うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「アンダーブルー」「アンダーブルー2012」感想

「空が青かったから」

おうちに帰りたくなった前置き。

 

 

えー、今回は銀灯さんところのフリーゲームアンダーブルー」「アンダーブルー2012」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

どちらも選択肢と複数エンドありの短編BLノベルゲーム。ちょっと特殊な体質を持つ学生の話です。時系列も公開順も無印→2012。

 

一時期公開停止だったそうなんですが、ツイッターで再配布されていたので幸いにもゲットできました。というわけで、さっそく2作共通して良かった点など書いていきますね。

 

 

青空の元だと消失してしまう彼ら

 

何よりもまず特筆すべきがこのキャラ設定です。

現代的な世界観の中に、どことなく儚げな雰囲気を感じるのは、この設定があるがゆえかもしれません。この作者様は含みのある台詞を描かれるのが上手なのでそこも雰囲気作りの一助になっていそうです。

また、キャラ同士の距離感もどことなく言い表しがたい絶妙さがあります。ブロマンス、友情、信頼、思慕、うーんどれもあと一味足りない。この不透明な距離感もなんというか、雰囲気重視のBLらしいなーと感じました。

 

2012のほうでは、メインキャラだけでなくサブキャラやモブキャラが活用されて、校則やこの設定に対する一般的な向き合い方などが伝わるのも興味深いところ。2012のおまけは、世界設定とキャラ同士のピリピリした空気を楽しめました。

 

 

 

ビジュアル、画面構成

 

こちらは二作品で差があるので、それぞれ分けての所感ですが。

 

無印のほうは画面自体が小さめで、モノトーン中心のシンプルな画面構成です。画面の大きさとしてはこちらのほうが好みでした。私はこう、モニタに二窓三窓する人なので……w

 

一方、2012もモノトーンではあるんですが、線がはっきりとして全体的にスタイリッシュな雰囲気が強まっています。ウィンドウの表示等に動きも出て、商業ゲーム感が高いのはこちらかなと。差し色のように入れられている青空の青はどちらの作品にも共通なんですが、2012のほうが印象は強い気がしました。

 

また、立ち絵だと凛太君は無印だとすらっとして線の細い美青年な雰囲気でしたが、2012だと美少年な雰囲気に様変わり。こういうギャップも興味深いポイントかもしれません。

 

 

 

前日譚的なストーリー

 

まず、ここは難点ともいえますが、二作とも選択肢による分岐があり、エンディングまで楽しめはするものの、全体的には未完というか、物語の広がりを覗かせるプロローグ的な雰囲気を感じました。

「なぜ彼らは青空の下だと消えてしまうのか」「平泉が草間に執着するのはなぜか」など、背景設定の中心にある謎が明かされないからかなー、なんて。

 

しかしながら、凛太に注目すると特に無印のほうはお話がきれいにまとまっています。自分の存在を担保に証明を求める、厭世的なエンドも素敵ですし。2012のほうの、水面下での依存や周囲の入り込みがたい距離感等も萌えますね。実に萌えました。

ですので、BLとして見るとむしろ良かった点。キャラにしっかり焦点が当てられているのがポイント高かったです。

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

全体的なストーリーを追い求めるという点では物足りなさもありましたが、キャラや想いは印象に残る一作でした。また、儚く厭世的な世界観も堪能できたので、DLの機会に恵まれてよかったです。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

9/14・9/18コメント返信

前置きをそっと飛ばして返信。

 

この記事

フリゲサイト「和製オフィーリア」BL作品感想 - うそうさ〜第二号室〜

についてコメント届いておりましたので返信です。どうもありがとうございます。コメント送信フォーム、右端にひっそりと置いときつつも気づかれるのかなあと思っていたので嬉しいです。

 

 

 

以下、個人宛返答。

上記記事のネタバレも多く含みますので、伏字にさせていただきます。

続きを読む

フリーゲーム「スターズ★ピース 恋愛応援⇒友達獲得ケーカク」感想

「推理がねじ曲がっていようと想いがまっすぐなら問題なし!」

勢いで意外となんとかしちゃえる前置き。

 

 

 

えー、今回は平星高校ゲーム制作部OBOGさんところのフリーゲームスターズ★ピース 恋愛応援⇒友達獲得ケーカク」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

ジャンルは長編ノベルタイプのアドベンチャーゲーム。プレイ時間はだいたい25時間くらいでした。でも全然そんな長さは感じなくて、勢いに乗ってガンガンプレイしてたら気づけばもうおしまいってくらいのめり込める作品です。

そして、私はPCプレイをしましたが、なんとびっくりスマホでもできちゃいます。

 

ツイッターで「クラスメイトの男女をくっつけるゲー」との噂を聞いてDL。プレイしてみるとなるほど確かに噂通りでもありましたが、キャラだけでなくあちこちの完成度が高くて、もうどっぷりと楽しめました。

 

 

というわけで、さっそく魅力的な点など。

 

 

 

 

 

・聞きこみと舌戦で進む日常ミステリ

 

ゲームの流れを一言で言うと“お悩み解決”!

恋愛させまくるゲーという評判だけ聞いていたので、てっきり乙女ゲー寄りかと思っていたのですが、ロンパや逆転裁判などを彷彿とさせるスタイリッシュ説得ゲーでした。恋愛だけでなくそのキャラ自身に踏み込んでいくような展開が多かったです。

お話のメインとなるキャラの秘密や、クラスメイト同士の関係性等々、あちこちに事件が仕込まれています。その事件もまた学生らしく、小規模かつ当人達にとっては超大規模なもので、等身大になって楽しめました。

日常ミステリ系が好みな人は特にピンと来るところがあるんじゃないかなーと思います。

 

 

 

・膨大な選択肢とメインストーリーの分岐 

メインの舌戦シーンは勿論のこと、決め台詞をチョイスしたり想い人を当てたり、様々なところでたくさんの選択肢があって、良い意味でとっても悩みました!

特に悩んだのは聞き込みシーンですねぇ。「この子と話したら情報が得られそうだけど、キャラとしてはあの子も好きだからイベントを見てみたい…!」みたいな葛藤をとくと味わえました。明らかに間違いな選択肢でも、反応が面白くってついつい選んでしまいたくなります。

 

また、メインストーリーも選択肢によって分岐することがあります。なのでこれからプレイをお考えの人は、是非とも2周して欲しい! ちょっと結末が変わるだけかと思いきや、1話分丸々変わったのには驚かされました。

これはないだろー、という意外過ぎる一言が糸口になることもしばしば。自分の選択で話がどんどん転がっていく楽しさを存分に味わえました。

ストーリーの演出として選択肢が上手く絡んでいる辺りも実に燃えます。クリックする手に気合いが入りました。

 

 

 

・個性的なキャラ達と印象ぴったりのBGM

 

ポイントはもちろんストーリー以外にもたっぷりです。その中でも特に推したいのがBGMでした! どうやら全て自作、らしいです。素敵!

クラスメイト全員にそれぞれ専用のBGMがあって、それがまたイメージぴったりなんですよもう! プレイし慣れてくるとイントロが流れてきただけで「あの子だー!!」とテンションが上がってしまいます。BGM集やサントラが欲しくなっちゃいました。

個人的に好きなのは千々石さんのテーマと金森さんのテーマ。好きキャラだからこそ曲までまるごと好みになっちゃうっていうのもあるかもしれません。

 

 

 

・動いて鳴って盛り上がるゲーム画面

 

そしてさらに触れておきたいのが演出面。画面揺れ、ドドンと飛び出る効果音、表情だけでなくポーズや衣装まで変化する立ち絵、漫画ちっくな表現とスチルの使い分け等々。とにかく視覚的な演出が凝ってます。

立ち絵の衣装替えまでもありまして、夏服にはそれぞれのキャラらしいワンポイントがついてるのも良かったですねぇ。みんなかわいい!

私自身が何かと集めたがり・溜めたがりな性質なので、男子女子の仲良しポイントが溜まっていくのも嬉しかったです。また、仲良くなると見れる一枚絵も予期せぬご褒美でした。絵師さんが複数いるとこういうところでも個性の違いを感じていいですよね。

しっかり細部まで“ゲーム”してる雰囲気を感じさせてくれるのが嬉しかったです。

 

 

 

・学生らしさと青春のまっすぐさ

 

宝物が“おそろいのシャーペン”だったり、学祭で運動部がわりと暇だったり、球技大会は待ち時間中の他チーム応援のほうが盛り上がったり。さりげなく学生あるあるを出してくれるので懐かしい気持ちになりました。

懐かしい……私の学生時代は終わったんですよね……と書きながらダメージを受けてしまうなど……。

ともあれ。全力で学生やってる感が味わえてうきうきしました。

 

それと、一つ上げておきたいのがストーリーのバイタリティ。全体的に元気で勢いがあるので、どんなに辛くて切ない展開であっても「それでも彼らならひっくり返してくれるはず…!」という希望が持てます。

何を隠そう鬱展開やバッドエンドが大好きな私ですが、この作品に限っては常にハッピーエンドを求めていましたし、プレイヤーの選択次第によるところもありはしますがしっかりとその期待に応えてもらえたのが本当に嬉しかったです。本当、青春ってまっすぐ前向きでいられて、輝いてますよね。うらやましい!

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

 

ウィンドウがアクティブになっていないと文章スキップもBGMも止まってしまう点だけは惜しいなーと思いましたが、気になるのは本当にこの1点のみで、操作性もストーリーもキャラクターも抜群に秀でた一作でした。

 

 

「最後はハッピーエンドで明るく締めたい!」

「青春時代を感じたい!」

「年頃の男女がくっつく様をにやにやしながら眺めたい!」

 

そんなプレイヤーさんには力強くオススメできる一作だと思います。もちろんトゥルーエンドは必見、あれを見るのと見ないのとでは作品の魅力が倍違うと思うので、是非頑張ってほしいところです!

 

 

 

追記ではネタバレ含む感想など。

 

 

 

 

 

続きを読む

フリーゲーム「よんひくいちは」「モノラル虹彩」感想

「伝えたいことは物語に包んで」
オブラートよりも豪華な前置き。

 

えー、今回は現屋さんところのフリーゲームよんひくいちは」「モノラル虹彩」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。


短編なので一緒に紹介してしまいますが、相互に関係性はないので単品で楽しめます。どちらも一本道ノベルゲームです。

 

 

『よんひくいちは』

【概要】

独りきりの男子学生が、仲良し四人組になった話。のんびり読んで2時間くらいの一本道ノベルゲーム。各章ごとに区切りながら読むのを強くオススメします。


【文章・お話】

序盤は特に、自分の黒歴史を抉られるかのような心地で読んでいました。ええ、万年中二病です。やさぐれ思考は大得意です。つらい!

とはいえ、固めの語句やもって回った言い回しに視点主の性格を感じさせつつも、だんだんと心が開かれて“元々持っていた優しさ”みたいなものが浮き出てくる流れは読んでいて気持ち良かったです。つい序盤でむず痒さを感じてはしまいましたが、よくよく考えると初めから彼はずっと人助けのために動いているんですよね。私が彼のクラスメイトになった気分というか、なんだか怪しい奴ってイメージがゆっくり変わっていく感じが興味深かったです。

お母さんとの信頼のシーンが胸に迫りましたねぇ。ひねくれ盛りの時期だからこそ響くというか。こういう寄り添う優しさは尊いもんです。

 

一方、雰囲気に呑まれながら読んだせいか、理解しきれなかった部分もちらほら。主人公のくだりとか能力の理由とか山子ちゃんとか。再読したらわかるかなあ。
それでもエンディングでは自然と感じ入るものがあったので、良かったなあと思います。

 

余談。特殊能力と言い、硬派と青春がほどよく混じり合っている雰囲気と言い、なんとなーく00年代のラノベを思わされるのですが、どうなんでしょう。空気感が。言って電撃文庫限定のラノベ民なのでなんとも的外れかも。

 

 

【グラフィック】

タイトル画面。特筆すべきはタイトル画面ですよ。
ノベルゲームをプレイする時は大抵30分くらいで区切りながら読むタイプなのですが、いやあ、この読み方をして良かったなあと! 気付けたのは幸運でした。
他にも、立ち絵を含めて主人公の目つきや各キャラの姿勢等に個性がしっかり出ているのも魅力的でしたねー。絵師さんと作者さんは別らしいのですが、キャラを掴んで連携取れているんだろうなあと思わされます。
狐目な彼の座り方が好きです。

 


とまあ、こんな感じで。青春ものや友情もの、ちょっとしたサスペンス風の雰囲気が好きな方向け。

 

 

 

 

『モノラル虹彩

プレイ時間は15分足らずの短編ノベルゲーム。恋愛とも言い切り難い、まさに「おとめごころ」がきゅっと詰まった切ない作品でした。

 

何よりもまず、ふりーむさんところのキャッチコピーが良いですよねぇ。はたしてどんな物語が展開するのかとわくわくさせられます。
さらには、一文目になんだか惹かれるものを感じまして。いつもだとノベルゲームはオートでさくさく読んじゃう派なのですが、オートコマンドへ行きたがるマウスの手を止めて、少しの時間噛み締めていました。

 

で、実際のところのストーリーは、シンプルながらも最後まで魅せてくれる構成。第三者の私としては「そんなことくらい」って言って背中を押したくなるのですが、当人達にとっては大きな意味を持つんだろうなあとも思えます。情景描写で彼のアンサーを示してくれる、この遠回りなやり方もまた良い。ぐっときます。

 

あとがきの「また会いましょう」はきっと作者様の創作意欲に関するコメントだとは思うのですが。あの二人がまた、という期待も垣間見えて二重に嬉しかったです。

 

とまあこんな感じで。降りしきる雨の匂いまで感じられそうな描写が魅力の一作です。しっとりまったりと浸み入るものを感じたい時に。

 

 

 

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

フリーゲーム「喉の渇くその前に」感想

「無理やりこじ開けても扉は壊れるだけ」

ゆっくり鍵を探さなきゃな前置き。

 

えー、今回は現屋さんところのフリーゲーム喉の渇くその前に」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

対話を重ねて自分の凝り固まったものをほぐしていく、テキストの妙が光るノベルゲームです。 

 

 

 

「思いこみ」のテーマを貫き通すストーリー

ふりーむに登録されているゲームの紹介文、主人公の性格、舞台設定から小道具に至るまで、物語に関係するもの全てが「思いこみ」というテーマに繋がっています。

あとがきを読んだ時は、「これで処女作!?こんなにも凄い完成度で!?」と驚かされました。元々、他の媒体で文章とかシナリオとか書いてらしてたんでしょうか。自分の書きたいものをよほどきっちり設定していたんだろうなー、なんて。

具体的にどんな思いこみなのかについては、ここで書くとあまりにもったいないので実際プレイしてみてもらうとして。

相手の思い込みを解き解すのって実はものすごく難しいことだと思うんですよ。真っ正面から「違うよ!」って言ってもほとんどの場合跳ねのけられちゃう。だから自分で気づいてもらわないといけないのだけど、視野が狭いもんだからもう一苦労。そうです私です。ハハッ。

だというのに、このお話は二重三重の入れ子構造の形で少しずつ思いこみの鎖を解いてくれます。いやあ凄かった。読後の満足感がはんぱなかったです。

 

 

 

講師のように、乙女のように語る文章力

構成力に合わせてもう一つ語っておきたいのが文章力。これです。

自殺者の主人公というとこう、かなりくどくなるイメージが自分の中にあるのですが、この作品は思い悩みもしっかり描きつつ本筋に関係無いところはさらさらっと流してしまえていて、とても読みやすかったです。濃淡のある文章って書けばいいのかな、必要なところだけが頭の中に残っていくような感じでした。

時には読み応えのある単語選びで、時には切なさで胸を苦しくさせられるような心情描写で。特に序盤は淡々としているはずなのについ読む手が止められませんでした。

 

 

透き通る青が美しいグラフィック

スチルや立ち絵の綺麗さも目を見張るものがあります。登場人物が少ないのでグラフィックもシンプルかなと思いきや、さりげない表情や背景の小道具が変化し、決めどころでは美しいスチルがドドン。いやあ視覚面でも楽しめました。

そもそもタイトルロゴからしてお洒落ですよね。

 

 

 

 

とまあこんな感じで。

 

他にもこの作品における死後の世界観は非常に興味深いと思うのですが、ここはネタバレ回避のために追記にしまっておきますね。

 

セーブの設定が章ごとのようで、途中でセーブしても一部は再読することになってしまうのは少々難でしたが、こればかりはノベルソフトの問題だと思うので致し方なし。アイキャッチが入るタイミングだと思えばわかりやすいですしね!

 

 

 

余談ですが私、何よりこのゲームのフォルダ名が好きなんです。

どうしてこのフォルダ名なんだろうと思って、読後には「ああ、」と納得しました。こういうのもフリゲの魅力ですよね。

 

 

 

 

 

というわけで、自殺・中性的なボクっこ・納得の読後感、等々にピンとくる方は是非。

追記ではネタバレガンガンありの感想。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

 

続きを読む

フリーゲーム「糖衣」感想

「鬼は鬼でも天の邪鬼」

ツンデレは攻略するまでが厄介な前置き。

 

 

 

えー、今回は冬のいもうとさんところのフリーゲーム糖衣」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

ルート分岐ありのBLノベルゲーム。攻略自体もシンプルに選択肢総当たりと二周目からで迎えられます。

というわけでさっそく魅力的な点など。

 

 

 

・ジャンル名ホラーにたがわぬヒヤリ感

 

7年ぶりの帰郷、閉鎖された集落、不可解な殺人事件等々。現代日本ホラーもので外せない要素を土台に持ってきつつ、家庭不和や学校でのいじめなどが取り入れられて、全体的にどことなくきな臭い雰囲気を味わえます。

あの真っ赤な落書きのスチルにはひゅっと息を飲みましたねぇ。

一方、滲み出る雰囲気からある程度先が予想できるところもしばしば。なのでサスペンス的なぞくぞく感や得体の知れない恐怖などとは少し方向性が違う気がします。ホラー苦手な方でもこれは大丈夫、とかあるんじゃないのかなあ。推測ですが。

この作品の怖さはどちらかというと、狂気やドロドロした感情、強敵に会った時の鳥肌などの怖さかも。BLと銘打ってあるからにはある意味求めている通りのものが見れて、私としてはしっくりきました。ヤンデレはいいものだ……。

 

 

 

ツンデレ、ギャップ萌え、女装、あけすけドM

 

この作品のBL的な推しポイントは上記かなと思います。女装とMに関してはわりと全作共通な気もしますね!

この作品はタイトルがタイトルなこともあって、どのキャラにも意外性がありました。また、どのキャラも自分の信じる愛を一直線に貫いているのも流石の一言。心情描写はドロドロしつつ行動と展開は爽快に、このバランス感覚が実に良かったです。

蘇芳がわりと欲求一直線なのもさりげなく萌えました。男らしい誘いっぷり、ありがとうございます!

 

 

 

・巧みなバトル描写と豊富な知識

 

どのルートでも見れる熱いバトル描写も推しポイントとしては欠かせません。どのバトルも気迫や緊迫感が圧倒的でした。ヤンキーっぽい泥くさい戦い方ときちっと型にはまった戦い方で差があるのもまた良いです。

そして、その戦い方の描写にしてもそうですし、現代日本の民族ホラーな要素にしてもそうなのですが、描写からうかがえる知識量もかなりのものです。真面目な知識だけでなくさりげないパロディや小ネタを捻じ込んでくる辺りにも注目したいところ。

 

 

 

なお、一部ルートでは、この作者様の他のゲームをプレイしているとにやりとくる展開が見られます。私は思わずガッツポーズしました。あのお兄ちゃん好きなんだよなあ!

 

 

 

とまあこんな感じで。

 

BL要素は勿論ですが、それだけでなく他の部分もしっかりとした文章で語られ、かつ読みやすい良作でした。

爽快なバトルや潔いキャラ、ヤンデレ、民族ホラーなどにピンとくる方へオススメです。

 

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓ 

shiki3.hatenablog.com

shiki3.hatenablog.com

 

 

追記からはネタバレ込みのキャラクター感想など。

 

 

 

 

続きを読む

フリーゲーム「ha*co」感想

「ねむたいから諦めよう」

気づけば数十年な前置き。

 

 

 

えー、今回はnununuさんところのフリーゲームha*co」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

ジャンルは短編探索ホラーゲーム、かな。出血描写や病み要素があるものの雰囲気としてはほのぼのです。

というわけでさっそく特徴的な点など。

 

 

 

ふわふわしたパステル調のグラフィック

 

起動して、操作キャラの可愛さにまず心を奪われました。ゲームオーバー画面すらもまったりとしていて、マップチップやフォントなども合わせて全体的に柔らかふわふわの癒される雰囲気です。

 

 

 

左上に表示される意味深な文字とBGM

 

なにせこのゲームは「おるすばん」をしている話なので、誰かと会話したりするシーンはなく、サイレント漫画に近い形で進行していきます。勿論、雰囲気に合うゆるやかなBGMは流れているので無音と言うわけではないのですが、これがとあるところから効果的に使われるのも印象深いところです。

そしてプレイ中ずっと表示される左上の文字、これがストーリーを示唆する形になっています。たった二行分ではありますが、進行具合によってちょっとずつ文章が変わっていくのでどきどきします。

 

 

 

ほんのり闇が見え隠れする構成

 

ゲーム開始時から「おや?」と思うのがこのゲームの魅力とも言えます。可愛いものに包まれたゆるーい雰囲気の中で、左上の文字や随所のイベントなど、どことなく不穏なものが見え隠れするこの構成。パニックホラーとは違う、何とも言い難い落ち着かなさが癖になりました。

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。ゆるかわいいメルヘンホラーに惹かれる方や、雰囲気重視ゲーが大好きな方にオススメです。

 

最後に追記でエンディングについて考えたことなど。考察というか自分なりの解釈というか。ご興味ある方はどうぞ~。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

 

 

 

続きを読む