うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「SweetSpiceSummoner! (すいーとすぱいすさもなー!)」感想

「無邪気な子どもこそ手のかけがいがあるというもの」

お手付き前にがんばりましょうな前置き。

 

えー、今回はspice+さんところのフリーゲームSweetSpiceSummoner! (すいーとすぱいすさもなー!)」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

材料を集めてイケメンを召喚してみよう! な乙女ゲーム

明るく可愛い短編ゲーで、周回前提。私はコンプまで1時間弱かかりましたが、エンド回収に関係ない会話分岐も集めたうえでのプレイ時間なので、さくさく行くならもっと短くなるかも。

 

というわけで良かった点など。

 

ピュアなおこちゃまヒロインと、個性豊かなイケメンたち

イケメンを召喚するゲーム――というとガツガツ肉食系な印象がついてしまいそうですが、主人公ちゃんは恋愛のれの字もまだわからないピュアな子です。

まずこのヒロイン像が好きなんですよね~。しっかり女の子してて可愛いのに中身はちょっと成長しきってなくて、でも明るく元気いっぱいで性善説、しかも……な過去のおまけつき。まさに理想のヒロインでした。衣装もすっごくかわいい!

 

そんな彼女を応援したりこっそり独占しようとしたり堂々と危ない世界へ引き込んでいったりしてくれるのが、召喚魔こと呼び出されるイケメンの皆さんです。名前からしてチャラ男、ジェントルなどなど、ピンときやすい感じ。基本的なキャラ属性をしっかり押さえて、かつテンプレを少しはみ出る魅力を見せてくれるところが素敵でした。

 

 

たっぷり掛け合いを楽しめる会話分岐

上記の通り基本は根が良い子ばかりなので、掛け合いも明るく元気にほのぼの。

会話分岐がかなり盛り込んであるので隅々までチェックしたくなります。例えば会話中の選択肢はエンド分岐自体には関係ないんですが、それでも全部見たくなる魔力がありました。だってどっちも選びたくなる選択肢なんだもの!

他にも、エンド名は同じでもキャラによってエピローグが違っていたり、召喚した後も一言お話ができたり、街のモブの皆さんも2回話しかけると内容が変わったり。

短編ながらも細やかに凝りまくってる作品だなあと思います。

 

 

ミニチュア風のかわいいドット

ツクール製でうろうろできるゲームなんですが、マップのドットがかなりちっちゃくて、ドールハウスとか小さい箱庭物に通ずる可愛さがありました。調べられるところはしっかりマークをつけて、プレイヤーへの配慮と見た目の可愛さが共存してあるのも◎。

 

召喚するとみんながマップ上に増えてくれるのも嬉しいんですよね。

話しかけられるし、見た目も可愛い。

もうねブニャーンが本当かわいいんですよ。

うちにも欲しいです。来て。

 

床のアイコンで進行方向や進行不可の場所がわかったり、アイコンのおかげで一目で今の状況が確認出来たりするのも良かったです。視覚的情報をしっかり整えて、かわいいを作り上げている感じ。

あと変なツボですが、「あさ」「ひる」と来て、「ゆう」じゃなくて「くれ」なのもなんか好きだなーと思いました。

 

 

ノベルゲライクの親切システム

会話中にセーブができる、これめちゃくちゃありがたかったです!

回想機能大好きなゲーマーとしては、ふっとイベントを見返したい時にすぐ見れるのって本当嬉しいんですよねぇ。メッセージ履歴が見れたりスキップができたりするのも嬉しいし、何より画面上に操作方法が表示されているのがとっても親切!

ユーザビリティ? プレイヤーに優しい! ゲームだなと思います。

 

また、スチル回想画面でプロフィール閲覧ができるのも嬉しい点。キャラゲーってこういう図鑑があるとより楽しさが増しますよね。

エンドごとにフォントが違ってたり、普段の会話のフォントがドットっぽかったりするところも好きでした。グラフィック面凝ってるとそれだけで強いですよねぇ。

 

 

とまあ、こんな感じで。

とにかく隅々までとっても凝ってて、収集欲を掻き立てられます。

可愛いグラフィックと和やかな掛け合いが魅力の、かわいいゲームでした!

追記では各エンド感想。

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

フリーゲーム「999,victory」感想

フリーゲーム「999,Victory -Return-」感想 

 

続きを読む

フリーゲーム「幻影のビブリオ」感想

「失せ物探しは気楽にせねばこちらの圧で逃げていく」

よくお気に入りの物が家出してしまう前置き。

 

えー、今回はとらねこさんの小屋さんところのフリーゲーム幻影のビブリオ」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

一本道の短編RPG、古き良きファンタジーの流れを踏襲している印象。さくさくプレイできる難易度で、お手軽に明るい一作です。

 

というわけで良かった点など。

 

連載前提の爽やか読み切りストーリー

一通りプレイした印象としては、売れ行き次第で連載予定になる短編少年ジャンプっぽいストーリーラインでした。本作は壮大なストーリーの中の一頁という感じ。そう、まさにビブリオだけに一ページ。調子乗ったごめんなさい。

ともあれ、メインキャラ二人の今後を想像する余地も残しながら、エピソードとしては綺麗に完結している良作でした。軽く捻ったオチも含め、お決まりの流れだからこそ、王道の良さを確かめさせてくれるお話です。TRPGキャンペーンセッションの第一話などが好きな方には特に刺さるものがあるんじゃないかなと思います。

 

 

なんだかんだで良いコンビな二人

メインキャラは二人、ビブリオ探しに奮闘する少女リコと、その護衛役なイケメンのアガート。この二人の距離感がすごく微笑ましかったです。

男女ペアですがべたべたした距離感はなく、きゃっきゃと騒ぐリコを窘めたり止めたりしつつなんだかんだで守ってやるアガート。まさに太陽と月なペアです。戦闘中もリコが倒れかけたら庇うが発生してびっくりしました。お仕事している!

 

まあ、残念ながら私はちょっとリコの性格が合わない時もあったんですが……。良くも悪くも良家のおてんばお嬢さんという感じがして、キャラの一貫性はあるなーと思います。

大人なりの目に見える義理でカッチリ筋を通していくアガートの姿勢も大好き! お人よしのお嬢さんに損得勘定しっかりしてる男をぶつけるのすごく上手かったです。

 

あと、掛け合い! セリフの掛け合いが、思わずぶふっと笑ってしまう良さがありました。ぱっと見テンプレなので初めは油断してたんですが、その裏にしっかり独自のテンポの良さがあって、気づけば注視しちゃう感じ。すっごく楽しかったです!

 

 

テクニカルな楽しみ方もできるバトル

シンボルエンカウントのコマンド選択型バトル。

防御中や戦闘後にMPが回復するというのがまず目を引きましたねぇ。魔法のコスト管理もなかなかで、ほどよくタイミングを計りながら回復していくのが楽しかったです。

HP回復スキルの回復量が少なめだったり自分だけだったりと、大事なところをしっかり抑制していくことで、バトルに緊張感を持たせてくれていた印象。

 

シンボル敵の速度はけっこう早いので低レベルプレイは難しいかもしれませんが、ある程度逃げつつ進んだら手に汗握るバトルが味わえました。ゆるくプレイしたい派の人もしっかり敵を倒していったら楽に進める、良い感じにライトなバトルだったなーと思います。

 

また、防具の概念を“ビブリオ”に置き換えて、物語の重要アイテムをプレイヤーに意識させてくれるところも上手。アガートが装備できるビブリオを深読みすると彼の目的がより重く感じられて、お話としても熱かったです。

 

 

ドットが可愛いグラフィック

私リコの外見が好きなんですよ。ツインテ魔女っ娘。萌えいでか。

顔グラはアガートがかっこいいし、つまり二人とも好きですね。はい。

そうそう、顔グラと言えば。メッセージウィンドウに出てくるのが顔グラじゃなくてドットの歩行グラ?というのが新鮮でした。表情は歩行グラでもくるくる変わってくれるのでこれはこれで。あと、画面がすっきりして見えるのも良いですね。

 

また、マップ上で行けないポイントにも森が茂ってたり水が流れていたり、視覚演出もさりげない良点でした。ビブリオ使う時の演出がかっこよくて好きー。

特に水上でモンスターとすったもんだするシーン、ドットが飛び回るし熱いしかっこいいしですごく盛り上がりましたねぇ。浮遊のビブリオが上手い具合に生きてるのもグッド!

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

 

長さとしてはコンパクトな短編ですが、余計なやり込み要素はしっかり削いで、一本で綺麗な満足感を得られる良RPGでした。

 

フリーゲーム「Flavor of Chocolate」感想

「恋の駆け引きなんて抜きにして、ありのままの気持ちを見て欲しいの」

板チョコ1枚顔面に叩きつける前置き。

 

 

えー、今回はOtomE DeviceさんところのフリーゲームFlavor of Chocolate」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

Flavor of C'Lover」の番外編。基本的な操作感もキャラも共通で、前作のとある一日にスポットを当てたような作品です。

 

というわけで良かった点など。

 

誰にどれをどこで?

番外編ということでコンパクトにまとまっている本作ですが、会話分岐の多さは依然として魅力的です。

キャラごとにエンドの種類は3つ。ですが選択肢での展開の違いが多く、1つのエンドで二粒も三粒もおいしい展開が味わえました。あげるチョコも義理か本命か選べて、さらには渡し方もキャラによってさまざま。

プレイヤーによっては本命より義理イベントのほうが好き、なんてこともあるかも? 

 

あなたが渡しに行く操作感 

マップ移動のシステムや、キャラに街のあちこちで出会える操作感は健在です。なので、自分で選んで渡しに行くワクワクがより味わえるなあと感じました。

道中で思わぬ本命に出会い、うっかりチョコを渡してしまった――なんて小悪魔なプレイも楽しめます。ふふふ。

 

さりげない改善

体力がステータス画面に飛ばずとも一目でわかるようになりました!

もうこれだけで素晴らしい改善ですよね。ありがたい……。

チョコ数が行動可能数に直結しているので、見た目もオシャレでわかりやすいです。前作で求めていた機能をしっかり組み込んでくれるところが好印象でした。

 

意外な構図のスチル

前作でも感じていたんですが、スチルの構図がすごく攻めてるなあと思います。あまり見かけない構図、ですよね? ただ口元をアップするだけでなく、角度とか、足の位置とか、それぞれの表情とか、かなり独特で興味深いなーと思いました。

特にルーチェのスチルがお気に入り。ああいう表情大好きです。

 

 

とまあ、こんな感じで。

各キャラの感想は追記に畳みますね。

相変わらず糖度高めで愛され感の強い作品でした。

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

 

 

続きを読む

フリーゲーム「Flavor of C'Lover」感想

「薔薇百本より好き百回」

小さく長く続けていきたい前置き。

 

 

えー、今回はOtomE DeviceさんところのフリーゲームFlavor of C'Lover」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

攻略対象は七人、地道に好感度を上げてラブラブゴールインを目指す乙女ゲーです。公式曰く、経営ゲーの皮をかぶった交流ゲーとのこと。選択肢で場所を選んだり、お買い物をして依頼を受けてプレゼントしたりする、選択式ノベル?ADV?な雰囲気です。

 

というわけで良かった点など。

 

小さな好きが積み重なっていく交流ゲー

 

キャラとの会話がめちゃくちゃ多いゲームです。バリエーションが豊富で、好感度によって、季節によって、状況によって、等々かなり細かく設定されています。さらに攻略対象が多いので、ちょっと移動するだけでも色んな人と出会ってお話ができます。

会うたびにニコっと笑いかけてもらえたり、そのキャラのちょっとしたエピソードや価値観がわかったり。仲良くなってくると、明日も明後日も会いたいだなんて口説かれちゃったり、倒れたら心配してもらえたり。

 

細やかにさりげなくあるいは大っぴらに好き好き言ってもらえる!

これぞ乙女ゲー、これぞ明るい愛されゲーですよ!

私なんて単純なもので、好きって言われたらころっとときめいちゃうもんですから、もうすぐさまドハマりしました。ヒロインの反応の選択肢が基本三つあるのも嬉しいんですよね。一度見た会話も別の選択肢を選びたくなっちゃいます。

 

もちろん、キャラごとに大きなメインイベントもあるのですが――やっぱり個人的には、小さな会話が積み重なってどんどん好きになっていくゲームだなあと感じました。

 

 

七股可能の総愛されプレイ

 

そして驚くことにこのゲーム、七股可能です。

というより、複数攻略のデメリットが無いと書いたほうがいいのかな?

二人の攻略対象のうちどっち寄りの選択肢を選ぶか迫られることはあります。ですが選ばなかったからと言って機嫌を損ねられるわけではなく、多少の反応の違いこそあれど好感度は保ったままです。

 

そんなわけで「総愛されゲー」が徹底されているなあと思いました。

なんだろうな、モブに嫉妬したり横恋慕に苦悩したりすることはあっても、ゲームシステムとしてのマイナス要素は徹底的に排除されてるんですよ。これがすごく有難かったです。プレイしやすい、コンプしやすい、素晴らしい。

 

私はブログ説明文の通りヤンデレやドロドロ展開が大好きなので、嫉妬でぐずぐずになったり好感度が下がって冷たい態度を取られたりするのも好きですが、そこはそれ。

このゲームは「明るくて前向きな好き」で押してきてくれる作品なんだなーと思いました。思い悩むことはあっても、皆最後は笑顔で好きって言ってくれるとこが素敵!

 

 

せっせと集めるお金と好感度とステータス

 

基本的には、依頼を受ける→お買い物→料理する→お届け→会話→デートって感じで毎日過ごしてたんですが、これがなんかもう延々と続けられちゃうくらい楽しかったです。

やっぱり会話分岐がべらぼうに多いのが良いんですよねぇ。誰の依頼が来るのかわくわくしましたし、好物を狙いながら試行錯誤するのも楽しかったですし、街をふらついてる間に人と会いまくるのも賑やかでしたし。何か行動したらすぐ誰かと会える、毎日同じようでちょっと違う感じが好きでした。

 

毎日ステータスが1ずつ減っていくというのも、重すぎず軽すぎず良い縛りになっていた気がします。好感度・ステータス・お金の三つを軸に、ゲームの進行度に合わせて高めたいものが変わっていく感じ。この、色んなことやってる感じって経営ゲーならではでいいですよね。

お金が余ってきたらある程度ドーピングできるのもありがたい点でした。メガネを溢れるほど買いまくった思い出……。

 

 

ファン大歓喜の回想機能

 

一番主張したくて一番嬉しかったのがここ!

回想機能です!!

好きシーンのセーブデータ取ったりスクショ集めたりする、私のようなゲーム好きにとってはご褒美のような機能です。ありがとうありがとう。

メインイベントだけでなく、細かなデート会話やエンディングまできっちり回想に加えてくださっているのが本当に嬉しかったです。もう、わかってらっしゃる!

また、全クリ後は後日談が解放され、実質的にクリア後のおまけ要素として機能しているのも上手いところ。

 

 

季節を感じる衣替え

 

種類豊富なのは何もテキストだけではありません。経営シミュレーションには欠かせない、季節の変化と衣替えがあります。

ファンテンの夏立ち絵がめちゃくちゃかっこいいんですよ! 惚れざるを得ない! カルバドスのさりげないオシャレさんっぽさも素敵でした。さらにはヒロインにもしっかり外見が用意されているので、メニュー画面が実に華やかです。

お誕生日の設定もでき、新年やバレンタインなどのイベントも豊富。季節ごとに列車での行き先が変わるのも、広い世界を感じさせてくれて魅力的でした。

 

ただ難点もあって、カレンダー等が無いのでいつイベントが起こるのかわからない点や、オリジナルの月名を使っているので今どの季節なのかがわからない点はやや不便。

でもお祭りイベントは大好きです! メニューでもらえたアイテムが確認できるのも、思い出アルバムって感じがして見るだけでわくわくできました。

 

 

惜しかった点

合わなかったところや惜しいと感じたところ、大半はシステム面ですね。挙げると以下の通り。

 

・数値が一目で確認できない

 ステータス表示がクローバーだったりコインだったり、演出自体は好きなんです。

 が、数値が条件になっているのでぱっと視認できるとよりプレイしやすかったかなと。

 

・シーン切り替えがゆったり&移動に距離がある

 特に序盤や終盤、作業ゲー率が高まるとスキップ込みでも長く感じました。

 また、虫眼鏡マーククリックでのジャンプ先に登録されていない移動先がいくつかあり、特に駅とアジトが遠く感じました。距離感を演出されているのかもと思いつつ……。

 でも移動スキップ機能が実装されているだけでも本当に助かりました。

 

・会話条件がわかりづらい

 ここはやり込み派故なので、こう、申し訳なくもあるんですが……

 季節限定、(たぶん)ステータス値条件の会話もいくつかあるので、未開放の会話の条件が見られる場所があるとより楽しめたかなあと思いました。

  

と、列挙してしまいましたがこれらもハマってしまったからこそのポイントです。これだけ色んなことができるゲームだとなおさら、求めるところもつい多くなってしまいがちですし。

なにより、キャラがめっちゃいいので!会話分岐も良いので!! もうそれだけで百点満点なので! そこは熱く主張させてくださいね!!

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

 

ファンタジーでゆるいカフェの雰囲気も、バリバリ戦場に立つブラックな設定も味わえつつ、まったり愛されまくる明るい乙女ゲーでした。

追記ではネタバレがっつりで各キャラの感想など。

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

 

続きを読む

フリーゲーム「昭和シンデレラ」「煮込みシンデレラ」「残業シンデレラ」感想

「総菜パックで終わらせないだけ尊厳は残っている」

卵を焼くのも面倒になる仕事終わりな前置き。

 

 

えー、今回は禁飼育さんところのフリーゲーム昭和シンデレラ」「煮込みシンデレラ」「残業シンデレラ」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

どれもドット絵でのんびりテイストな全年齢ゲー。

私はついつい、この作者様の他ゲーで見られる鬱要素や厭世的な女の子がなんだかんだで楽観的だったばかりに追い詰められてしまう感じの展開に注目してしまうのですが……。

ここで紹介する作品の面々は基本、ほのぼの仕様です。あの独特のパワーがある文体は全年齢ゲーでこそてらいなく楽しめる気もするんですよねぇ。

 

まだ本編にあたるはずの『蛇とシンデレラ』自体はプレイしていないのですが、『ちぎみちゃん』と『処女失格』みたいな関係なんでしょうか。楽しみです。

 

ともあれ、各作品について。

 

 

 

『昭和シンデレラ』 

[概要]

公式曰く1日で作った短編ノベルゲー。

エイプリルに公開されたのもあって(時期限定公開かと勘違いしていた)(恒常公開ありがとうございます土下座)、シンデレラシリーズにここから入りましたが、すんなり読み進められるのんびり短編でした。

 

[感想]

まったりだらだら読み進める系かと思いきや、ふっと、不思議な話で締めるこの感じが面白かったです。なんだろう、平和なはずなのに妙な気持ちだけが残るというか。世にも奇妙な物語というか。

結局どうなったんだろう、何があったんだろう? 想いを馳せずにはいられないけど、寝て起きたら忘れちゃうこの塩梅がまたリアル。

詳細は伏せるとして私もその手の、「なんだったんだろう?」を感じる経験が実は1回あるもので、シンパシーを感じる作品でした。

 

[一言]

たいやきはカスタード、実に同感であります。

 

 

『煮込みシンデレラ』

[概要]

上記作品から原点を辿って、一作目。

煮込みって単語とシンデレラって単語の不協和音すごくいいですよね。

 

[感想]

テレビ画面がさりげなく放送事故ってて笑いました。

寂しくわびしい独身女のところに、明るくもどことなく同じ寂しさを抱える男がやってくる……というそれだけの話ですが、どことなくほんわかとした心地になります。世の中を斜めから見つつも、素直に嬉しいものは嬉しい感じ。

なのでreadmeを試してびっくりしましたが。

ある意味この作者様らしい、ゲス黒い余韻でした。

 

[一言]

独りでハッピーハロウィンする気力もないあなたへ。

 

 

『残業シンデレラ』

[概要]

続いて二作目。胃の痛くなるタイトルですが、内容はやっぱり黒い癒し系です。

 

[感想]

ごかくさん!ごかくさんではないですか!

普段の彼の外面の良さを感じられて思わぬところで興奮しました。できる人なんだよなあ実際、ちょっとこじれてるだけで……。

テレビ画面やカレンダーのお遊びの代わりに、間を挟む酸ノ宮さんやチャレンジャーなお味の差し入れでぶふっと笑ってしまいました。

そしてクリア後の展開、予想はしていましたがおまえー!おまえー!でもあとがきの一枚絵の左下が面白かったので許します。真夜中に耳元でキーボードカチャカチャッターンッってしてやるからな……(根に持っている)。

 

[一言]

辛い残業を力と金に変えるため生きていこうと思います。

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

今にして思うと昭和シンデレラはクリア後ギミックがないんですね。ないんですよね? そのぶん、なんとも奇妙な余韻が残り続ける後味が濃厚でした。

 

お仕事あるある、独身喪女あるあるな展開に共感したい方や、かわいく不穏な男でもやっと締めくくる展開が好きな人に。さくっとクリアできる短編でした。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

フリーゲーム「スレガル」「縛り神父」「SAGO」感想

フリーゲーム「ちぎみちゃん」「処女失格」感想

フリーゲーム「キナナキノ森」感想

フリーゲーム「この世で最も残酷なキス」「家畜おじさん」「枯れぬ黒薔薇」感想

 

フリーゲーム「999,Victory -Return-」感想

「可憐で清楚な乙女は酒池肉林なんてしません!」

そんな固定観念を破壊していく前置き。

 

 

えー、今回はspice+さんところのフリーゲーム999,Victory -Return-」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ガチャと気合で魔王をぶっ倒す名作、「999,Victory」の続編。

実績解除を目指す基本的なシステムを継続し、さらに魔王的にパワーアップされている良作です。もちろん前作からプレイ推奨。

 

というわけで良かった点など。

 

風格を感じさせるOP

 

古き良き懐かしの据え置きゲーな語りを見せてから、クオリティ爆高のスチルを見せてくるこのオープニングにまず惚れました。前作の、勇者魔王ものにガチャの概念をぶち込んでくるところもそうですが、レトロゲー王道感とはちゃめちゃ現代感の融合が上手いですよね。

あとブグロフの「凄絶なレジェンド」発言が大好きです。せやね。すさまじかったね。

言ってしまえばOPの雰囲気に忠実な内容。シリアスの流れをガクッとずらしてギャグに持っていく展開がすごく楽しかったです。 

 

 

策謀を酒でねじ伏せるパワー

 

前作の感想でちらっと、魔族の領地等々の土台設定がしっかりしているところが素敵といった旨を書いたのですが。今作はその領地云々が見事に繋がって、魔王VS英雄の構図から魔族VS人間の構図になっているところが面白かったです。

なんていうか、やってることはハチャメチャでも基盤が安定しているので、安心して見ていられるんですよね。こちらも着いていきやすいですし、そこからとんでも展開にすっとんでいくとギャップでなおさら笑えますし。

策謀はやっぱりきちんと黒幕や思惑があってこそ輝き、ぶち壊しがいが生まれるんだなあと実感しました。

 

 

一新したステータスでレッツ無礼講!

 

前作で基本的なステータスがカンストしたぶん、続編はどう転ぶのか期待一杯だったのですが、こちらの期待をさらに高跳びしていくスタイルでとっても楽しかったです。

まずステータス。ついに「酒豪」が輝くようになりました。

続いて顔グラ。マフィンが顔芸を覚えました。なんてこった!

基本的なシステムは継承しつつ、敵を叩きのめすのではなく貢がせたり飲ませたり、一生懸命ゴミを拾ってお金を稼いだりと、酒池肉林感もさらに増しています。

倒れた兵士たちの台詞がそれぞれ違っているのも凝ってて良いんですよねぇ。

加えてメインストーリーのセリフの切れ味の良さも必見。パワーワードがあちこちで飛び出し、容赦なく自堕落な豪遊を罵倒してくる様はぞくぞくするものがあります。好き!

 

 

連打OKでストレスフリー

 

さらに前作からの変更点として、エリア内のものを一気に消費したり収集したりするスキルが連続で使えるようになりました。これは嬉しい!

前作でかかっていた下準備もかなり時短できるようになり、実質半分くらいのペースでさくさくエンド回収ができました。集めた実績はもはや増えるわかめ状態。

そして何より、演出ですよ!

一気に色々しちゃうと、派手にバァンと演出されるのでかなり爽快感がありました。気持ちいい!楽しい!全てがマフィン様の元にひれ伏していく!!

その他、ガチャ演出がさくっと100連できたり、アクション演出をカット出来たり、歩くスピードがちょっと速くなっていたりと、かなり改善されていてありがたかったです。

 

 

舵取りは元気いっぱい破壊神上等へ

 

マフィンが最強化してからの続編となるので、前作と異なり明るく笑えるエンドが多かったかなと思います。私は鬱が好きなのでちょっと惜しくもありますが……でも唯一ある鬱エンドはめちゃくちゃ性癖を擽られました。ありがとうありがとう。

何より、本作になってギャグパワーと豪遊っぷりがさらに増したので、エンドの色が熱く元気になるのも自然かなと。これはこれですごく元気が出る、愉しいゲームでした!

また、ストーリーもより長めになっていて、キャラの内心やマフィンのそれぞれのエンドでのスタンスの違いもわかりやすくなっています。CP萌えもしやすいかも。

 

 

とまあ、こんな感じで。

 

前作の良さをより強化し、時々姿勢を正してはやっぱりぶはっと吹き出してしまう、とっても楽しい一作でした。

追記では各エンドのネタバレ感想など。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

フリーゲーム「999,victory」感想

フリーゲーム「SweetSpiceSummoner! (すいーとすぱいすさもなー!)」感想 続きを読む

フリーゲーム「999,victory」感想

「正攻法でも邪道でも勝てば官軍、酒池肉林!」

権力こそが人々を突き動かしていく前置き。

 

 

えー、今回はspice+さんところのフリーゲーム「999,victory」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

ツクール製、魔王に監禁されちゃったのでぶん殴るために力を蓄える乙女ゲー。何を言っているのか伝わりづらいと思うのですが既プレイヤーさんなら頷いてくれますよね。

短編ゲーで、脱出ではなく、色々試行錯誤してできることを増やしていくシミュレーション?です。RPGらしくバトルもあります。そんな感じです。

 

というわけで良かった点など。

ざっくりとした内容やエンドの種類、ちょっとした隠し要素までは言及しているので、ぼかしてあってもネタバレを避けたい方はプレイ後にどうぞ。

 

 

作業ゲーにはさせない時短スキル

 

言ってしまえばこのゲームは実績解除が目的です。

タイトルからすでに想像がついている方もいらっしゃるかもですね。

条件自体は序盤だとけっこう時間がかかりそうに見えますが、ある程度進めると時短スキルが解放されたりできることが増えたりするので、実質さくさくプレイでした。

私はなでなでを最後に回したのですが、それでも1時間弱でクリアできたので、実績の解除順によってはもっともっとスピーディにプレイできると思います。

RTAにも向いてる乙女ゲーかもなー、なんて。

ともあれ、アイテムは躊躇わずに使っちゃうのが吉ですね! 

例のあのかっこいいアイテムにも使い道があって笑ってしまいました。凝ってる!w

 

 

泣き寝入りなんてやってられない!

 

主人公ちゃんは悪い男に騙された過去を持つ修道女。

そう、修道女です。シスターです。好きですよそりゃもう。

控えめな性格かと思いきや、中身は乙女の本音もだだ漏れてくれる人間らしいキャラです。イケメンにうっかりときめいちゃったり、お酒もお金も人並みに嗜んだりね。

 

さらにはゲーム本編で脱法ハーブの摂取や悪徳商売の犠牲など過酷な状況を乗り越え、見事逞しい成長を見せてくれました。パワフルで見ていて元気が出るヒロインだったなあと思います。泣き寝入りする前にいったんぶん殴りに行ってやる精神、大事ですよね! 

 

あと、プレイヤーこと私の心の声を代弁しているかのような台詞がちょこちょこあって、そういう意味でも楽しかったです。ハーブと勇者様のイベントとか本当そう。こんな~(中略)~見下ろしながら~のくだりが本当見事に心の声筒抜けで、笑いながらスクショしました。大好きですよもう。わかってらっしゃる。

 

 

業の深い乙女を直撃するバッドエンド

 

エンド数は全部で9つ。

そのうち半分以上が、鬱展開・悪堕ちになります。

最高ですよね? 最高でした!!

公式サイトだとプレイヤーさんのアンケートも拝見できまして、印象に残ったエンドがなるほど納得の1位でした。私もあれが一番好きです。好きに決まってるでしょう。前述の、主人公の性格も相まって、しっくりくるエンドが多かったな~と思います。

詳しくは追記に畳みますね。

 

 

圧倒的な美麗スチル

 

立ち絵や公式サイトを見て頂ければわかるとおり、グラフィックのクオリティがかなり高いです。ツクールの小さいウィンドウがもったいなくて思わず拡大してしまったくらいには、細かなところまでガン見したくなる完成度です。

あと、色々と、上手いんですよね! 魅せ方がね!

シスターだからこその生かし方とか、意外な展開に一目ぼれしそうになるあれとかそれとか。技量だけでなく演出も「わかってるけど惚れちゃう!」を心得てるなあと思います。デフォルメ絵もとってもかわいくて、どのエンドも必見でした。

 

 

とまあ、こんな感じで。

ガッツとアブナイ諸々で勝利と悪を掴んでいく、好みがぴったり合う作品でした。

追記ではネタバレ感想をちょこっと。

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

フリーゲーム「999,Victory -Return-」感想 

フリーゲーム「SweetSpiceSummoner! (すいーとすぱいすさもなー!)」感想

続きを読む