うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「鳥と忠臣と姫騎士と。」感想

「我ら姫様親衛隊、たとえ地の底水の中!」

それでも隣には並べませんな前置き。

 

 

えー、今回はpineteaさんところのフリーゲーム鳥と忠臣と姫騎士と。」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

 

エンド分岐ありの超短編乙女向けRPG。キャラ同士の掛け合いをみるのが主な感じ。

というわけでさっそく特徴的な点など。

 

 

 

特定の層を狙い撃ちするキャラクター

 

短い中でも攻略対象のキャラ属性が伝わりやすく、かつピンポイント・ダイレクトにその手のキャラが好きな者のツボをついてきます。乙女ゲーにおけるサブ攻略キャラ好きさんはわりと引っかかってくれるんじゃないでしょうか。

私はタイトルでDLしたクチです。従者だし。DLせざるを得ない。期待通り、私が従者萌えにおいて求めるものがきっちり詰められていて大変満足でした。ありがとうございます。双子萌えもひそやかに摂取できました。しばらくは幸福です。

 

なんというか、塩梅がかなり上手いんですよね。それぞれのキャラにこだわりを持って書かれているような印象を受けました。バルドみたいなキャラは特に。最後まで胡散臭さと不安定さを突き通していたのは本当すごいと思います。

皆初めからデレ度がかなり高く、相当の信頼関係や交友を深めた状態から話が始まるというのも大きいですね。話の展開も、彼らのこれまでとこれからの妄想が膨らむようなものでした。

 

 

おしゃれなタイトルロゴと美麗なグラフィック

 

顔グラこそシンプルな一種類ですが一目見ただけで画力を感じます。姫騎士様の外見が好みすぎるんですよね…!

また、起動時のタイトルロゴもオシャレなデザインです。フレーム等々からも通じるロイヤルな雰囲気が良かったですねぇ。デフォウィンドウを使うか、少し手を加えるかで、見た印象はかなり変わってくると思うのです。

 

 

 

とまあ、キャラや見た目には満足した一方で、物足りない点として。

 

 

超ゆるゆるなバトル難易度

 

戦闘全逃げ&通常攻撃連打でもボスには楽勝です。負けるのが逆に難しいほど。

これがよくあるただのRPG風アドベンチャーならむしろ望ましいことではあるんですが、この作品では「ラスボス後に憔悴した描写がある」「レベルが上がりやすく豊富なスキルを覚える」の2点を踏まえて考えると惜しかったなあと思います。

楽勝だったという描写ならストーリー上も納得いきますし、スキルの使用を想定していないのならするする進むのも抵抗はないのですが。やっぱり覚えたものは使いたくなりますし、ただ無駄打ちするのではなくせっかくならキャラクター性能等でも萌えたい。ステータス萌えをしたい。

というわけで、ゲーム性という意味ではちょっともったいないなーと思いました。

とはいえ乙女ゲーやキャラ萌えという意味なら前述のとおり満足です。

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

全エンド回収まで30分かからないくらいのボリュームなので、気になったら試しにDLしてみるとよいかと。

追記ではネタバレ込みの感想です。

 

 

同作者様の他フリーゲーム感想記事↓

shiki3.hatenablog.com

shiki3.hatenablog.com

 

 

 

 

ネタバレ注意!

 

 

ディオエンド

 

もっとバルドの告げ口を聞くにもっとドロドロした想いを秘めているのかと思いきや、爽やかに終わってくれました。

ディオ自身にというより従者二人の印象が強かったですw わいわい言う従者同士の張り合いは良いものだ……。

あと護衛役の存在も含め、本当に鏡写しの双子の構図が良いよなあと思います。

 

 

グワイドルエンド

 

自ら線引きをしている従者というのはね!!良いものですよね!!

彼は装備の数珠の説明書きと言い、「屈強な僧侶」という字面と言い、さりげなく笑わせてくれる気がします。

なんだかんだでくっつかないままもだもだした距離感を味わいつつ伴侶とはまた別のポジションで生涯を共にして欲しい……従者属性のツボをよくわかってらしてる展開でした。

 

 

大団円エンド

 

まさかあの、契約関係だけで動きそうなバルドがそう言ってくれるとは。冗談めかしているあたりが彼らしいところだなあと思いつつ、冗談でも言うことは常に本音なイメージがあるのでめちゃくちゃ驚きました。

なんだかんだでこのエンドが一番しっくりきます。みんなでわいわい。

 

 

オークエンド

 

姫騎士というタイトルで期待はしていました!

いやしかしまさかこっち系とは、こっち系とは……歓喜の声をあげたい私と衝撃で呆然とする私……。末路が一文でえげつない……。

ただ弟が付き従ったというのではなく、王家の血が途絶えたとまで明言されるのがたいそう萌えました……ありがとうありがとう。

 

 

バルドエンド

 

どこまでもこう、うさん臭さの漂う言い回しが本当上手ですよね!

こちらはグワイドルと違った意味で、カップルや伴侶としてではない関係を築けているのがまた良いなあと思います。契約と呼ぶには執着が過ぎ、相棒と呼ぶには不安定なこのバランスが絶妙でした。

 

 

 

 

短いボリュームで、このキャラはこういう人物像だというのを演出しきっているあたり凄いなーと思います。