うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「シャドウバスターズ」感想

「気分次第で憎らしい」
親友にもイラつく時はある前置き。

 


えー、今回は4ゲット式カオスさんところのフリーゲームシャドウバスターズ」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

エンド分岐ありのVIPRPG。
一応リンクは祭りサイトに繋げていますが、DLは掲示板のフルパッケージ版にパッチを当てていくほうが良いと思います。引継ぎの他、ボスのバランス調整や覚えるスキルにも変更がある模様。


ちなみに私は同作者様の別作品「剣の舞姫ウォーター」(以下舞姫)をきっかけにプレイを始めたので、この作品が感想の前提になっている部分も多々あります。既プレイの方はこちらも是非。

 

 


というわけで特徴など。

 

己の闇を爽やかに受け入れるストーリー

主人公であるダーエロがシャドウ、自分の影と対峙するところから物語が始まります。誰にも知られたくない本音、わかっていても抱いてしまう黒い感情、それらが剥き出しになるお話です。
ある意味こういうのも闇落ちって言っていいんでしょうかね? 自己の存在を問われる展開や、内部分裂のギスギス感とても好きなので、根本のテーマが肌に合うストーリーでした!
ギラギラした表情や、ぐるぐる葛藤する姿の美味しい一枚絵も必見です。


とはいえ闇の部分に触れはしても、展開としてはむしろ少年漫画的なガッツを感じます。闇と向き合った時の落としどころも無理やり感が無くて、日常的で良いなあと。気負わないところが魅力でした。

 

 

平行世界とゲストキャラ

実はこの作品をプレイする決め手が、別作品からの引継ぎ要素でした。
そうです、舞姫ウォーターです。クリアデータをフォルダに入れることでゲストキャラ引継ぎができます。嬉しすぎる謎の技術。


しかも、ただミニイベントが起こるのではなくて、話の根幹にかなり関わってくれます。会話や関連イベントもなかなかのもの。メタで終わらすのではなく、作品内できちんと理由付けがされているのはかなり好印象。舞姫もそうですが、もしもシリーズのお約束をお話に取り入れるやり方が上手いなあと思います。………もしもシリーズはまだそんなにプレイしてないんですけどもね!


あくまでゲストな扱いではあるので、もちろん単体でもがっつりプレイできます。実際私も1周目は純然と作品を楽しみたかったので、舞姫系の回収は2周目からでした。

 

 

 

生半可じゃ勝てないボスの数々

さて、ストーリー面のみでなくバトル面にも着目したいところ。
今作ではスキルを覚えるために魔物を倒して素材を集める必要があります。素材自体はぽこぽこ手に入るので、贔屓キャラを決めがちな私はさくさくでした。けれどもキャラを色々使い分けたい人にはちょっとストレスかも。
また、武器強化のためのドロップアイテムが非常にシビアで、2周しても武器改造は4枠分しか解放できませんでした……。お金がかなり余ったので、それこそ大金払って解決出来たらよかったのになあと思ったり。

 

で、武器やスキルが猛威を振るうのがボス戦です。

デフォ戦ならでは、状態異常と耐性とバフデバフ重視の頭使う殴り合いです。隠しボス、ラスボス、ラスボスを倒すためのボス、などなどバリエーションも豊富で、どこまでも高みを目指せる興奮がありました。手ごたえのあるバトルは大好きです!


MP管理のシビアさで難易度調整かけているのは舞姫から変わらず。ただ、今作は長編な分けっこうインフレを起こしていたので、MP80回復が店に常備されていて欲しかったのが正直なところです。かく言う私も隠しボスまでぶっ倒してはいるので、ギリギリクリアできる塩梅の調整なのかもしれませんが……!

 

仲間が複数人いるので仲間同士の相性を考えるのも楽しかったですし、某ダンジョンの二手に分かれる展開もお決まりながら燃えました。資金繰りが楽なので、仲間の手が届かないところはある程度アイテムで補えるのも嬉しかったです。

 

 

 

あると嬉しい、が実現しているシステム

ワールドマップで迷子になった時の帰還システム、ダンジョン最奥のワープ機能、どこでも仲間編成、敵のHPスカウター、仲間の好感度調整、おまけダンジョン、などなど。あると嬉しいシステムが随所に実装されていたのでさくさくプレイがはかどりました。RPGってこの辺りがあるのとないのとでプレイ感が段違いですよねぇ。

 

 

細かく変化するNPCと仲間の会話

舞姫のころと比べてワールドマップが広がりましたが、キャラの会話がストーリー進行度によって変わるところは健在です。NPCまで変わってくれると探索のしがいがありますし、中盤で解放される宝箱があるおかげで、一石二鳥なおいしさがあります。カップリング要素多めなのもグッド。


個人的にリリアのところには是非通って欲しいです……!

男女同室の兵士も案の定で笑いました。


事務所と船、2か所で会話が変わるのも細かくて嬉しかったです。こうやって会話イベントが豊富に設定されていると、好感度ごとのキャラエンドにも感情移入しやすい気がします。

 

 

ちょこっとえっちなイベント

あります。やったね。

 

 


とまあ、こんな感じで。
仄暗いテーマながらも、終盤が熱くてクリア後は爽やかな気持ちになれる一作でした。

追記ではネタバレ込みの感想など。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

 

 

 


以下、ネタバレ注意。

 

 


<キャラクター>


特に気になるキャラのみ抜粋。

 

 

ダーエロ


エロゲ好きがエロゲ展開になるというのも皮肉らしいというかなんというか。本命キャラが初期に明かされる一方、エンドや攻略対象は複数なので、どっちつかずの残念エロゲ主人公な立ち位置になっている印象でした。
ブラインドに「紳士協定を結べばいいのに~」的なことを言われていたのがすごく印象に残ってます。吹き出しました。
女の子同士もリアルだとあまり表立っては行動しないと思うんだ……。

 

 

 

恍惚なる闇


好きです。
もともとVIPRPGにおける好きキャラではあるんですが、敬語口調と素口調の違いや運転したがりのところ、高火力紙防御のピーキーな運用等々、ツボなところが多くてもうたまらん好きでした。
穴から落ちて壁をずざざざざざっとしつつ床にナイフ突き立てて受け身を取るあのイベントがなんかとても好きです。

彼はドットでも動く機会が多くて恵まれてますね。

 

 

 

サモン


中盤以降で主人公パーティにかっこよく参戦するということで、DQにおけるテリー的な存在かと思ったのですが、実際のところはぼっちだわ行動が脳筋だわ男のロマンがわかってるわで色々とはっちゃけてくれたキャラでした。萌えます。
序盤の街で実は会うことができる、この伏線な演出が素敵です。
キャロルとの会話があれば良かったなーと思いつつ、暗くなりすぎるからカットされたのかなーとも。

 

 

死神五世

 

初めからくっついてる設定だったので、萌えどころに困ったキャラ。ごめんよごめんよ。シャドウ乗っ取り時にひっそり顔グラが変わっている細かさはとても素敵でした。

 

 

ディオナ


重すぎるくらいの一途さが好き。

わりとクールで、押しつけがましくないのも好き。
例のえっち装備をさせた時の、意外とOKなノリにもときめきました。

好きな男のためにはなんでもしたいタイプと見た。かわいいです。

 

 

 

ヘレン


冒頭がショッキングだったのと、ちょこちょこ会話が変わることもあり、ストーリー進行によって何かイベントが起こったり仲間になったりするのかと思っていたんですがそんなことはありませんでした。惜しい。
物語の因果に振り回されるキャラとか、ヒロインであることを固定化されているキャラとかは、業が深くて好きです。

 

 

 

リリア


ストーリー進行ごとにけっこう細かく会話が変わるキャラ筆頭。
すんなり読んでいたので、まさかの展開にぎょっとしました。確かにアレックスは嘘を言ってはいない……。疑似ヤンデレおいしいです。ただ、「依存」とかいう強い言葉が出てくるあたり、彼女の別作品で何かかかわりがあったんだろうなあと思います。保管庫を漁らなくては……。

 

 

魔王様


叩かれすぎじゃないすか。何かあると思ったら無かったパターンでずっこけました。でも、騒動後にネタ選択肢を選んだ時の反応はなんだかとてもらしくて好きです。

 

 

ウォーター&ブラインド


舞姫の時と同一な別人、ということで、新しい形での関係を見れました。萌えという意味ではやっぱり舞姫が至高だけど、これはこれで可能性の一つとしてバリエーションが増えて嬉しいところ。えろもあったし。
真エンドで二人セットのエピローグを見れただけでもプレイして良かったです。

 

 

偽ダーエロ


舞姫関係のネタだとわかってはいつつも、来客に爽やかな笑顔で「性的暴行のトラウマ持ちヒロインがあれやこれや乗り越える冒険譚面白いよ!」って言っちゃう辺りがなんとなく危ない人感あって萌えました。

 

 

ザック&アリサ


この世界線でもいちゃらぶな旅をしていて幸せそうだし幸せそうな二人を見れる私が幸せでした。

 

 

 

<バトル>

 

思わず唸らされたのが、アイテム使用時の対象の選び方です。
デフォ戦ゲーだとポーション系アイテムの対象に死亡キャラは選択できないことが多いイメージなんですが、この作品ではきちんと選択できるおかげで、行動順早いキャラが蘇生→遅いキャラが回復、なんてこともできました。1ターン以内に立て直せるのはありがたい。

 

1周目メンバーは五世・恍惚・サモン。いやあ紙防御パーティでしたね! ダーエロが固いキャラだったから良かったものの、そうでなければとてもクリアできなかったと思います。
良点としては、暗黒・風・氷耐性が揃っているので終盤のボス戦がかなり楽でした。特にエターナルのほうのボス。
難点は、敵の行動を封じるタイプの状態異常技が少なめ・カウンター技で壊滅する、辺りでしょうか。けどなんだかんだでヒヤヒヤしながら楽しめました。

 

2周目メンバーはディオナ・ウォーター・ブラインド。強キャラ感あふれるパーティです。実際めちゃくちゃ強かった。状態異常もバフデバフも回復も火力も全部こなせる、すさまじい頼もしさでした。

 

 

 

<ボス戦>

 

レジダーク


3度目の正直ならぬ、7度目の正直で倒しました。
第一形態はバフとMP補充、第二形態はバフが切れないように回復重視で長期戦も覚悟、第三形態はバフデバフ状態異常を諦めて毎ターンリカバーⅢしつつ攻撃重視という感じ。ウォーターを連れていたので雷耐性の面がかなりきつかったですが、回復量という意味では申し分なし。あと、ディオナの全体状態異常回復技があるからこそゴリ押せました。

 

 

リリア


毒を狙いつつ、ストームラッシュとストップストッパーがあればかなり楽。なければかなりキツイ。こまめにアレックスを生き延びさせないと、回復の手数が足りなくて死にました。

 

 

と、こんな感じで特にやり直したのはこの二ボスです。
カナエールのほうのボスは1周目だとめちゃくちゃきつかったですが、2周目だとかなり弱くて拍子抜けした覚えがあります。たぶん仲間の相性の違いだろうな……。


あとこれは偶然発見した小ネタですが、ハードカウンターで相打ちになると敵撃破の演出の後にゲームオーバーになります。いやあうっかりやらかしました。

 

 

 

<小ネタ>

・使っちゃいけないキーでナイに会わず船を入手してしまうとシフトキーで船内に入れなくなる
・アルベルトの舞姫会話はブラインドがいると発生しなくなる(たぶん)
・ウォーターが加入していてもブラインドが加入できるのは章が切り替わってから(3章以降?)

他はwikiのお世話になりました。

 

 

とにかくやりこみ要素やちょっとした会話分岐が多くて、色々回収するのがとっても捗る一作でした。