うそうさ〜第二号室〜

フリゲ!鬱展開!ヤンデレ!万歳

フリーゲーム「午前0時のマージナル」感想

「明らかにアウトな選択肢を率先して選びたい」

悪戯心満載な前置き。

 

 

いやあ、エイプリルフールは色んなサイトがお祭りして下さってて大変楽しかったですね!! 今はじっくりまったりプレイ中なので、去年のエイプリル作品から一つ。

 

今回はHACKMOCKさんところのフリーゲーム午前0時のマージナル」の感想をつらつら書こうと思います。一部レビューっぽいかも。

 

ジャンルは女性向け家探しゲーム……とありますが、一部推理も混ざっています。トゥルーエンドと思われるED4だけはちょっと難易度がありますが、それ以外はさくさく進められるかと。

というわけで、さっそく良かった点を挙げてみますね。

 

 

 

テンポよくまとまりの良いストーリー

 

弟子のリオに意外なハプニングが起こったところで話が始まるんですが……この導入にまず驚かされました。さくっととんでもない。コメディで終わるのかと思いきや、真相のわかるエンドではしっかり甘い展開もあって、いやあ良いラブコメでした。

ファンタジーなので色々魔法っぽいワードも出てくるんですが、広げすぎず世界観を固める程度に使われているのも良かったですねぇ。魔法石の設定おいしい。

プレイもこのくらいのボリュームがやりやすくて助かるなあ。あ、だいたい1時間強くらいでコンプできます。

 

 

 

ノベルパートもよく動く

 

ADVといっても、ただ文章を読むだけのものではありません。とにかく立ち絵が動く動く。表情、ポーズ、ぴょんぴょん動作などなど、相変わらずこちらのゲームはビジュアル面が充実してます。読んで楽しい見て楽しいクオリティ。

クリア後のおまけで立ち絵のパーツを弄ることもできます。目の差分の多さにはこだわりを感じました。自分なりに組み合わせて可愛くしようと思ったけどどうあがいてもぎゃひひだった……。

 

 

 

ちょっと頭をひねる探索パート

 

家探しパートではほのぼのエピソードに癒されました。ヒントになる話を聞いたら持っていけるものが増えたり、ちょっと危ない日記が読めたりとこちらも凝った仕様です。

ED4のギミックは、公式のヒント(memoの6月の記事)のおかげで解けたようなものです。よーく見たらなるほどなんですけども。ああいう細かい動きとかどうやって作るんでしょうね?

 

 

 

意外と多いエピソード

 

さて、じゃあ凝ってるのはビジュアル面だけかと言われればそんなわけもなく。何度かリオと会話するシーンがあるんですが、そのパターンの種類が多いんですよ。共通でランダム数個くらいかなーと思いきや、いっぱいお話できてうれしかったです。

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで。

 

こちらのサイトの攻略キャラは一途でヤンデレ(一歩手前)な子が多くて、いやはや大変萌えます。今回のリオ君も一生懸命なところが愛くるしいキャラでした! 鈍感師匠の今後に期待です♪