うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「らぶいずふぉーえばー?」感想

「口先だけで言うなら簡単、成すのは死んでも難しい」

断定しない代わりに誠実でありたい前置き。

 

 

えー、今回はJewelry Princessさんところのフリーゲームらぶいずふぉーえばー?」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

 

倫理も常識も吹っ飛ばせ! な勢いの乙女向けギャグRPGです。───ぱっと見は。

通じますね、この書き方で通じると信じています。いやー、予想外のところから好みが飛んできたので驚かされました。好き。

 

というわけで、良かった点など。

ここが伏線ですよ、くらいは触れてしまうので、情報なしの驚きを楽しみたい方はご注意。ネタバレなしのほうが楽しめるタイプの作品ではあると思いますが、ネタバレがないと需要に届きづらい作品でもあると思っています。

 

 

ドカンとパワフルなヤンデレ彼女

 

まず冒頭からしてパワフル。憧れの先生のクローゼットの中から飛び出してくる彼女こそ、我らが主人公です。ストーカーヤンデレです。いやー、勢いがすごかった!

とにかくキャラチップの動きとセリフの爆裂天下無双感がすごいんですよね。ギャグは勢いで押してこそというのをよくよくわかってらっしゃる。暴言も容赦なく出てきますが、そのぶん登場人物も破天荒なキャラが多いので楽しくプレイさせて頂きました。

しかも嬉しいのが、彼女がそんじょそこら一筋縄のヤンデレではなく、きっちりした理由も持ち合わせているところ。ぱっと見テンプレヤンデレですが、その裏にはこの作品独自の行動原理が成り立っているので、色々と真相が明かされた後は「なるほど……!」と唸らされました。

 

 

 

突如殴りかかってくる謎の生き物たち

 

ストーリーパートや会話の尺はかなり長く、全体的な印象としてはADVっぽいつくりの本作。それでもRPGとして熱く推したいのは、ずばり戦闘がガッツリあるから。

まずものすごく面白かったのが、理由なく突如戦闘が始まるところなんですよね。学校を歩いていて急にぴよっぽーが殴りかかってきた時は思わず爆笑してしまいました。現代日本の学校内で戦闘が!?しかもヒヨコ!?!?みたいな。

いやでもここがポイントなんですよ。この唐突さ、インパクト、これが見事にこれまた真相と絡んでくれるんですよ……! ここは本当巧みでしたね、本作がRPGとして作られた最たる理由だと思います。好きです。

 

気を抜いてたらたらプレイすると死にますが、雑魚戦はさぼらない・スキルはきちんと使う・アイテムで回復する、といった基本を守れば難なく倒せます。難易度としてもほどよくプレイしやすい感じ。

 

 

 

パステル可愛いマップとまさに美少女な主人公

 

システムだけでなくグラフィックの可愛さにも注目したいところ。一番わかりやすいのが起動画面! 少女漫画ちっくな画風の後ろに、小物がずらり、メルヘンかわいい雰囲気がたまりません。特に、クリア後は散りばめられた小ネタの意味にピンとくるようになっています。二重においしい!

背景のマップチップもすごく細やかで、ちょっとした小物がどれもすごくキュートです。しかも貼られているポスターとかを調べた時の反応が全部違うんですよ! すごい……。パステルな色味なのもまた素敵! とにかくかわいいがギュギュっと詰まっているので、そんなぽわぽわ夢見心地世界から放たれるヤンデレ台詞のギャップがより光りました。

主人公の小柄さがしっかり立ち絵で表現されているところも好きです。

 

 

 

リアルとご都合の取捨選択

 

先生×生徒ということもあり、けっこう一部の設定は破天荒に流されています。暴力沙汰はお手の物、勢いでややこしいところは飛ばしていく感じ。

個人的にはこのノリが好きでして、この世界はこういうことなんだなと割り切って楽しめました。明るすぎるくらいにご都合主義な展開も、パワフルな彼女なら納得ができちゃうところも良かったです。

 

さて、一方で、生々しいところはガッツリどろついているのも魅力の一つ。

若干暗い描写あり、と公式に注意書きがあるとおり、蓋を開けるとぎょっとする展開がやってきます。全体の濃度からいけば確かにボリュームとしては若干、しかしながらパンチはかなりあります。

ですが、鬱展開が根幹にあるからこそ、本作の勢いとヘンテコな描写がしっくりハマるんですよね。だからやっぱりこの設定がしっかり描写されて良かったなあと思います。何より、最終的なエンドで二人の出す結論が、私大好きなんですよね! テンプレじゃない、二人だからこそ出せる結論だなあと思います。

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

元気いっぱいで頭がおかしい、けれど相思相愛の重たいくらいに純愛な一作でした!

 

これからプレイ予定の方は、1周目のラスト直前にあえて探索をサボるのをおススメしておきます。エンディング近くなったタイミングはポスターが知らせてくれるのでご安心。

 

追記では軽くネタバレ感想。

 

 

 

 

 

永遠エンドの真相までネタバレ注意。

 

 

 

 

これしかないタイトル

 

初めはすごく失礼ながら、タイトルがシンプルすぎてちょっと伝わりづらいなあと思っていたんです。なにぶん本編内の台詞がキレッキレだったもので、もうちょっとギャグ全開に尖ったタイトルでもいいのではないかなと思いながらプレイしていたんですね。

そんな私が浅はかでした! クリアするともう完璧にこれしかない、このタイトルがしっくりくるんですよ……良い……! 

 

最後に「?」がついているのも素敵ですよね。他のエンドだとお互いが隠し事をしていたり不安が残っていたりしますし。永遠エンドでも、きっと永遠だろうなあという気は大いにするんですが、先のことは何もわからない。転じて主人公の余命も案外ころっと伸びちゃうかもしれないとも取れそうな気がします。

 

 

 

近親相姦について正面から殴り合う真相

 

永遠エンドで明かされた森永さんの地雷がすごくすとんと腑に落ちて、心底感嘆しました。そっちか!という。でも当たり前ですよね、だってまだ親も家族も必要な、未成年だもん…。行為が嫌、汚れたのが嫌っていうのは、なんなら森永さん自身も勘違いしていそうな気がして、その描写の仕方がすごく上手かったです。

 

近親相姦とか無理やりの行為って、生理的嫌悪感の描写だけで終わらされがちじゃないですか。そこをぐっと踏み込んで、じゃあ二人が幸せになるためには、本当に大きく傷ついた患部はどこにあるのか、と話を広げていくやり方が本当に真摯だったと思います。

だってこの煩悶は、言ってしまえば全部投げ捨ててご都合主義ハッピーエンドにしちゃってもいいわけですよ。それでもあえてそうせず、二人だけの納得いく結論へ導くのは本当に難しかったんじゃないかなと勝手に思っていまして……だからこそ永遠エンドでしっかり着地点まで決めてくれて、すごく嬉しかった!! 本当に輝いて見えます。

 

漫画に恋する男子や百合っ子を登場させて、禁断の愛のハードルを段階的に開放しているところも上手。エンドの開放方法やサブイベントの内容もそうですが、全体的に、じわじわと物語の本筋を開放していくやり方が上手いんですよね。よくできてるなあ……。

ちょっとした伏線として、「家庭内暴力はやめましょう」のポスターだけは破かないところが闇深くて印象的でした。

 

 

 

 

私自身がヤンデレに報われて欲しいし、ヤンデレ×ヤンデレ好きだし、重たい愛は一途だからこそ幸せになれるとも思いたい人間なので、結末がすごく嬉しかったです。二重三重にこじれてて手を出すに出せない関係も大好き!

予想とは違った方向から出会うことのできた、私好みの良作でした~!