うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「東京アリス」感想

「キラキラした世界に一生いればいいじゃない」

そしたらお話にならない前置き。

 

 

えー、今回は郷愁花屋さんところのフリーゲーム東京アリス」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

2時間前後かかる選択式ADVゲーム。

コンプが難しい!とさんざん他所で言われていたのでどきどきしながらプレイしたのですが、単純に選択肢を総当たりすればコンプできるので難易度は易しめでした。バージョン2.00でプレイしたからかも……。

 

 

というわけでさっそく特徴など。

 

 

透明感のあるグラフィック

 

淡くてキラキラしていて少女らしい、まさにアリスな雰囲気です。実写っぽい背景もあるのですが、良い感じにシステム画面やキャラクターと溶け込んでいて惚れ惚れします。

普段は顔グラ表示で、決めるべきところは立ち絵でビシっと決めてくれるスタイル。終盤の怒涛の勢いに合わせた演出はもう、たまりませんでした! ありすの泣き顔がぐっと身につまされます……。

 

 

アリスにちなんだ言葉遊び

 

ギャグっぽいところにさらっと伏線が混じっていたり、アリスものでは欠かせない哲学や言葉遊びの要素があったり。いわゆる、名前を借りただけのアリスものとは一味違います。原作好きさんも満足できるのではないでしょうか?

花、鼻、離れる、の辺りは思わずおお!と手を打ってしまいました。猫箱も有名ではありますが、使いどころが上手。

登場人物も脇役までほぼ欠かさず、しかも全員に顔グラがあるという豪華仕様。さすがにグリフォンやジャバヲック、ジャックは出てきませんが……そのぶん代わりに個性的なメンバーが出てきます。腹黒ハートが印象的ですw

 

 

自作BGM

 

雰囲気の合うBGMだなあと思ってはいたんですが、それもそのはずでこの作品のBGMはほぼ全て自作とのこと。やっぱり雰囲気がより濃くなって良いなあと感じます。

 

 

神経衰弱

楽しい。

 

 

とまあ、こんな感じ。

逆に少し気になったのは、

 

 

前半やギャグパートが冗長

 

不思議の住人がへんてこなことを言い出して、欧太君が勢いの良いつっこみをして――というのがだいたいの流れ。

つっこみのお決まりを作るのは、後々のシナリオに繋がりますし良い伏線だとは思います。が、いかんせんノリが自分には合いませんでした……。

とはいえ最後までプレイした感想としてはやっぱり良かったし心に響くものがあったのは確かです!

 

 

 チェシャアドバイス

 

正直、初回プレイでは、何もわからない状態で妙な子を助けろと強制されてもやもやいらいらが募ることも。で、逆にコンプを目指している時はねちねち言われるもんだから、「こちとらわかってやってんだよばかやろー!」ついつい不満が漏れてしまいました。

選択肢も正規ルートorバッドでわかりやすかったので、うーん。まあ、ある意味、良い感じに不思議の国のへんてこっぷりに翻弄されていたのかもしれません。

 

 

文字が見づらい

 

白系統のメッセージボックスに白の細文字は辛い!

フォント変更機能を付けてくださっているからまだ救いはありますが、それでもやっぱりちょっときついです。読みにくい!という人は、フォントをゴシック体など太めのものに変えてみることをオススメします。

 

 

オート中にシステムを開くとエラーが出る

 

本来ならバグとして報告すべきかな、と思うのですが、サポート終了したようなのでここで。これからプレイするつもりの方はご注意ください。

 

 

 

とまあ、こんな感じ。

演出面ではかなりの良作なのですが、上記の通り少し荒っぽい面もあり、良くも悪くもフリーゲームらしいなあと感じました。

 

ラストのクロの意味深な台詞が、これまた良い余韻を生んでくれます。夢を見ているのは果たして誰なのかしらん。あのおかげでこの作品への好感が一気に上がりました。

 

というわけで、多少残虐な表現が出てきても平気で、不思議の国のアリスが好きな方にオススメします。