うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「トンネループ」感想

「お前がそんなやつだとは思ってなかった」

勘違いも甚だしい前置き。

 

 

 

前記事に続いて連続投稿。

せっかくなのでクロチカさんところの現在公開中の作品からも一つ取り上げて、フリーゲームトンネループ」の感想をつらつら書きますね。さくっとプレイできるけど演出はかなり凝っている、短編ノベルです。

 

既存作品からキャラクターを取ってきているそうなのですが、そっちをやっていなかったのでプレイ前は若干不安でした。が、これも杞憂で、単品で十分楽しめる一作です! Aくんの方はあやなすリメイク待ち中。わくわく。

 

 

タイトルにループとありますがループものではありません。

むしろ、トンネルパラレル? それぞれのエンドによって、キャラの設定もトンネル内の描写も変わります。共通ルート以降はIFの世界な感じ。

 

というわけで、さっそく魅力をば。

 

 

 

ぬるぬる動くよ!

 

ノベルゲーではありますが、ただ文字を読むだけではありません。とにかく動きます! サウンドノベルどころの騒ぎじゃないです。演出力の勝利です。背景やらキャラやら、単純にトンネル内を歩いているだけのシーンでも臨場感があります。

お気に入りはトゥルーエンドでのスタッフロールです。後方からの追い上げには思わずふふっと笑ってしまいましたw

 

 

 

緊張感と何が起こるか分からない展開

 

びっくりどっきりというよりは、得体の知れない緊張感をはらはら楽しむ感じの作品だと感じました。トンネル内ではもう、何が起こっているわけでもないシーンでもなんだか妙に心臓が高鳴ってしまって。

エンドによってキャラクターの立ち位置や設定が変わるのも、世界線のうちの一つって感じがして面白かったですね~。

 

 

 

クオリティの高い立ち絵とスチル

 

公式サイトをご覧いただければより伝わるかと思いますが、線の細い女性向けな雰囲気の絵柄です。

(名前)「台詞」といった形ではなく、小説っぽい体裁で進んでいくので、メインキャラ4人の名前はしっかり確認しておくのが吉。

私としては仁くんのキャラデザが好きです。ちゃらかっこいい!

 

 

 

とまあ、短編ながらもホラーとしての溜めが大変上手く演出力のある一作でした。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

 

shiki3.hatenablog.com

shiki3.hatenablog.com