれます。ほんのりと灯る光と、ガッと辺り一面を照らしてくれる光、両方が表現されているところも魅力的。

 

また、光を集めると特定のSEが鳴るのですが──これがね、終盤すごく良い演出になるんですよ!

展開の熱さはもちろんのこと、見た目でも、音でも盛り上がりを感じさせてくれる、めちゃくちゃ気持ちいい作品でした。

 

 

 

動くグラフィック、魅せる構図

 

マップだけにとどまらず、戦闘中のグラフィックやらメッセージウィンドウの場所やら、どこもかしこも良い具合に動き回ってくれるのが本作のもう一つの魅力でもあります。

顔グラの種類自体豊富なんですが、加えてもちもちほっぺが伸びた時にはもう悶えましたね! かわいい!

かと思えば終盤は一枚絵のような熱い構図で魅せてくれますし。

光を灯す時の、ガナーの儀式みたいなうにょうにょした動きもかわいい! 魔法使いはやっぱり詠唱してなんぼですよね。そういう、ポイントをよくよくわかってくれてる感じが嬉しかったです。

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

 

謎解きもありはしますが、住人がヒントをくれることもあり、基本的には易しい設計。誘導に従ってやることをやっていったらクリアできるので、初心者さんにも安心のRPGだと思います。

 

かわいい掛け合いと明るいキャラクター、幻想的なマップ、ほのぼのした世界観で目指せハッピーエンド!

そんな感じのノリが好きなあなたに、おススメです。