うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

短編フリーゲーム5作品感想

「大粒ばかりじゃ腹も裂けちまうよ」

連休だからこそ短編ゲーもいかがですかな前置き。

 

 

 

えー、今回は操作有りの短編フリーゲームの感想を書いていこうと思います。作者様はそれぞれ別々。ジャンルや雰囲気もバラッバラです。

 

作品はそれぞれ下記の目次の通り。

 

 

 

 

『Legendary Scales ~伝説の2人~』(ギャグ)

www.freem.ne.jp

 

ギャグ全開の短編RPG

ひたすら一本道に進み、全てがボス戦のシンプルな構成です。戦闘難易度はややシビアなので、ある程度コマンド戦闘に慣れている方向け。めちゃくちゃ古い作品なのですが、技を使った時のエフェクトやストーリー内での演出などには当時ならではの凝った演出が感じられます。砂時計カッコイイ。

マップはかなり狭めでシンプルですが、その随所に隠し要素が込められています。同じ行動を何度もしてみたり、色の違う床は怪しんでみたりするといいかも。一応すべて無視して進むこともできますが、技機械なるアイテムが発見できて戦闘も楽になるので、是非ともオススメしたいところ。

また、謎解きクイズの回答に差分がかなりあるにも関わらず何を答えても進める、この豪快さも大好きです。掛け合いを楽しみたい人や、気づいた人だけがニヤッとできる感じ。

お話としては、いや~とにかくメタギャグがずるい! メタなボケって人によってはだいぶ冷めてしまうかと思うのですが、本作はそれを許される雰囲気作りが上手かったなーと思います。わりとみんな真顔でボケてツッコミも淡々としてるのがこれまたずるい。突拍子もないことが畳みかけられるタイプの笑いと、じわっとくる笑いがあり、どちらも抱腹絶倒を誘ってくれました。

一方で、敵側の悪巧みの真相がかなりしっかりしているところもポイント。ただのバカゲーと油断したところで殴りかかってくる…………わりに、あっさりそこがスルーされて進んでいくところもまたこの作品らしいところ。

しっかりゲームしてるギャグゲーを楽しみたい方向けの一作でした。

 

 

 

 

『死神の隠居暗殺記』(ギャグ)

www.freem.ne.jp

 

ギャグな推理短編ゲー。

数分でクリア可能、けれども会話分岐やちょっとした展開の違いが面白いので、全て見ようと思うと10分以上はかかるかなと思います。

推理ものというと犯人当てをするイメージが強いですが、本作は障害となるものを暗殺してしまうという斬新な一作でした。なんといえばいいのかな、メタ視点で物語を順当に導いていく感じ?

難易度はそれほど高くなく、仮に間違ったとしても直後に回答がわかるので詰むことはありません。また、マップもセリフもシンプルではあるものの、不思議と誤った展開も見たくなる魔力があります。さりげなく枯れてる花の趣よ。

ふぇぇん引きこもるぅ、な魔王様の顛末も笑いながら応援したくなりました。

明るくお手軽な推理ゲーをお求めの方向け。

 

 

 

 

『箱庭の花乙女』(シリアス)

www.freem.ne.jp

 

数分でクリア可能、シリアス、キャラの関係性がメイン。三角関係寄りの百合ゲー。

動かすノベルゲ―に近く、分岐も選択肢一つで難易度は簡単です。お散歩ゲーと公式では書かれているのですが、雰囲気としてはしっとりとしています。

やはり注目すべきはグラフィックのクオリティでしょう。ミニチュアのようにかわいいキャラチップと、透き通るような美しい立ち絵、そして手描きの温かみを感じるマップ。どれも惚れ惚れとする見た目で、どのシーンを切り取ってもまさに絵になる作品です。

死と再生、別れと再会を繰り返す世界観も素敵。いずれ搾取される女の子たち、っていうのがすごく切なくてグッとくるんですよね……。通りすがりのキャラクターが投げかけてくる哲学的なやり取りにもザクリと刺されます。触れたら壊れてしまいそうな雰囲気がとても好みです。

転じて、おまけモードのちょっとした遊び心も好き。例の子の苛烈なところも好きで、ヤンデレと言いたいけど言い難い、噛み合うからこそ噛み合わない感じが胸に刺さりました。

独占欲と聞いてピンとくる方向け。女の子同士の少しドロリとした、でも切実で悲しいお話です。

 

 

 

 

『999』(シリアス)

www.freem.ne.jp

 

数分でクリア可能、シリアス、一本道。

説明文にもあるとおり、ひたすら山を登るだけのお話です。正直言うと、序盤はかなり淡々として単調な印象があったんですが……なるほどラストで印象が変わるタイプの作品でした。序盤に情景描写を入れてあったらなあという気持ちと、でもこのひたすら登るばかりのストイックさを推したい気持ちがあります。

進むごとにこまめに変化していく背景や効果音、最後の数歩の溜めなど、演出面が丁寧に作られている印象。あと単純に主人公が片メカクレなのが嬉しい。年齢が少し上のほうなんだろうなと思わせる面持ちも上手い伏線でした。

このテキスト量でしっかりと、世界観説明・二人の関係性・独自設定などを伝えきってくれる手腕がすごかったです。小分けにして上手い引きを作りつつ、昇り切った先には何が、と思わせられる作品でした。

 

 

 

 

『1BeatHeart』(ミステリ・スピンオフ)

http://1beatheart.nobody.jp

 

1bitHeart」のスピンオフ、実質続編。前作は交流がメインで、多様なキャラを楽しむゲームという印象が強かったですが、今作はミステリ要素がかなり濃くなりました。お話自体は乞う続編!って感じで不完全燃焼……。でも、グラフィックはめちゃくちゃハイクオリティですし、ボイスも健在。何より公式CPことミサネちゃんとナナシさんのいちゃいちゃもガッツリ楽しめます。

何よりED曲がマジ最高だったので総括好きです!

キャラが好きな方や、ゲーム画面に惹かれる方は是非。

 

同作者様の他フリーゲーム感想↓

shiki3.hatenablog.com

shiki3.hatenablog.com