うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

TIGER&BUNNY12話まで感想

なぜか12話まで見て力尽きてしまったため、見ながら書いていた感想を放り投げて置きます。

ネタバレいっぱい。
腐向けいっぱい。
まとまりない。
バニーとイワンばっかり見てる。

以上お気をつけて、興味があれば追記よりどうぞ。

 

 

1話。

みみっちい。ヒーローなのにみみっちい。
上司がどうだのスポンサーがどうだのといった話をヒーロー物でやっちゃうという発想にまず驚きました。おじさんにどことなく哀愁が漂っているのがなんとも言えず。
サンライズなだけあって、というのは偏見かもしれませんが、メカ(スーツ)の動きが良いなあ。ガシャーン!シャキン!って感じ。

それにしても虎徹さん1児のパパにしては若くないですか。見た目が。ずるい。私も虎徹さんのような父が欲しい。母さん、ってことは嫁さんは亡くなってしまったんだろうか……。気になるなあ。
牛角にちょっと笑ってしまった。相棒がバニーさんだってことはもうタイトル・EDバレしてるじゃないですか。正しく酷いネタバレだ。面白かった。あと予告の英語が読めない虎徹さん可愛い。

泣いてる子を見捨てるバニーさんと、正義の心はあるのに不人気な虎さん。これはどう見ても水と油な予感だなあ。これからどう二人が変わっていくのか楽しみです。

 

2話。

熱い。熱い!久々にわくわくするアニメだ。
ベタな展開だなーと思いつつも、うをおおおぉぉぉおっと燃え上がりました。

虎徹さんの良いところは自慢しいじゃないところですね。認めてくれる人がいればそれでいい、みたいな。カエデさんにも俺ヒーローだからって弁解しないもんね。こういうのが見ていて気持ち良いよなあ。優しい。素敵。

あと開発部の斎藤さんに爆笑しました。なにあの人!音量上げたら一応ちゃんとしゃべっててまた笑いました。しかも意外と良い声だったw
バニーちゃんとおじさんの掛け合いも良かったなあ。いるよねーああいう繰り返しして遊ぶ人。私はもっぱらバニーちゃん側で忌々しい黒歴史が、ああいや聞いてませんかそうですね。

環境的に仕方なかったんだろうけども、小さい時の虎徹さんがちょっと根暗君っぽくて萌えました。あの状態からあそこまで明るくなったんだからレジェンドさんは偉大だよなあ。

予告の流暢な英語カッコ良かったです!バニーちゃんマジ演技派!

 

3話。

バニーちゃんをどう思うかのインタビューで虎徹さんが怒られているのを蔑むバニーちゃんの視線が素晴らしかったです。バニーちゃん密着ドキュメントの、ウロボロスがサイトと誤解されたところの笑みが、「あなたのような下衆な人間と一緒にされたくないですね」とありありと語っていて実にきゅんとしました。バニーちゃんが一人の時に一人称が俺でした。プライベートでは俺なんですね。惚れました。「ねえ、先輩」の後の「あはっ」って笑い方あれは何なんですか可愛らしい惚れ直しました。

TV局のお姉さんを変えたように、虎徹さんが少しずつ周りの方を変えていけるのかなあと期待してみたり。

 

4話。

ブルーローズさんは唇が可愛らしいなあと常々思っております。

どんなとこでも女子高生は総じて多忙なものなんですねえ。ヒーローっていうのは見返りを求めてはいけない、ということは既にまど☆マギで学びましたが、やはりここでも示唆されました。作中にあったように、案外お気楽なスタンスで笑えちゃうくらいの生き方が良いのかも。
炎姐さん(♂)はなんか人生経験深そう。ああいう方とお友達になってみたいもんだ。
ローズちゃんのような、言ってしまえば小娘の話をきちんと聞いてあげられるくらい大人って素晴らしい。若いというだけで相手にしてくれない方が多い中、虎さんも炎姐さんも素敵な大人です。

バニーちゃんが前と比べるとかなり虎徹さんと仲良くなっている気がして見ていてちょっとほっとしました。訓練も一緒にしてたしね。

 

5話。

「なんだこれ」のバニーちゃんまじ可愛いマジ惚れるほんっとうに可愛いお坊ちゃんだなあこんにゃろう!!!メイドさんに若い子を出さずばあやな感じの方をもってくる辺り、様々な面の期待を打ち砕きつつ一部の女性への配慮がされていて、まあ要はちょっと意外でした。

窃盗団のどたばたは笑ってしまった。特にスカイハイさん不憫すぎる…!頑張ってアドリブ無しで覚えたのにね。天然さんは癒されるなあ。
あのうさぎぬいぐるみ欲しいです。可愛らしい。もにょもにょしたい。

ネクストのあの能力、一度砕けてもまた硬化できないのかなあ。

予告の「好きな物は後にとって置いて食べる方」、同じく私もそうです!やったね!バニーちゃんと一緒!

 

6話。

「炎……火が嫌いです」と言う時のバニーちゃんが病んだ目でときめきました。あと青年期のバニーちゃんイケメンすぎる。

姐さんが見事なハンサムハンターで笑ってしまった。現金だのうこの方。でも添い寝のくだり好きです。ああいう励まし方できる方は素敵。
どうも今回はこれからに向けた起みたいな感じですねえ。ちょっと盛り上がりにかけたかも。あの道化師っぽい炎遣いが何者なのか気になるところです。

姐さんの男声も素晴らしかった。やっぱカマキャラは地声出してこそだろう!

あと虎さん兎さんの能力はてっきり1日5分だと思っていたので、1時間に5分と聞いてちょっと拍子抜けしてしまいました。それならバンバン使っても大丈夫な気もしますね。扱いづらいことに変わりないだろうけども。

 

7話。

ブルーローズさんの「この豚野郎」はきっと業界で言うご褒美として世の男性+コアな女性が目を爛々と輝かせていることでしょう。しっかし彼女は典型的な暴力系ツンデレになりそうな悪寒。まあでもおじさんと娘みたいな関係見ていて微笑ましいです。

バニーちゃんが弱ってる眠そうな声可愛かったです。あの酸素カプセル入ってみたいなあ。寝返りもできないのは窮屈そうだけど、一人きりのマイスペースが確実に持てるのが良い。のんびり寝てみたいもんです。

虎徹さんはどこまでも人命救助最優先なんだな。感服。
正義vs正義の展開はいつか来るだろうと思ってたけどここで来たかー。悪人をやっつけるためのヒーローか誰かを助けるためのヒーローかで意味は変わってきますから、バニーちゃんが今後どっちよりになるか楽しみです。今は言うまでもなく前者ですからねえ。虎徹さんに影響されて後者になりそうな予感。

怒りのあまり叫んだバニーちゃん、いえバーナビーさんの迫力すごかったです。こっちがビビった。画面越しにびくっと怯えてしまった。

なんかもう裁判官さんはあからさまに怪しいね。ルナさんと関連付けろと。あからさまに不健康そうで心配です少しだけ。

 

8話。

私の本命きたあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

イワン可愛いですよマジネガティブっ子たまらん萌えるあのテンションの違い萌えるっつーか普段から拙者ではないんだね僕なんだねござるとかもいっつも言っているわけじゃないんだね意外と普通に若者しててエドワードとの絡みマジで公式が最大手ありがとうそしてありがとう!!!!!!!!
本当!みんな!折紙サイクロンを好きになればいいよ!!!ブログヲチしに行きてええええ!!!!!!ああいうさあ、過去の後悔ありまくりでネガティブでやる気無くて内は熱いのに上手くいかない典型的な苛められっ子っぽい方だいっすきです萌えます!!!!

砂に押し付けられるところとかね!あれは良いイジメ!
エドワードも獄中生活で荒んでしまったんだなあと思うと複雑です。正義感なら人一倍っぽかったのになあ。

「見切れてるだけだし……」←大事なことなので2回言ったのね可愛い
「ねえエドワード!」←呼びかけ方かわいい
「僕が守るんだ!!!」←マジイケメン惚れてまうやろ
「ずっと待ってる」←マジ天使

タナトスの声を聞けぃ」←ルナさんシリアスな笑いをありがとう
「折紙先輩」←バニーちゃんナイス絶対皮肉だよねこれ


ぶすーっと唇突き出しているところとか校長に対してふてくされているところとかブログ炎上とか不憫で可愛すぎてどうしたらいいのかわかりません可愛いですありがとうそしてありがとう!素敵でした!いやっはぁ!

 

9話。

ホァンちゃん「ニィハオ」って言ってましたね!てことは中国娘確定ですね。両親の「アル」に笑ったけど、ホァンも来た頃にはアルアル言ってたのかな?ちょっと可愛いかも。
女の子らしく振舞うのが気恥かしいというか、なんだか合わないというのは元気っ子あるある。ボクっ子は可愛いです。はい。

ブルーローズちゃんはあからさまに虎徹さんに気がある様子でちょっと笑ってしまった。確かに虎徹さんは若そうに見えるもんね。あと、イワン君が座禅組んでたのと赤ちゃん二何もせずにパスしたのも笑えた。
女性の響きに釣られるネイサンまじ姐さんで素敵でした。そういう心意気大事。

幼少期バニーちゃん可愛すぎてロボット守った時のスライディングがスタイリッシュすぎてなんかもう倒れそう倒れないけど。今回ばかりはおじさんのバニーちゃんへのからかい方にちょっと不満。彼の親が無くなっているのはカミングアウトされたはずなのにああやってちゃかすのはどうなのかな。湿っぽいのが嫌、とか、彼なりの雰囲気を明るくする気遣いなんだろうか。ううん。
苦そうな表情を一瞬したのは、一人で頑張り続けたバニーちゃんへのいたわりとパートナーとして協力してやりたい感がある、のかもしれない。

バニーちゃんが酔い潰れたりアニエスさんにたじたじだったりしたのが驚きました。優等生に見えるけど案外そういうところ弱いんだなあ。特にあのきょとん顔はありがたいです可愛いです。あと、毛布かけなおすところ紳士で良かった。そして怪我心配し過ぎ。デレ過ぎ。庇われた負い目がすごくあるんだろうと思うと胸熱です。

救出劇はまさにホァンの独壇場!かっこよかった!あの電撃バチバチやっているところはもう、もう直視できない。そして私も虎徹さんに頭を撫でてほしい。
そうそう。今回ので疑問なのだけれど、NEXTというのは全て先天性なのかな。となるとNEXTだというだけで捨てられてしまう子もいそうだ……。それともHEROになれる可能性があるとして利用されるとか、どちらにしても愛が無い限り先が暗そう。
バニーちゃんの親殺しさんも気になるなあ。まあ、先は長いしのんびり楽しみますか。

次回はバイソンさんのターンっぽいですね。期待期待!


10話。

楓さんは子ども扱いしないで、と言いつつもぬいぐるみ無くして不機嫌、という子どもっぽい理由。なんだか思春期って感じです。可愛いなあ。
ただ思うのが、あの爆音は電話を通して楓さんに伝わっていないのだろうか。パパ大丈夫!?、みたいになるかと思えばまさかの怒りブチ切りで驚いた。楓さんが絡むと虎徹さんがいっそう不憫に見えてしかたがない。楓さんにお前の父さんすごいんだぞって言ってあげたいなあ。

あと個人生活みたいなところ。
スカイハイさん犬飼ってた!可愛い!
サービスシーンはイワン君かと思ってんなわきゃないと思ってカリーナだろうと思ったらまさかの姐さんだった!
イワン君超和室住まい!日本かぶれ可愛い!手裏剣磨いてよしよしって感じの表情しているのが本当に可愛い!

事件が起こってから。スカイハイさんがヒーローすぎてマジかっこよかった。あのスカイハーイって言いながら切るシーンマジヒーローだった。
折紙くんはひょっとするとあの人命救助で初ポイントではないでしょうか。おめでとう、そしておめでとう!意外とがっつり出てきてくれて嬉しいよ!

で、バニーちゃんの姫抱っこ再びと。展開は熱くてすっごいドキドキしたんだけどね。ああいうあからさまな釣りは、うん、もういいです。ごちそうさま。

親殺しの犯人がむちゃくちゃあっさり明かされたのがちょっと拍子抜けでした。もっと引っ張るのかと思った。ルナティックさんが不服そうな表情をしていたあたり、ウロボロスとルナティックとバニーちゃんの三つ巴になりそうな予感。続きがこの上なく気になる切り方でした。

 

11話。

めちゃくちゃハラハラな展開でしたね!
折紙先輩の成長具合に感涙しそうだ…!あんなに卑屈だった子が目を輝かせて危険な任務に立ち向かう。その心意気だけでも彼はヒーローだ。

ネイサンの、本気だと思ってるの、の辺りがぐっときました。たぶん虎徹さんはいつもああいう風に場を取り繕おうとしていたから、駄目キャラが定着しちゃったんだろうなあ。空気を和ませようとするのは素敵だけども、見ている分にはもどかしい。不器用な方だ。

ジェイクの目がレーザー風になるのは面白かったです。あれってひょっとして目線避けたら避けられるんじゃないのかな。無理か。
市長が名ばかりってところはどうにも日本風でした。こういうアニメにもトップは駄目という認識がある辺り笑えないねえ。

回を追うごとにバニーちゃんの中で虎徹さんへの警戒が解けていっているのが見ていてほんわかします。屋上(?)だって今までだったら多分虎徹さんが居座ろうとした時点でバニーちゃんは場所を変えていたと思うんですよ。ほっとけと言いつつも傍にいるのを許すってのはなんというかツンデレ

あー、折紙先輩が心配です。大丈夫かな。怖いな。死亡フラグ立たないよね。やめてね。

 

12話。

折紙先輩があまりにもあっさりやられてしまってショボーンでした。ちゃんと武器は手裏剣なんだなあ。可愛いなあ。
きちんと任務を遂行できた辺りに成長を感じました。本当に彼は健気で良い子だ。

しかしながら今回は虎徹さん涙目回でしたね。信じる、がここでまた良い味出してきた。この、ことあるごとに過去のエピソードと関連づける感じが見ていてハッとさせられます。元スポンサーのおじさま然り。

しかしジェクトさんのゲスっぷりぱない。彼の能力は何なんでしょうね。バリア+何か? 複数の能力持ちNEXTもいらっしゃるんでしょうか。
彼の言い分は一部理解できるところもあるんですよね。結局NEXTはヒーローみたいに役立つキャラ付けしてあげないと化け物扱いなわけですし。複雑だ。

スカイハイさんに続き、バイソンさんが戦闘シーンも無しにやられてしまっていたのがなんか、こう、切なかったです。バイソンさんの見せ場は一体いつなのだろう。とりあえず吊り下げられて見せしめにさせられているのはシュールで不覚にも笑ってしまいました。

虎徹さんが傷だらけであることや次戦がバニーちゃんであること、不安なことたくさんです。