うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「緑の姫君」感想

「君しかいらないなんて寂しすぎる」

でも君には私以外いらないはずな前置き。

 

 

 

えー、今回はベルカゲさんところのフリーゲーム緑の姫君」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

妖精、姫、身分差等々を含むファンタジーな乙女ゲーム。本編は短編かと思いますが、おまけやSSが多いためコンプするとそれなりの長さでした。

というわけでさっそく良かった点など。

 

 

ハッピーエンドの裏に隠れる闇の深さ

 

ネタバレなような気もしますが、プレイして欲しい方に伝わるようあえてダイレクトに書きます。

まずこのゲームをDLしたきっかけは、別所で「ヤンデレ」と紹介されていたからです。いつものことです。紹介ページはほのぼのした雰囲気だったのですが、注意書きを読んで安心。蓋を開けてみると、ヤンデレヤンデレ・一般人・ヤンデレな面々でした。にこにこ。

 

ギャグエンドもあり、ダークなエンドを避ける方法の記載はあるので、やろうと思えば鬱展開が苦手な方でもプレイできるのかもしれません。けれども、この作品に関してはもう初めから鬱エンドが好きな方がプレイしたほうが良い、と私的に思っています。なぜなら、おまけSSのうちの複数が“幸せな後日談”ではなく“選ばれなかった絶望”を描いているからです。これを読むとハッピーエンドすら不思議と鬱展開に見えてきて、なんともゾクゾクさせられました。

 

乙女ゲーって各ルートが並行世界として存在するイメージがあるので、こういう書き方をされているのは珍しいなーと。ともあれ、病み要素強めなのは保証します。

 

 

 

“妖精憑き”を巡るファンタジー設定

 

さて、ヤンデレ要素を推し過ぎてしまうと心理描写だけに注視されてしまいそうなのでこちらも語っておくと、設定にも萌えるところが多々あります。

他人には見えない唯一の相棒である「妖精」や、「妖精憑き」への迫害、王族への態度の在り方、などなど。プレイ中につい前のめりで詳しく聞きたくなってしまうような設定がたくさんで、たいへん萌えました。ルピナスの接触ネタとかね、最高ですよね……。

中でも特に女性の髪の長さに関するネタはツボでした。ああいう、こう、現代日本的な価値観から見ると普通のことなんだけどあの世界では晒し者の刑に近いっていうちぐはぐが生まれる感じのあれ、好きです。

 

 

 

 

独りぼっちと寂しがりのキャラ達

 

どのキャラにも共通して言えるのが、「独りを怖がっている」ところかなあと思います。ヒロインも含めて寂しがりなのがなんだか良いなあと感じました。これが発展した結果、病エンドが多くなっているのかも。

埋まらない隙間を埋めるのが凶行になるか愛になるかはプレイヤーの選択次第ということで。

妖精憑きという唯一無二の相棒がいる設定だからこそ、この部分が生きるのかなー、とも思います。共依存って素晴らしい!

 

 

 

 

一方惜しかったなあと思うところについて。

 

 

急展開過ぎるエンド

過去回想やヒロインへの熱い想いがおまけに格納されてしまっているキャラがいて、初見だと置いてけぼりになってしまうことがあったのが一点、本当にもったいないと思いました。本編に捻じ込むなり、各ルートのプロローグとして挟むなりして、是非とも初めから感情移入をしてやりたかった……!というのが正直な気持ちです。

また、設定が秀逸でもエンドへの向かい方がやや強引で、あの国の王族が厳しいのやら緩すぎるのやら、わからず戸惑ったところも。

勢いで読ませるだけのパワーがあるとも言えますが、これだけ素材が良質だからこそ、過程の部分ももう少し見たかったです。

 

 

 

 

 

 スピンオフ作品

なお、この作品はスピンオフとしてミニゲームもいくつか製作されています。

 

私がプレイしたのはエイプリルフールゲーの「うそつきアリス」。

起動画面のアリスがぴこぴこ動いてくれる可愛さがたまりませんでした! システム面としてはクイックセーブロードが大変便利でしたねぇ。内容もギャグヤンデレな感じで明るい一作です。

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

ファンタジーな世界観や、病み要素ありの乙女ゲーにピンとくる方向けの一作でした。

 

追記からはネタバレ込みのキャラ感想など。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタバレ注意!

 

 

 

まず全体的なところとして。

コンプご褒美のおまけwebページを見て何より驚いたのが、攻略対象の身長についてでした。高い! 想定をゆうに数十センチは超えていました。

 

おまけSSも楽しく拝読しました。本編に乗せてOKなのとNGのラインが謎だなーと思ったり。とりあえずリーフIFエンドが好きです。ルピナスバッドのリーフとか泣かせてくれますよね。

 

 

 

続いてキャラ感想兼エンド感想。

攻略はウェルシュルピナス→レオン→フィナンシェでした。

 

 

 

ウェルシュ

 

初めに攻略した人。あとになって、彼が唯一の常識人だったんだなあとしみじみしました。

そういえば結局ウェルシュってどうして妖精が見えるんでしょう。周りに妖精憑きがいないから受け入れられる余地があっただけであって、もしルピナスのような人がウェルシュの傍に居たら道づれで避けられていたんじゃないかなー、なんて妄想が羽ばたきました。寂しがりの人が妖精を見れるって感じなのかなあ。

そしてグッドエンドが他キャラより駆け足に感じたのですが、理由が自分でもわからず……。回想シーンや攻略キャラ視点が他二人と比べて少ないとかでしょうか。待ちぼうけしているウェルシュ視点が本編にあれば印象が変わっていたかもしれません。

 

あっでも、バッドエンドは大好きです! ひとりぼっちじゃないよ、やったねウェルシュ!総括して見るとアリスのほうが病む珍しいパターンでしたね。

余談ですが、バッドエンドでのレオンからの「パン屋」という呼び方が何故かやけにほのぼのと感じてしまって、シリアスな雰囲気なのについ笑ってしまいました。ごめんよ!

 

 

 

 

 

ルピナス

 

キャラ設定がもうおいしいですよね。触れるのが拷問。萌えます。

根っこのところがずれているので、相思相愛なルートでもはらはらしたキャラです。ハッピーエンド後も気が抜けなさそうというか、一歩間違えてすぐバッドに行きそうな感じがこう。言動の端々にアリスを愛している“つもり”みたいなニュアンスがあって、心が刺されます。こういうキャラ好きです。

父親イベントで見せるドライさが素敵でした。変なドラマ性が入らなかったところも良かったし、ルピナスはこういうキャラっていう芯がしっかりしているからこそ書けるんだろうなーという気もします。

特にバッドエンドのSSにて、プロミネンスの扱いがなんとも…だったのがまたルピナスらしいところ。プロミネンスはわりと大人で、独特の距離感を保っているように見えたんですが、彼がもっと熱血系だったらルピナスもまた違った形に進んでいたのかなあと想いを馳せたくなります。

ルピナスというと、無表情で首を傾げている姿がなんとなくぱっと浮かびます。そんなイメージです。

 

 

 

 

【レオン】

 

わぁい近親相姦。わぁい共依存

彼のルートを一言でまとめようとすると「お姉ちゃん傍に居て」になってしまったのでめっちゃかわいくなってしまいました。なんてこった。貴重な幼児退行ネタが見れてほくほくです。

 

アリスがあと1ミリ繊細だったら悪循環の渦でお互いにバッドの道しか見えなかったんだろうなあと思います。アリスはレオンのツンツンツンを困った笑顔で受け入れられる辺り、嫌われ者特有の卑下が見え隠れする気がして大変おいしいです。なんていうか……嫌われても仕方ないんだろうけど私は好きだぞみたいな……さみしい……好きです……。

 

 

 

 

 

【フィナンシェ】

 

いやあ、初見で好みだなーと思っていたので、他キャラ攻略後に彼のルートへ入れることに気付けた時の興奮ったらありませんでした。常時ハイライト無しの瞳なんて気になるに決まってますよね。

某ハッピーエンドのおまけSSがほんっとうにツボです。善意の道は地獄に続いていて云々……。あと、バッドエンドもたいそう興奮しました。アリス、ドレスも似合いますね。あのアリスがああなってしまったという点も含めて興奮しました。美味しい役どころをしている……。

 

この手の崇拝盲信系ヤンデレは、自分の望みを相手の望みと混同しているところがいじらしくて良いと思います。自己責任という言葉の重みを乗せてやりたい。乗せられた結果があのSSか。なら仕方ないですね!

他者を投影して自己愛に陶酔する、みたいな展開が好きなので、ハッピーの裏でドロドロと病んでいくレオンとルピナスにも大注目でした。

 

 

 

 

【アリス】

家出を決めるシーンが軽かったのもあって初めは勝気なおてんばさんのイメージが強かったのですが。よくよく考えると、ある意味アリスのほうもリーフに依存してると言えますし、スタート時点でかなり不安定なんだなあとか思いました。

なんというか、言葉を選ばず書いてしまうと誠にチョロそうなので、この先の彼女の未来がとても心配です。生きて。

 

 

 

 

【リーフ】

 

私はウェルシュルートから入ったのでなおさらですが、心強い女友達っていうイメージがまんま具現化したようなキャラでした。見えないからキャッキャできるところとか、わりと辛辣だけど大事なアリスにはとっても優しいところとか、すごく女の子らしい感じ。ツインテというのも合わさって、お気に入りなサブキャラです。

ギャグ顔っていうのかな、頬をピンクに染めてぽわわーんな顔してる時のリーフがめちゃかわいいです。アリス可愛いって言うリーフこそ可愛い。

 

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

性癖を揺り起こす作品に出会えてよかったです。