うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「迷宮踏破K」感想

「行くべきか行かざるべきか」
むしろそれ以外に道などない前置き。

 

 

えー、今回はふらむにっきさんところのフリーゲーム迷宮踏破K」の感想をつらつら書こうと思います。例のごとくレビューっぽいかも。

 

ウディタ製のキャラメイクありなローグライクゲームです。
ストーリーは全くと言っていいほど無いですが、自分設定でのパーティメイキングやダンジョンのさくさく具合を考えると、むしろ良い感じに余計な要素を削ぎ落してあるように思います。

 


というわけで、さっそく魅力を挙げてみると。

 

 

 

プレイヤー好みにとことんキャラメイク

ローグライクに欠かせないのがキャラメイクですよね!
まず顔グラから。この作品では豊富な数の顔グラが初めから用意されています。しかも、絵師さんは他のウディタ作品でよく見かける方ばかり。ウディタゲー好きって方には嬉しい仕様です。
自分でお絵かきしたり、フリーアイコンをお借りしたりして、オリジナルな顔グラでキャラメイクすることもできます。グラフィックの入れ替え方も配布フォルダに入っているので、わかりやすくて助かりました~。

 

それと、驚いたのが台詞部分。自分で好きな台詞を、1キャラにつき4種類設定できます。勝利時とか逃走時とか。この手のキャラメイクゲーはどうしても定型文ばかりなイメージですが、この作品に限っては自分で考えた台詞を言わせることができて大満足です。
やろうと思えばとんでもない台詞も設定できるっていう……えへへ。このおかげで、マイパーティの妄想がはかどりました!

 

 


外見だけでなく内面も

スキルも自分で取得するものを選ぶことができます。世界樹のスキルツリーをイメージするとわかりやすいかな?
ガンナーのブラッディレインとアークメイジのメテオが使いやすかった印象です。こういう、どれを取ろうか悩めるのって楽しいですよねぇ。
ステータスも自分で配分していくシステムです。力・魔力に極振りはロマン。こっちは振り直しができるのも有難かったです。

 

 


前進or後退

マップがありません。選択肢は進むか戻るかのみ!シンプルイズベスト。
私、ローグライクのゲームって大抵迷って力尽きちゃうんですよ!! マップがあってもほら、一人称視点だとどっちを向いてるのかわかりづらくて苦手で……。
でもこのゲームは横道や脇道がないので迷う心配なし。すっごくプレイしやすくて助かりました。ランダムで宝箱や敵が出てくるので、単調にならずに済むのも魅力です。
宝箱発見時などの対応をオートに調整できるのもさくさくプレイの後押しをしてくれます。

 

 

 

他プレイヤーからの助言

プレイ中、オンラインで、他プレイヤーの書き残したメッセージをランダムで見られます。時にはボス攻略のヒントが書かれていることも。前述の宝箱オート化はこのメッセージで気づいたクチですw
もちろん、自分がメッセージを残すことも可能です。キャラになりきるもよし、自分の想いを綴るもよし。案の定私もひそやかに名前を書き残しています。ふふふ。

 

 

 

どこまでも続くクリア後

スタッフロールの後、おまけダンジョンが解放されます。これがまたすさまじいボリューム……。ダンジョンへ真摯に淡々とどこまでも潜っていけるゲームです。私はエンディングにあったヤツと再会した辺りで一度冒険を中断しましたが、本当、どこまで続いてるんでしょうねぇ。
BGMや雰囲気も良くて長くプレイするのに最適です。

 

 

 

とまあ、こんな感じで。
難易度もほどよく手に汗握る感じで、ちょくちょく思考錯誤しつつも楽しく突き進むことができました。


キャラメイク好き、ダンジョンもの好き、うちの子創作大好きって方に強くオススメする作品です!