うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「和風面子だけでばとる」感想

「面突き合せりゃ会話はするが、してみるまでが難しい」

意外な人選で王道な会話を回す前置き。

 

 

えー、今回は牧場の牛肉さんところのフリーゲーム和風面子だけでばとる」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

VIPRPG、数時間で終わるデフォ戦&探索のやるゲ。タイトル通り着物で刀でニンジャアイエエなキャラが集まった作品です。

メインキャラはザンニンニン・ヒツルギ・水煮・赤いきつね。この人選からどんな会話が飛び出すのかというわくわくも一興です。特に自分はヒツルギとは初めましてだったので、何かと新鮮でした。

 

 

というわけで、良かった点など。

 

 

序盤サクサク、ラスボスドギツイばとる

 

バトルシステム自体はかばうあり状態異常強しのVIPRPGによくあるデフォ戦です。

私はこの作者様の他作品に親しんでいたということもあって、ドーピングもステータスへの熟練度投入も無しで進みましたが、それでもラスボス前まではすいすい進めました。全滅はするけどね!w

なので、デフォ戦士の皆さんは完全無強化でも進めるんじゃないかなあ。逆にデフォ戦慣れしてなくて仮に詰まったとしてもローコストな強化手段が用意されているのでご安心です。

そして問題のラスボスおよびその前の戦いは、いやあ、手に汗握る死闘でした。気軽に初めて途中まではさくさく、そして最後にドカンと重いボス。おかげでダレずに達成感と満足感を味わえました。

 

 

短編ナイズドされた各要素

 

装備付け替えや属性耐性パズルをゴリっと削って、手持ちのスキルでどう対応するかという殴り合いを強調している点も好きです。

詰将棋でもないんですよね、MPが自動回復していくので自由に動く余地も残してありますし。とりあえず雑に殴り倒す快感と、試行錯誤する楽しさ、両方が楽しめるバトルでした。このくらいの縛り具合が好き。

時折トリッキーな敵が飛び出てくるところも楽しかったです。ユキちゃんとかフレイムⅢとか。ギミックはわかっても手数の問題で脳筋プレイしてしまった敵もいます。はっはっは。

あとあと、属性相関を撤廃してくれてるおかげで、炎っぽい敵にも炎技が普通に通用するんですよ。ここの潔さすごく好きでした。殴れば勝つ!

 

 

 

手数がギリギリ足りる良バランス

 

仲間が常に動き回ってて忙しい感じも楽しかったですねー。

水煮のフォルムチェンジもとい二種の型といい、アタッカーにもバリアにもなれるザンニンニンといい、MPチャージとヒツルギ復活でてんやわんやな茜ちゃんといい。場に応じてやり方をすっと変えられるだけの手札が用意されてるところが、とても楽しかったです。

 

私は脳筋ぎみなので水煮を攻撃役にしてましたが、終盤になるとなかなかこれが一辺倒では通用しないんですよねえ。切り替えるのにも1ターン使うところもまたニクイ! 気持ち良いバランスでした。

ヒツルギちゃんは海老で鯛を釣り続けてたけど、桜花をもっと使ってあげられればより忙しくなったかも。

 

 

 

割と会話は仲良しほのぼのな展開

 

プロローグとしては、勝ち続けなければ脱出できない不思議空間に閉じ込められてしまった──!というような感じ。勢いでデスゲームなりなんなりもできそうなところですが、蓋を開けるとほのぼのした会話に癒されるストーリーでした。

それぞれ独特のペースな女三人にほだされるザンニンニンがこれまた良い具合にギャグ要因で楽しかったです。マップの随所にある小話といい、ちょっと差し挟まれる会話がかわいくってかわいくって。仲良しこよしの会話が上手いですよねえ。

特に茜ちゃん、ゆるゆるしつつもちょこちょこブッ込んでくる話しぶりに笑いながら和みました。

 

かと思えば、ザンニンニンとニンニンのライバル関係とか、ストイックな弟子五郎とか、締めるところはきっちり締めつつ話を展開してくれます。あくまでほのぼの枠に留まってるところも一貫しててよし。

嬉しかったのは偽幕田の大暴れっぷりです! あのイベントほんと好き、一途で一生懸命でかわいいなあ。元々私は偽幕田って『誰がために搭は在る』くらいでしか出会ったことがなかったし、キャラの性格は全くといっていいほど知らなかったんですが、本作でかなり興味が湧いて保管庫を漁ってしまいました。マイルドヤンデレな感じがキュート。

 

 

 

意外と重要? 隠し扉

 

そしてバトルに注目したくなるタイトルですが、探索要素もしっかり濃いめです。

面白かったのは、忍者らしい探索ポイントが多いところ! 隠し通路に反転扉、天井裏から屋根上まで、マップのあちこちをうろつけるのがすっごく楽しかったです。特に反転扉でキャラチップがちゃんとぐるっと飛び出してくる動き大好き。

 

ストーリー上で必須の隠し通路はきちんとヒントがあるので、探索が苦手な方もたぶん大丈夫、かな? 通路の影やさりげない茂みにぽっとアイテムが落ちているのはやっぱり嬉しいものです。

 

壱・弐・参とエリアが分かれているのですが、探索さえすればなんと壱の間は戦闘全回避で進められちゃいます。参も一応、ラスボス前の二人組以外はスルー出来るのかな……。

なお戦闘回避してアイテムを取ったうえで戦うこともできます。フルボッコだドン! 事前にアイテム持ってるかどうかで戦闘後の会話が変わるなど、細かい会話差分も楽しめて、二度おいしい要素でした。

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

キャラの掛け合いも、探索も、てごわいバトルも楽しめて、なお和風な世界観をじっくり味わえる良作でした!

偽幕田かわいい!

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com