うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「満月の夜に狂宴を」感想

「食べられたいくらい愛してる!」

冷静に考えなくても怖い前置き。

 

 

今回は、空色天体博物館さんのところのフリーゲーム満月の夜に狂宴を」の感想をつらつら書きますね。例のごとくレビューっぽいかもなので注意です。

 

なんと!あの!大好きなカニバ系フリーゲーム新月の夜に晩餐を」の前日譚となっております!やったああ!思わずガッツポーズ決めた人はきっと私だけではないはず!

というわけで、満月の前に新月の方をプレイしておくことをオススメ致します。

 

注意事項としては、鬱展開、捕食、欠損、ヤンデルです。そうですね、好みがドストライクで丸被りですね。今作ではあの妹君が主役です。キャーステキー!

 

前作同様、一周目は一本道。

二週目を改めて初めからすると、選択肢が増えて別エンドに辿りつけます。

 

 

というわけで、キャラへの所感をネタバレしない程度に少々。

 

 

 

・ロビン

掴みどころのないキャラだと思っていたら、まさかまさかの後半で覚醒。はい、元凶でした。傍から見ていると確実におかしいはずなのに、彼視点で進むとまるで違和感がなくて、冷静な壊れっぷりにぞくぞくしました。

ラスト付近で歓喜するあの盛り上がりがたまりません!

 

 

・トミー

前作では得体のしれないラスボス臭漂う彼女でしたが、今作でさらに味が深まったように感じましたねー。理解できない、というのがこんなにも魅力的だとは思ってもみませんでした。

彼女のエンドの独白がとても印象に残っています。壁ドンしちゃうその強引さに痺れる惚れる! 展開が色っぽくてどきどきしました。生存的な意味でもどきどきしました。

 

 

・ジャック

あとがきでは彼の株が落ちたのでは等、書かれておりましたが、むしろさらに上がりました。グラフの上昇っぷりがとどまるところを知りません。

スチルが!食べたい時のあのスチルが!ガン見しました。

相変わらず、不器用な葛藤が濃厚に表現されていて、何度出会っても良いキャラクターだなあとしみじみします。本当、また会えてうれしいなあ。

 

 

 

 

前作が食欲を超えた純愛だとしたら、今回は食欲を超えた狂愛でしょうか?

なんて、無理やり対比的に書いてみましたが。

 

新月の切ない苦しい雰囲気も、満月の愉悦と哀れな雰囲気も、どちらも雰囲気が濃くて大変楽しめました。

 

相変わらず極上のヤンデル感です……! 是非プレイしてみて下さい。

 

 

 

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

shiki3.hatenablog.com