うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「獄主に捧げる降霊術」感想

「知らぬ間病むのと見ながら病むのと」
原因不明のほうが怖い気がする前置き。

 

えー、今回は、*coelacanth*さんところのフリーゲーム獄主に捧げる降霊術」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

この記事を書いていた時期が例の如くかなり昔なので、アップした現在はサイト閉鎖&配布停止しております……。ご了承のうえご覧ください。


前に紹介した「斬首人が連れていく」と同じ世界観の、18禁BLノベルゲーム。本筋はこの作品だけで完結しているので単品でも楽しめるかとは思いますが、設定用語や一部のシーンで少しだけ突っかかりが出るかも。

 

 


というわけで魅力的な点など。

 

 

 

オカルトな不穏さが渦巻くストーリー

 

公式の紹介だとこちらがサスペンス、前作がオカルティックとのご紹介がされているのですが、こっちもけっこうがっつりオカルトってる気がします。監獄に籠り切りの主人公、辺りをうろつく悪霊、うさんくさい降霊術……等々。前作とはまた別の切り口で、陰鬱な雰囲気でストーリーが進んでいきます。
各ルートで真相がそれぞれパラレルっぽくなってるのも特徴かな。繰り返される描写からなんとなく察しはつくんですが、やはり告白シーン(not恋愛)は胸が高鳴るものです。
見ようによってはハッピーと取れるエンドもありますが、基本的には鬱展開多め。

 

 

 

印象的な小道具と、一か所の難関

色分けされた便箋やカタシナの香水など、世界観や特徴を色づける小道具が多かったように思います。ストーリーにうまく効いてくるのもまたおいしいところ。
自力で攻略をするとなるとちょっと難易度高めかなあと思いますが、他所に攻略サイトもあるのでご安心。ヒントが意外なところにあって驚きました。

 

 

 

ニッチな性癖を満たしてくれるえろシーン

 

メジャーなお風呂シーン等々もありますが、それ以上に熱く推したいのは特殊プレイのコアっぷりです! あの花の発想には脱帽しました。最高でした。ありがとう。火傷・急所攻撃・泥酔状態で……などの展開もあります。
ワンシーンで軽めな描写なので特殊プレイ苦手な方でも許容範囲かなあと。
何にせよ、おかげさまで前作ともどもニッチな性癖が大変満たされました。

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。
前作が気に入ったのなら今回もばっちり来ると思います。期待に応えてくれる好みな一作でした!

 追記ではネタバレ込み感想。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

【キャラクター】

・アーシェ

プレイ時はこう、甘やかされた子ども像が全面に出てるキャラだなあと思ったんですね。カルカテラ家のどうこうもまさかの言いがかりだったんかいと。いやいやしかし、ED1とED9を見て誤解がとけました。これは致し方ない。
初めはシアと対照的だなーと見ていたのですが、色々わかってくると二人とも無自覚に自主軟禁しているようなものだよなあというふうにも思えてきて面白かったです。
やってることはけっこう奔放に見えるのに、好感が持てるのは自己嫌悪の面も大きく出ているからかなと思います。深みがあって魅力的なキャラでした。

 


・ライナス
ストックホルム症候群なルートかな。いわゆるスーパー攻め様の匂いを感じる素敵なお方でした。総攻め万歳。あえて結ばれないところが良いです。
ラスト、リオやセーヴァまでもが見捨てて行くのは軽蔑や失望からなのかそれとも嫉妬か、と考えるだけでテンションが上がりますね。

 


・レナード

恋愛的な意味での互いの矢印にピンと来ず、ラストの甘々具合に戸惑った覚えが。
塩対応のキャラがデレてくれるのも好きではありますがちょっと性急に感じてしまいました。でも、囚人体験のシーンを挟んでアーシェが監獄の改善案に揺れる流れはとても自然で好みです。糖度をもうちょい削ってあくまで互いの志を託せる相手として収まってくれればなあ……と思いつつ。
そんなわけで、このルートに限ってはバッドエンドが好きです。あの短い描写で、失望で先が見えなくなったんだろうと悟らせてくれる具合がとても好みでした。

 

 


・セーヴァ

一番好みのキャラです! こういう忠犬に見せかけた怖い人って良いですよね。ある意味レナードと対照的なキャラなのかな? 囚人に厳しい立ち位置にはむしろリオが来ると思っていたので、良い意味で予想を裏切られてときめきました。
ちょっと甘すぎるところはあるにせよ、アーシェの扱いが最も上手いのもこの人だと思ってるんですが……どうかなあ。
閉鎖的な関係大好きなので、彼のトゥルーエンドにはぞくぞくしました。特に炎関連の文章描写は壮絶でしたし、たぶんケロイドしい感じになってるんだろうなー。ほどよく相手を切り捨てれる冷たさがあるからこそ、リオの過剰な反応と違って心地良いみたいな描写が入るのかなあと思いました。

 

 

 

・リオ

ツンデレポジションかと思いきや、まさかのラスボス。いやー、驚きましたし、ED9でようやく真価がわかりました。腹黒枠というか、実はこの人が一番危ないのでは…?
幼少期の想いが募りに募ってこじらせていったのかなーとか考えるとたいへんおいしいです。
立ち絵が一番好きで、ついつい目元に注目してしまうキャラでもありました。これはモテるのも納得ですね!

 

 

 


と、こんな感じで。
うーん、やっぱり首斬り協会云々辺りが気になります。わくわくしつつ次作待機でした。