うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「Healer's Yell」感想

「私にできることはみなさんを癒すことだけです!」

むしろ何よりも厚遇したい前置き。

 

 

えー、今回はStrayひろまさんところのフリーゲームHealer's Yell」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

ウディタ製、ヒーラーを操作して敵のラッシュを乗り切るバトル重視の面クリア戦略ゲー。ある意味、アクションパズルともいえるのかも?

1面につきだいたい数分で終わるので、かなりお手軽にプレイできる短編ものです。

 

というわけで良かった点など。

 

サポート職の苦労がよくわかるバトルゲー

 

戦闘は全てオートで進み、操作もマウスクリックで選択していくだけの簡単ゲー。しかし、難易度はなかなかのもの。黙々と敵を殴り続ける仲間をあの手この手で支援する、ネトゲなどでサポート職をやっていた方ならピンとくるのではないでしょうか! 私はやったことないけれども!

仲間のHPを回復しつつ、状態異常はすぐ治し、バフが切れたら付け直す……思わずポーズボタンを押したくなるこの忙しさ、いやあ燃えました。

 

 

やり込みもタイムアタックも自在

 

ステージとしては十面用意されていますが、クリア後にはやり込み要素としてよりハイレベルな面が解放されます。また、全員生存だとパーフェクトクリアの表示になったり、クリアタイムが面ごとに表示されたりと、自分のリザルトを見返して高みを延々と目指せる仕様です。

こういうバトル重視のゲームだからこそ、結果が数字として残るのは熱いものがありますよね。

 

 

 

終盤になればなるほど輝くキャラ特性

 

加入する仲間や順番は固定なので、与えられたものを駆使していかに殴り勝ってもらうかがメインになります。

防御が低いキャラには先にシールドバフを張ったり、高火力のキャラに攻撃↑を投げて勝ち逃げを狙ったり。序盤は火力、終盤は生存を狙った方が上手く回る印象でした。あえて回復をせず、仲間を無理やり少数精鋭にして殴り勝つというのもありなのやも。

メインストーリーなどはありませんが、ファイナルステージで悠然と立つあの人には思わず惚れかけました。システムで伝わる演出、いいよね。

 

 

 

等身低めの可愛いキャラグラ

 

タイトル画面を見てもらえると思うんですが、キラキラかわいい雰囲気のキャラグラがまず魅力的でした! イラスト自体は素材屋さんのものが元のようですが、一枚絵等々はここでしか見られないのではないかなと思います。

ステージが進むごとにキャラが増えていくのも楽しくって、モチベの赴くまま一気にクリア。ギャラリーでイラストを見返せるのもすっごく嬉しくって!

 

見た目的に好きなのは、マジカルシューター・ウィザード・セイジでした。

好みがわかりやすい!

 

 

 

 

 

余談

せっかくキャラ絵がとってもかわいいので一言会話でもあるとさらに際立ったかなとも思いつつ……メインは面クリでしょうし、むしろシンプルにまとまっていると言えるのかもです。

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

 

グラフィックに惚れた方、ちょっと忙しい戦略バトルをやりたい方、ヒーラーとして身を粉にして働きたい方へおススメの一作でした。

 

 

追記では初見時の諸々の記録メモなど。

 

 

 

 

初見時のクリア記録

 

本当に数字書いてるだけです。みなさんの初見記録も見てみたいゲームだったり。

 

ステージ1 56秒

ステージ2 47秒

ステージ3 59秒

ステージ4 1分21秒

ステージ5 1分5秒 パーフェクト×

ステージ6 1分47秒 パーフェクト×

ステージ7 1分59秒 パーフェクト×

ステージ8 2分31秒

ステージ9 2分16秒

ファイナル 4分47秒 パーフェクト×

チャレンジ 6分6秒

 

パーフェクト失敗では、何故かどの面でもマジカルシューターちゃんが倒れてしまっていました。み、見た目はとても好き!